NOW 500→1000

今日思った

ハグをするとき は 愛している! が溢れるような気がする
伝わるといいなと思って するけど
伝わらなくてもいいのだと思ってもいる

f:id:pidakaparuna:20200706224951j:image

どんなに助けてもらって
どんなに支えてもらって

胸がぎゅっとなる

当たり前に息をしているけど
その当たり前のなかぜんぶに、いるのだ

どうしようもないくらいに 愛されていて
それはもう どうしようもないことだと思う

f:id:pidakaparuna:20200706225035j:image

ハグをするときは 嘘がつけない
たとえば 一瞬の間のなかに 全てバレるような

でも 社会的にハグができないときもあるので
そういうときは 一緒懸命に 目で 伝える

それもまた 伝わればいいとも 伝わらなくていいとも
一種の ブレスユー に近いので ほがらかに分かれる

f:id:pidakaparuna:20200706225233j:image

バスを降りたら まんまるの月が あったので
ひとりでいるのが嫌になって
誰かと過ごそうかなと思ったりもしたけど

やっぱり 今日はいいやと 仕事の続きをすることにした

仕事もまた 嘘がつけない

「致し方ない」と何度も聞いて
じぶんで言葉を唇から出してなぞってみて

うむ 致し方ない と思った

言葉が馴染んだのを感じて

もう一回 致し方ない と言った

こんなことしかできない
を積み重ねて

その先で でもたのしかったなと 笑うといいなー

わたしもっと 上手になりたい

そのためには もっと失敗しないといけない

失敗したくないなー

でも、失敗しないと うまくならないもんなぁ

f:id:pidakaparuna:20200706225409j:image

ワインはぬるく ぬるさが美味しく
隣のひとが肉を食べないのを忘れて
肉を頼んだじぶんに 軽く引く

愛しているんだけど と うつむく
なかなかに 愛しているんだけど
なかなかに上手にあらわしきれない

不恰好なじぶんのこと 笑ったら

急に遠くで満員電車で帰る人のことを思った

ほんとうは
誰も満員の電車なんて 乗りたくないのに

ほんとうは
赤ちゃんが生まれるのは よろこびなのに

と、思考が飛ぶ

f:id:pidakaparuna:20200706225501j:image

したくないことはしなくてよくて

したいことをみんながしている のがいいな

それも みんなのためではなく

じぶんが気持ちよくいるためなのだろう

f:id:pidakaparuna:20200706225551j:image

ひととひとの重なりなど
それが生まれるかどうかって

このくらげみたいな ぼやぼやの
あるんだかないんだかわからない膜に
手を突っ込んでやぶき

なかにはいること それだけのこと

気持ちが悪い、こわい 未知である

でも、なかにはいることなんだろう

 

https://open.spotify.com/track/2DSabs8EEJVIv0C0dAPyQX?si=-ScU6bOQThO44mRleHK1aw