NOW 500→1000

大事な言葉はすくない

おなかのなかにいる子どもは、ひとの声を内側で聴く
響きそのものが身体を通り抜けていく

同じように、じぶんに対するじぶんの声も
じぶんが一番最初に、しかもとても深く受けとる

f:id:pidakaparuna:20200715111807j:image

眠る前まどろみながら
近頃の嬉しかったこと、うまくできなかったこと
多くは言葉や匂いなんかの体感を伴いながら
丁寧に丁寧に 取り出して 並び替えて 終えていく

f:id:pidakaparuna:20200715111840j:image

映画みたいな一瞬一瞬の画の美しさに救われて
一言一言の台詞の優しさにくるまれて
流れる音の様子に胸躍らせて

じぶんが大切にしたいこと
どうしても大切にできないこと

じぶんが進んでやること
どうしても許せないようなこと

じぶんがしてしまったひどいこと
されてとても嬉しい気持ちになったこと

同じように並べ直して じぶんのことを知る

f:id:pidakaparuna:20200715011648j:image

「そんな風にすべてが自由な時間はほんとうに短い」
「でも、そのあとに気付くよ」
「一杯のコーヒーのなかにも、自由はあるよ」

タイミングで与えられる言葉は
声の大きさとは関係なく
きらりと光ってそのひとの口元からこぼれるよう

その輝きが消えないうちに目で捉えて
手を伸ばし そっと受け止めて 一息に飲み込む

大事な言葉はとても少ない
とても少ないから

とても少ないから 内側で何度もなぞって
その響き忘れないように 身体で覚える

f:id:pidakaparuna:20200715011713j:image

覚え終わったそれは、ぽちゃんと音を立てて
底に沈む

砂がざらざらとその重たさにつられ渦をつくる
底に沈んだそれは、やがてそのものになる

そして誰かとまた出会ったとき
一年前のそれのように ひそやかに電流を発して
きらめきを肌に散らして