NOW 500→1000

大人と子どもの間の境界線

「子どもといるとき、ぴたっとはまってみえる」
大人といるときよりも自然ねと、言葉をもらう。

しばらく胸にその言葉を抱く。

大人と子ども。

体のサイズ、年齢、経験値、何で分けよう。
その境界線をどこと定めよう。

小さい友人たちは、わたしを「大人」とは思っていない。
ふたつか、みっつ年上の友人として接してくれる。

食べものを分け、飲みものを分け、話をする。
問いを投げかければ、しっかりと答えがもどってくる。

大人と子ども。

愛おしい、小さい友人。
彼らはわたしを誤解しないし、そのままで取り扱ってくれる。

走っても、笑っても、泣いても、怒っても。
黙り込んでも、突然寝転んでも。

新しい遊びと思い、真似をする子もいれば。
呆れて放ってどこかへいく子もいる。

大人と子ども。

母と子になると、また違う距離感がそこにはあるのだろう。
今のところはまだ、その予定もなく、ただただ友人関係のみ。

大人が嫌いなわけじゃない。
むしろ、難しいやりとりを経たのちに真心をもらうとき、とても嬉しい。
真心を渡すと、真心が返ってくる。

大人と子ども。

大人と子ども、その境目はどこにある。

いらない価値観やしがらみを身体にまとい、前を向くふりをする。
されども幸せになどなれやしない。
どこにも生きていないのだから。

大人と子ども。

境目などどこにもない。

「大人」と呼ばれるそれも、「子ども」と呼ばれるそれも。
社会の中で生きているうち、否が応でもじぶんのなかに染み込んでいく。
マーブル模様に溶け合うそれらを「性格」と呼ぶこともある。

境目などどこにもない。
決めるのはいつだってじぶんであり、目の前に対峙する誰か。

ただまっすぐにその人の前に在ること以外に何もいらない。
そのためには、ただまっすぐじぶんと向かい合う毎日が必要。
それもできないのに、誰かと向き合うのは骨が折れる。 
骨折り損の~くたびれ儲け~♪である。
(そんな歌はないけど。。)

今日もよく生きた。

大声をあげて笑い、全力で駆け回り、芝生に寝転び、海を眺めた。
遠くにいるひとを想い、近くにいるひとに愛を伝えた。

大人と子ども。

境界線なんて、あるようでどこにもない。

あなたとわたしの間にも、境界線なんてどこにもないのだ。

好きになれなくても、嫌いになれなくても。
毎日繰り返しこころのなかで名前をなぞっていても。
脳みその奥底の忘却の海のなかに名前が落ちていても。

わたしとあなたの間には、境界線はないのだ。

あなたを通してわたしはわたしを知り。
わたしを通してあなたはあなたを知る。

どこまでいっても実は交わることのない。
だけれどもどこか同質的な。

とはいえ本当のところを知るのには、まだ早すぎる。
身体というやんわりとした線を保つ今は、知らなくていい。
眠っている間、重たい身体を抜けだす真夜中に。
わたしはきっとそれをもっとリアルに体感している。

境界線なんてどこにもない。

この一文で、これだけ心が踊るのはなぜ?

そして、そんな世界で唯一わたしをわたしたらしめる、
この身体が、こんなにもやわらかくたくましいのは、なぜ。

f:id:pidakaparuna:20180513194304j:plain

 

www.pidakaparuna.space