NOW 500→1000

恋を通して学ぶこと / 2020の生き方 / わたしのなかのスペース

誰かを好きだと思う気持ちは不思議だと思う。香水にトップから香りが順にあるのと似たような感覚で、恋にも順に広がる重みや深みがあるのかもしれない。

お仕事をしていると素敵な方との出会いは性別関係なく訪れ、そのなかでじぶんが惹かれる相手の共通項を見つけることがある。

f:id:pidakaparuna:20200116230716j:plain

わたしにとって重要なのは「どのようなスタンスで仕事をしているか」「人間味を感じるか」の2点のよう。

結局この数年でたくさんたくさん誰かを好きになってようやく見えてきたのは、わたしが人生で大切にしたいこと。じぶんがかっこいいと思うのはなんらかの美意識を持って日々を一生懸命に生きているひと。わたしもそう在りたいと強く思う。

「好き」の種類もだいぶ把握ができてきたように感じるけれど、去年の夏のように、やすやすとじぶんの今まで知っていたそれを超える衝撃も生きていたらまた起きるのかもしれない。(起きるといいなと思う、あれが最後なんて悲しすぎるから。)

「素敵だな」と思うひとと「もっと知りたい」と思うひととは違うことにも気づき、誰かの言葉でじぶんの気持ちを説明したら何かが減ってしまうことも知り。

思い出や妄想の中で生きていきたいとは思えないというのも腹落ちしたものの、相手の状況や相手がじぶんの思いに応えてくれるか(もしくは、相手のなかのじぶんの気持ちと向き合ってくれるか)はわたしにはどうしようもないことだというのも同時に腹落ちし。

それでも、誰かに強烈に惹かれ浮き沈みを繰り返したおかげで、じぶんも知らなかったような「ただ愛したい」というまっすぐな欲求、そしてそれを表現する方法は無限にあることがわかったことは、わたしの人生のなかでとってとてもとても大きな意味があったように感じているよ。

f:id:pidakaparuna:20190904161812j:plain

全ての感覚や全ての物事は拡大と収斂を繰り返す、ひろがっては縮んでいく、波形を描きながら人生は、わたしの前に描き出される現実は一面一面姿を変える。同じ構図はあったとしても座標はまったく違う光景が連なって一生がつくられていく。

鈍く広がっていた感覚が鋭く範囲を狭めるとき、今までは違和感を感じなかった光を忌み、今まではなんとも思っていなかった声をわずらわしく感じ、自然と内へとこもるようなモードへ。

今はそういう時期なのだとじぶんのことを見つめながらもそのリズムの激しさがときにひとを傷つけいくことを悲しく思う。

「悪気はないからな」と叔父が彼に苦笑いをしたあの日のBBQを思い出す。

彼も庭のデッキにもたれながら「わかります」と言って笑っていた。

f:id:pidakaparuna:20170530004143j:plain

誰も傷つけたくないのだけれど、じぶんを殺すことは選べない。そんななかまっすぐとあることしかできなくて、昨日だって明日だって変わらずに誰かを傷つけることをじぶんに許しながら、じぶんと向き合い続ける。

この痛みさえ、誰ともわかちあえないけれど、いつかきっと(それはきっとこの体と分かれるとき)「向き合い続けてよかった」とわたしは思うだろうと想像する。

力強くあれ、同時に弱くあれ。

美しくあれ、しかし醜さを抱け。

期待に応えたいと思うこととじぶんを殺すことをイコールで結んではだめ。期待に応えることだけが愛情表現ではないはず。

やりたいと思ったからやる、やりたくないと思うからやらない。

叶えられることはなんでも叶えたい。ひとは変えられないから諦めなくてはいけないこともあることはわかっているけれど、じぶんが傷つく覚悟、もしくは傷つかない覚悟ができているのなら大抵のことは叶うんじゃないかしら。

f:id:pidakaparuna:20170525184228j:plain

生きているのだと思う。わたしは本当に今ここに生きているのだと思う。今まで実感のなかったそれが実態を伴っていくのは、確実に周囲のひとの愛情のおかげだろうと思う。

ただまっすぐにありたい。あり続けることを選択したい。

じぶんの内側のなにが相手の内側のどれと共鳴しているのか、強く拒絶の反応が起きるとき相手のなかのじぶんのなかの何が反応しているのか。

去年までの比ではないほどにきっぱりと感受するそれをひとつひとつデータに変えて、去年できなかったような仕事を今年はしたい。去年見れなかったようなものを今年は見たい。

去年は選べなかった方法でひとを愛したい。去年は・・・

わたしは今年のじぶんと、今年出会うひと、今年出会い直せるひと、ご縁をすべて味わい、そして関わるお仕事すべてに身を捧げ、またこの身体でこの世界を味わいつくすことをただ誓って、新しい時間と古い時間の混じり合う最後の日々、冬至までの日々のなかを泳いでいきます。

くだらないことには時間をさかないで、ちゃんとじぶんを生きます。うむ。

(たとえば、相手はわたしじゃなくてもよかったのにこちらは(勝手に)(ちゃんと)好きになっちゃった関係について心のスペースを半分あげちゃうとか、仕事の失敗ややらかしたことで頭のスペースを4分の3あげちゃうとか、そういうダサいことはもうしないっていうこと!)

f:id:pidakaparuna:20191117223010j:plain

読んでくださってありがとう、幸あれ!!と思います、おほほ。