NOW 500→1000

仕事を選ぶとき、条件はわりとどうでもいい。

予定と予定の合間を縫うようにして書き起こし。今回のデータも面白くタイムリーな内容が多く、世の中にこれだけ本気で仕事をしてるひとがいるというのはいいなぁと思いながら、沖縄のまんなかあたりで仕事をしている。

「仕事観」というようなものがなんとなく変容したのが7月で、それが馴染んできたのが8月だ。何がどう変わったのかを一旦整理してみたい。

今やっているお仕事というのは、この記事で羅列した。

www.pidakaparuna.space

のだけれども、さて、というわけだ。何が7月よりも前の暮らしと違うのか、何がどう変わったのか。だけれども、それを考える前に、どういう風にじぶんが「仕事」を捉えているか書いてみよう。

「仕事」という言葉は、いくつかのキーワードに分けて考察することができると思う。お金、場所、ひと、中身、経験値、未来、過去、今、喜び。ざっとこんなもの。

翻訳してみる。

お金・・・お給料
場所・・・勤務地
ひと・・・人間関係

中身・・・仕事の内容
経験値・・積み重ねると得られるもの

未来・・・その仕事をしている少し先にいる自分
過去・・・その仕事をするまでの自分
 今・・・その仕事をしている自分

喜び・・・その仕事を通して人や場に与える影響

(そしてじぶんに与える影響)

最初のブロックはわかりやすい、「条件」とでも名前をつけようかな。条件グループは、とてもわかりやすい。はじめて働いてお金をもらった中学3年の頃はこんな感じの優先度で仕事を決めてた。

お金>場所>ひと>中身>経験値

おお、そのまま並べた順だ。

ちなみに今は、優先順位がばらばらにふわふわ浮いているような感じ、つまりどうでもいい。お金がもらえたら嬉しいけどもらえなくてもいいし、場所が遠くても近くてもいいし、ひとは好きでも嫌いでもいいし、経験値もわからなくてもいい。

最初に「やりたい」と思ったならやればいいし、やりたくないならやらなかったらいい。なので、それぞれの仕事にそれぞれの条件があるような感じかな。何で選んだ!というのを説明しないといけなくなった場面で、この条件を使ってひとに説明しているところが多いかも、まあ「中身」に左右されてるケースが多いね。そりゃそうだろっていう話だけど。

次のブロックの話は少しややこしい。これは「対話」なのだ、それぞれのじぶんの存在がどのようになっているかのイメージを浮かべ、それが心地よいのか悪いのかを見つめる。これを身に着けたのは、今年に入ってからだな。

やめるかやめないか、やるかやらないか、そういう選択を迫られたときにこのイメージを使ってその仕事に対する感触を言語化してみるようにしている。未来はどうなっていたいか、過去どうだったか、今はどうなのか、それぞれ時系列で整理することによってぐっと本音がわかりやすくなる。

たとえば、今年の6月中旬に1年弱務めたカフェを辞めたのだけれど、そこでもこれを使って考えた。3年務めたとする仮のじぶんと辞めたあとの仮のじぶん、務めたくて務めたくて仕方なくて面接を受けたじぶん、そして今のじぶん、それぞれをイメージしたうえで、ゆっくりと本当に心地良い未来のじぶんの姿をイメージしていく。そうすると答えは自ずと出る、もしくは答えを出させるような状況が起きる。

最後が「喜び」

これを書いたときに、じーんとした。わたしが仕事に求めているのはこれだと思う。喜び。何をプレゼントできるのか。わたしに、誰かに、その場所に。

今度また深めたいと思う。

書き起こしのお仕事にもどろ。ちなみに書き起こしのお仕事は、旬な情報のインプットをお金いただきながらできるという条件グループに属するようなハッピーもある、しんどくなるとやめたいか?と対話ブロックをつかって尋ねるけれど、最終的に浮かぶじぶんは「今はまだやりたい」と答えを出す、そして、わたしはそれを信頼している。

そして、喜び。これは言わずもがな。

結局この「喜び」言語化がうまくできない、この「喜び」こそが、わたしがそれぞれのお仕事を通して「働く」を体験している理由なのだと思う。

f:id:pidakaparuna:20180814200534j:plain

誰かの「働く」を通して得るものは感動的なものが多い。

このパニーニもとても美しかった、ハッピーが詰まっていた。

ここで過ごす時間はいつもなんだか忘れたくないなぁと思わせられる時間だ。

わたしもやっぱりそういう空間と時間を、と思うのだ。