NOW 500→1000

めまい/行ってくれるな/25

数日めまいが止まらず、やや途方に暮れている。仕事をしようにもディスプレイを長い時間見ていられない。

美味しいものを食べて好きなだけ寝ているので、どこに具合がわるくなる要素があるのかよくわからない。

とにもかくにもハラに力が入らず、困る。

こういうときは言葉にも力が入らない。

意味を込めたいのに、その前に口から音がもれていく。

意味も込められないまま、空っぽの会話ばかりが続く。

悲しい気持ちになって泣いてしまう。

前は、おばあちゃんと話せば治ったり、よく眠れば治ったり、自然に触れれば治ったり、マッサージ受けたら治ったりと、工夫できていたけれど、近頃なかなか治らない。

身体と心が、次の状態になろうとしてるのを感じている。

わたしはまだ、その状態になることを心から望んでいないのに、すこしだけ芽生えているその望みを内側から察知して、先に肉体が変わろうとする。

まだ、まだ、このまま。

思っているけれど、状況がそれをゆるさない。

どんどんと変わってしまう。

寂しくて、またうずくまってしまう。

喜怒哀楽、すべてのなかにじぶんがいる、じぶんのなかに喜怒哀楽のすべてがある。

f:id:pidakaparuna:20210325201753j:image

とにかくぼーっとしている。ときどき浮上しては仕事をこなし、また戻ってぼーっとしている。

めまいはわたしにとってどんな意味があるのか、考えてもてんでわからない。

わかるのは、変わっていくことがさみしいということだけ。そしてそれはすべてのものが移り変わる星のうえ、抱くだけ滑稽な感情でもある。

長く時間をかけてこれを書いた。

変わっていくことがさみしいと思う分だけ、目の前の現実を愛おしく思っている。

たのしいことばかりじゃない、笑っている時間ばかりでもない、でもとても大切な関係、大切な時間。

今しか味わえない全てを、全身に浴びながら、今日もめまいと暮らしていた。

いつなおるんだろ、めまい。

終わっていく25歳へのこの気持ちを、わたしは表しきれない。