NOW 500→1000

ダークサイドだー

わたしだったらしないなぁ

と思うことがよくある

あ、これはしないなー

うーん、これもしないなー

そうやってじぶんのなかで話す

別にしてもいいんだけど

じぶんのなかの美学と反するのだろうと思う

普段の暮らしのなかでそれはむしろ良い方向に働く

じぶんはこうありたいんだなー

そういうひとが好きなんだなー

うんうん

という感じのテンションで会話する

別に、じぶんと合わない波長のそれと出会っても

そういうのもあるね~
と、ただ視界の端から端へとさらりと流す

たいていそのひととの関係はなぜか深まらない
そうではなく大切にしたいひととの関係のなかで
なにか起きるときはたいていメッセージだ

「本当はこうしたいんじゃない?」

「これが大事にできていないんじゃない?」

そんな感じで、軌道修正のタイミング

仕事がやりたい本質からずれていたり
大切にしたいタイミングでじぶんをおざなりにしたり

そういうことがチリツモで大きくなると
ちょっとしたその「これはしないな」が大きな揺れになる

怒り、嘲り、ぐらっぐらのネガティブ

まだ14才、15才だった頃は
そのぐらぐらをどう対処したらいいかわからず
自傷行為・・・ちーん

でも、20才を超えたら落ち着いて
く~らい部屋~でひとり~テレビ~をつけーた~まま~
で過ごしたり、いやでもやっぱり
恋人に依存、みたいなパターンが多かったなぁ

じぶんと向き合うのではなくて
誰かとの関係性と向き合うことで目をそらしていた感じ

最近はもうそれもなくなって
「あー、ダークサイドだー」
「あー、疲れてんなー」
って、見れるようになった

だってどうしようもない

ダークサイドのときはダークサイドなんだもん

ぶつけられた言葉(相手からしたら投げただけ)
それにいちいち発火しちゃうくらい疲れたんだもん

そう

そしてわたしはもうピーみたいな自傷に走らなくても
ピーピーピーみたいな恋人依存に走らなくても
それに対処できる

のだ

昨日の夜ダークサイドの兆しはあって
ぐったり眠って今日は仕事も満足にできなかった

ので

大好きな先輩のいるパン屋に行き
樹々のあいだで深呼吸をし、美味しいパンを食べ
一粒一粒の小麦を感じながらエネルギーを吸収し

ぐっちゃぐちゃな絵を描き

そしてこれから温泉に行く

(温泉に誘ってくれた友だちにありがとうと思う)

明日は間の時間で身体を整えてもらうことに

精神からきてるグラグラも
身体からアプローチが効くことを去年知り
だいぶ生きやすくなった

というわけで

ダークサイドだー・・・と
口からよだれたらしながら思うときは
目にするすべてのものに喧嘩をふっかけたくなるときは

温泉にいく
マッサージされる
美味しいものを食べる
大声で歌をうたう
大好きなひとたちに囲まれる
布団にうもれる
漫画を読みふける
コナンくんを見る
あたしンちを見る

などの対処法が今はあるので

10代の頃のように爆発しなくなったわけです

ダークサイドにいて
もーこんなじぶんいやーばかーんってなってたけど

あ、そういえば
だいぶ対処法も変わってきてるな
(いい感じに進化してきてるな)

と、なんとなくため息モードから息吸うモードになったので

よかったよかった

言語化できないくらいくたびれるとアウトだな
それもまあ人間ぽくてときにはいいかもしれんけど

でもまあ本当は近くにスキンシップもっと取れる相手がいたら

もうちょい楽なんだろうなぁ

f:id:pidakaparuna:20180717221747j:plain