NOW 500→1000

死にたいと言われて考える

口を手のひらで押さえても、言葉も笑いもこぼれてしまう。
目尻を手のひらで隠しても、ぽろぽろと涙はあふれてしまう。

感情も、言葉も、隠せるものなど何もない。

言葉と感情が一致していないと、なんだかちぐはぐな気持ちになる。
ちぐはぐは心臓までいくと痛みに変わり、全身にまわると気怠さに変わる。
それがたまると疲れてしまって、たくさん眠らないといけなくなる。

ときに嘘をつくことは必要だ。
じぶんを守るため、誰かを傷つけぬため。

でも、多くの場合のちょっとした嘘は、もう必要ない。
ひとと違うことも、当たり前のこと、当然のこと。

「生きているのがいやになる」
facebookにそうメッセージをもらったあと、しばらく考えた。

過去のわたしがそう、今のわたしに聞いているとしたら。

大きく大きく腕を広げて、「ハグしてあげる」と言ってくれた女のひと。
「生き直すなら、はるなちゃんかなって思う。」と本音をくれたひと。

そんなひとに出会えるよと、話すだろうか。

一度だけ、14歳のとき、どうしても寮から家に戻りたくなくて、持病だった喘息の薬を死ぬほど飲んだことがあった。
2、3日救急に入院するだけで済み、、というはた迷惑なことをした。(若かった)

もし、あのとき、あのタイミングで本当に命を失っていたとしたら。

日付が変わるまで、一緒に「こういう未来がいいね」と盛り上がったり。
ここが違うとか、こうやりたいと、ビジョンを共有したり。
なんでわかってくれないのと、いじけてみたり。
コロコロ変わるキブンで人を好きになったりなられたり。

そういう面白い出来事も味わえなかったのだなと思う。

そう思うと、”昔のじぶん”に湧いてくるのは、なんていうか。
ただただ抱きしめて、大丈夫だよと、ここにいるよと。
そういうことを伝えたい。

だけれども、振り返ってみると。
いつだってわたしのそばにはその言葉や態度をくれるひとがいた。
いつだって、本当の意味での孤独におちいったことはなかった。

身近なひとが葛藤のなか溺れてしまって。
その葛藤を全身で感じ、じぶんがいなかったらと思ったことはあったけど。

それだって、今ならわかる。
その葛藤が生じていた時点で、わたしはうんと愛されていた。

そういうことがわかるのも、あの瞬間ではなく、数年経ってからのこと。

そうやってジグザグと出来事の合間を意味付けしながら過ごしていく。

気づいたら100年ちょっと経っている。
若いひとに笑いかけながら、じぶんの植えた昔苗木だった木の横で死ぬ。
そんなのってちょっといいなって妄想するじぶんと出会う。

死にたいんだ、そうかそうかと、話しかけてみる。
でも、本当に本当に死にたかったら、死んでいるはず。

そんなことわかってるよ!と怒られそう、14のわたしに。
いやだ~~~。笑

簡単な言葉で思考停止してしまわないで、骨をしゃぶるようにして考え事をする。
飽きたら体を動かして、ご飯をよくよく噛んで食べる。
朝日を浴びて夜眠り、ヒントをくれそうなひとやものに出会いに出かける。

そういう単純な毎日の繰り返しの先に。
うーんとげんきになっているじぶんがいる。

死んでしまいたいって、そういうキブンだという形容詞なんだと振り返る。
味わい尽くしたら自然に。

「本当にやりたくないこと」
「本当にやりたいこと」
「やりたくないことをやめられないと思っている理由」
「やりたいことをできないと思っている理由」
が、はっきりとする。

それらの「」は、時間軸が過去か未来どちらの場合もある。

あのとき本当はやりたくなかったこと。
あのとき本当はやりたかったこと。
これから訪れるけれどやりたくないこと。
これから訪れるけれど本当はやりたいこと。

極論、毎日死んだらいいのだ。
毎朝生まれればいいのだ。

「生まれ変わった」と思うと、わりとなんでもできる。
こわいこともいっぱいある。
でも、昨日のじぶんではないというだけで氣力が湧く。

答えはぜんぶじぶんのなかにある。
じぶんのなかにないものには反応すらできない。
理解なんて殊更できやしない。

やっぱり、あのときのじぶんに声かけるとしたら。
最初は「だいじょぶよ~」と伝えるけれど。
だんだんそれに飽きて。
おい!ってなるだろうな。

おい!いじけてるのいい加減にしろよ!と。
動けよ~も~~~、ばかばか!って。
好きなことしてよ~~って。

人の役に立たなくても、お金儲けに繋がらなくても。
誰にも褒められなくても、やってみたいことやってよ~。
本当にやめたいことがあるなら、それのせいで辛いなら。
だれも責めたりしないし、責めるようなひと大事じゃないから。
早くやめて!ばかちーん!って怒るかな。

みんながわたしに怒ってくれたように。
それしか言えない。

答えは全部なかにあったけれど、それに気づくためには外からの刺激が必要だった。
ボールを投げて、跳ね返ってくる形やタイミングでじぶんの形を知る。

だからなんにせよ。
死にたいなら死んじゃっているし、生きてるってことはそういうこと。
ムキになって死のうとせずに、今に目を向けること。
丁寧にじぶんと向き合うこと。

でもそれをするには、とてもエネルギーがいるから。
まずはたくさん眠って、たくさん食べて、自然と触れ合うこと。

結局そういうことを大学4年間でたくさんしたから、わたしは「治癒」が完了したのだ。

そしてたぶん、誰かの死に直面してはじめて。死にたいというのは、「死にたいと思うほどつらい」という言葉だったとわかる。

好きなこと、生きたい環境が見つかるといいね、と思う。
わたしが大丈夫だったからあなたも、とは思わない。
わたしはわたしだったから大丈夫だった。

だけれども、それって、まわりまわると、あなたもあなただから大丈夫なはずなんだと、そういうことを思う。

 

f:id:pidakaparuna:20180412092734j:plain

好きなものを食べ飲み着る!