NOW 500→1000

スピリチュアルが嫌いだったのは

スピリチュアルってなんだろうと、車の外流れる雲流し見しつつぼんやり考えていた。

なんにせよ主語が大事なんじゃないかという結論にたどり着いた。

スピリチュアルとは

わたしが普段耳にする「スピリチュアル」って、大抵はスピ系とかちょっとおバカで他力本願な脳内お花畑なひとみたいな感じで揶揄されるときに登場する言葉だ。

でも、本質的な言葉の意味は「スピリット的な何か」であるはずだ。

スピリット的な何かって、なんだろう。

スピリット的な何か

静かに考えると、ネイティブのという要素や自然を大切にするとか、そんなことが思い浮かぶ。

人間として本質的な部分と、生き物としての在り方が絡み合っているようなイメージ。

ちなみに人間とは身体があり思考ができる、そして心があり感じることができものだと思って生きている。つまり、文明的な存在であるということ。

スピリチュアルとスピリット的な何かの違い

特にない。だって言葉だけ見たら同じ言葉だし。

でも、今のわたしにとって「スピリチュアル」は身体の外にあり「スピリット的な何か」は身体の内側にある。

これは、どうしてなんだろう。

別の視点からみると、スピリチュアルはひとつの市場のようにも見える。

求める人がいて、提供するひとがいるからある市場。

でも、人間がより生きることを楽しめるよう手助けするものという点でいうと、食に関する市場や衣服についてのそれと、スピリチュアル市場も変わらないはずだ。

それなのになぜ、わたしは「スピリチュアル」に対して少しやだなと感じるんだろう。

雑だけど結論

こないだの記事にこう書いた。

言葉の下にじぶんがいてはいけない。
概念に使われてはいけない。

言葉も概念も、じぶんの感覚を説明するために、ひとに伝えるために用いるもの。

制度はみんなを助けるためにあるもの。

それらの下にじぶんを置かない。

いろんな言い訳でその状態をごまかさない。

ひとつひとつ解決して、ちょっとずつでも、じぶんの人生のたったひとりの主人として、前を見ていたい。

じぶんの人生の主であること - 0→1000

これと言いたいことは同じだ。

今まで、「なんだかやだな」とスピリチュアルについて感じたのは、そのひとがそのひとの人生を生きる気がない様子がやだったのだ。

スピリット的な何かはそのひとのなかにあるのに、それは磨かれることなく、外側に真理や救いを求め、唯一無二の誰かになりたいと世界にひとりしかいないじぶんを「こんなの欲しくない!違う!足りない!」と叩く。

そんなじぶんが嫌だったのだ。

誰でも「感じる力」は持っている

ご縁をいただいて、ある場所にある「聖地」と呼ばれるところを訪ねた。

そこにいるひとは、こんな小さな子どもも、若いひとも、お年寄りも、世界中から集まったいろんな国籍のひとも皆、その場のエネルギーを感じていた。

あるひとは目を閉じて、またあるひとは恋人と笑い合いながら、あるひとは子どもを抱きしめ、あるひとはただ黙って歩いていた。

同じように風を浴び、同じように雪の粒を頬に受け、同じように太陽に身体をあたためられた。

人間が人間である限り、感じられないひとなどいないと思い知る光景であった。

外から与えられるきっかけに素直であることは流れをスムーズにするためには重要だけれど、外をガン見しても生きる意味は見つからない。

ゆるやかに外を感じ、しずかに内に潜る。

時折、じぶんの聞き入れやすい方法でスピリット的な何かと対話をするのは有効な手法だ。

でも、それにすがっているうちは、じぶんの本音には出会えない。

どんな本音でもいい。

どんな本音でもいいから、たったひとりのじぶんを生きる時間をもっともっとエンジョイしたいと、そう思ったよ。

読んでくれてありがとう。

f:id:pidakaparuna:20190217162345j:image