NOW 500→1000

久しぶりのカラーセラピー

今日、カラーセラピーのご予約をいただいて
久しぶりに取り組んだ(半年ぶり)

そのひとと向き合って座ったときから
額あたりに、とても輝くものを感じて嬉しく
また、頭のてっぺんと遠くが繋がって
とってもいい感じなんだなぁ~と嬉しく
なんだかひたすら嬉しい時間だった

カラーセラピーはカフェのなかでしたけど
久しぶりの再会もあり!びっくらぽん

f:id:pidakaparuna:20181107193555j:plain

みんな、それぞれのペースで生きている
ただそれを感じていたよ

わたしはわたしのペースで生きてる

だれかのものさしや
脳みそのひだひだに溜まってしまった
汚れのような「与えられた」価値観

それが「生きづらさ」をつくっている
生きづらさってそのまま息のしづらさ
呼吸ができなくなって胸が閉じる

胸が閉じると、心が死んでいく
心が死ぬと便利になる

無機質な部品として生きられるようになる

でも、本当は人間だから
ときどき「いきもの」と出会うと
胸が苦しくなったり、ざわざわとする

だけど、無機質を求められていると
立派な部品になれ、思考をとめろと
そう求められていると、わからなくなる

混乱するよりも、麻痺させたほうがまし
だんだん身体も固まっていく

幸い(不幸?)
たくさんの情報との接点がある現代
ざわざわを感じるきっかけはわりと多い

違和感はヒント

あれ、本当はどう生きたんだっけ
今のこれはこれでいいんだっけ

シンプルなところに戻っていく

一緒に暮らしている友だちがね

 朝、歩いていて
 太陽がわ~~って降り注いでいて
 ああこれを感じられるのは身体があるから
 風の音が聞けるのは耳があるから
 人間に生まれてよかったなって
 そう思いました

と教えてくれた

人間として生きる
それはとても大きな喜び

レベルなんてない
徹底しなきゃいけないこともなにもない

ただ、人間として喜んで生きる

そこに立ち返るだけ

そこにいてはじめてできることがたくさんある

有機的な働き方はまさに豊かさそのもの

みんながみんなの力を信じて
みんながみんなのペースを信じて
それぞれの役目が重なってひとつの絵をつくる

とっても好き

いきものとして生きよう

そして、人間であろう

わたしは今日もきっと無自覚にひとを傷つけ
自然から力を奪い、生きていた

でも、その一方で
大勢のひとと喜びを共有し
思いや考えに言葉を与え力をつけた

きっとこの繰り返しのなか
気づくことも、つくれるものもたくさんある

ちょっとずつ良くなろう

その先に、みたい未来が待っているから

人間として生き続けよう

今日も、明日も、明後日も、昨日も