NOW 500→1000

今日思った

ハグをするとき は 愛している! が溢れるような気がする伝わるといいなと思って するけど伝わらなくてもいいのだと思ってもいる どんなに助けてもらってどんなに支えてもらって 胸がぎゅっとなる 当たり前に息をしているけどその当たり前のなかぜんぶに、い…

読ませてしまわないように / ほんとうの交換だけが / 実態を紡いでいく/ 輪廻転生

しばらく前、まだ寒い格好をしていて3人で暮らしていて韓国から大切な友人が滞在していた頃。あるイベントに出ることになり、そのイベントのなかで「あなたという分厚い本を読まされているような気分になるときがある」と言葉をもらった。 もう思い出しても…

実家に帰りたい / 乾いたハグ

今日お洗濯すればよかった と思った。 夏っぽい日差しのなか、ウォーターサーバーの水が切れたのでコンビニに水を買いに行く道、そう思った。 水曜日はなんの仕事もない日で、ほかの業務委託でうけているタスクもないときはTHE休みという感じ。 2週間に一回…

言葉にできない / 波の中 / 間違いも答えなら

急に気持ちがぽきっと折れてしまった。 何もかもに興味が湧かず、昔買った谷川俊太郎の絶版になった宝物の詩集を開いては言葉をなぞっている。 ときどき訪れるこの波をどうにかして壊そうと、ここ数年は何度も何度も水の壁に手をぶつけたり身体ごとつっこん…

きっと明日は / フラッシュバック / 深呼吸

左手の甲がちくっと痛み、そのちりちりとした痛みがいろんなことを瞬間的に思い出させ、瞬間的に思い出させられたそれによってさらにいろいろなことを思い出させられ、怒りがワッとじぶんのなかにこみあげグワッと首のあたりで面を構えるのを感じる。 大きい…

決めた形じゃなくても / 言葉 / 未来の声を聞く

しばらく前、おそらく3人暮らしへトライする前までは「この形」とじぶんが決めた形だけが愛であり感謝であった。 2年前、あってないような「世間」から飛び出して、大して仲が良かったわけでもない3人で川の字に眠り「今日の予定は?」「何時に帰る?」と…

酔っぱらいきると

はだかんぼのままで、青いソファのうえでじぶんの膝を抱えるようにして座る。 だんだんと白やんでいく空を背中に感じながら、じぶんの肌の感覚と口の中にあるチーズの塩辛さを確かめる。 夜明け前の心許なさ、ひとではないものの気配によって起こされ、部屋…

朝帰り / 着脱可能 / 無限言い訳 / 上手になりたい

朝の匂いが、朝の匂いがした。 緑色の(つくりものの)顔と目があって「頭が動いているままでいなさい」と笑われながら「おやすみなさい」とあいさつをして階段を駆け下りて、車が全然通らない大きな道路を意気揚々渡って「ばいばい」と声かけあって。 小学…

つぶつぶでできた身体 / 干渉しあう / ウイルス以外のものも"感染っていた"

感染拡大を防ぐために、わたしはリモートが選択できる職種なので意図的にリモート。 お家にこもり、極端にひとと会わない暮らしをしたおかげで「ひとにあっているとき」「ひととコミュニケーションをしているとき」「ひとりでひとのことを考えているとき」「…

withコロナへの適応 / 恒常性との闘い / ひとの口から伝えられるメッセージ

コロナの影響でフルリモートに切り替えて3週間。 AKOH KLOHのお仕事もお休みなり、3人暮らしから1人暮らしになったこともあり、ほとんどひとと会わずに生活をしている。Lagoonのお仕事は前よりも意識的なコミュニケーションが増えたおかげで、むしろ進行…

withコロナへの適応 / 恒常性との闘い / ひとの口から伝えられるメッセージ

コロナの影響でフルリモートに切り替えて3週間。 AKOH KLOHのお仕事もお休みなり、3人暮らしから1人暮らしになったこともあり、ほとんどひとと会わずに生活をしている。 Lagoonのお仕事は前よりも意識的なコミュニケーションが増えたおかげで、むしろ進行…

愛情表現についての思いごと / 岡本敏子『恋愛芸術家』

今日は「もしもわたしが保菌者だったら」設定ではじめた自主隔離の最終日。 セレクトショップはお休みのままだったので、月火木はLagoonのお仕事をフルリモートで対応した他の日は、ひたすら家の片付けと書き起こしのお仕事。 整理整頓は非常に苦手で、なん…

コロナにいろいろと教わる / 仕事の喜び / 会えない時間が

たいてい眠る前にたらたらとそのとき感じていることや、その日を通じて学んだこと、考えたことをフェイスブックにだらだらと書くということをして。次の日の朝には消すことをフルリモートに切り替えてからずっとやっている。 何を書いても不謹慎な気がしてし…

complicated

「小さな子どものようなところと、大人なところがあるのよね」と笑われて、たしかにそうだと頷いた。わたしには小さな子どものようなところと、うんと歳をとった大人のようなところと両方がある。 そして出会うひとも皆、わたしと同じように小さな子どもと大…

「知りたい」という欲求でできた身体 #loveless

字面にしてみる言葉 耳から聞こえてくる言葉 目の前から響く言葉 それぞれに受け取れる情報量が違うのは、こちら側の度量の問題なんだろう。 小さなささくれのような違和感も、言葉の形と重ならない意味の波形も、どちらが正解かなんてわからない。 でもこの…

くらくら / ミモザ

二日酔いのくらくらなのか、心の波に船酔いするようなくらくらなのか。 どちらのくらくらかは定かではないけれど、くらくらとしながら1日がすぎていく。 お酒って不思議だと思う。そして音楽も不思議。 お酒に美味しい音がぽちゃんぽちゃんと入っていく、味…

"振り返ったらあっという間"なのだとしたら

いつも明るくげんきに!と思う。 でも、おそらくそういう性質ではないのだろう。 小さい頃から大勢のひとは苦手で、本を何冊も並べて片っ端から読んだり、おじいちゃん(これは母方の)とゆっくりお話をしたりトランプやオセロをしたり、おばあちゃんに編み…

お正月のこと / 出かけるのが好き / 小さな日々を重ねて

ももちゃんから突然ぱっと送られてきた飛行機予約のホームページを眺めながら、どこへ行こうと考えていたら、叔父がなんだか変な顔をしてこちらを見ていた。 なに?と目で尋ねれば「あなたは本当にどこかへ行くのが好きだね」といつもと少し違う調子で「驚い…

もうすぐ終わる / 変わり続ける / 自然とは

ずっと続くといいのになぁ と、お昼ひさしぶりにお布団に寝転びながら思っていた。 同居人との何気ない会話、お互いへのちょっとした甘え、3人分の料理、ちょっと聞いてよ!と話しかけられる距離感。 わたし思っていたよりもこの暮らしを気に入ってたんだな…

人生のマトリクスは人それぞれ / 24歳にしては / 達観 / 孤独

「いつもエネルギー高くいられたらいいのになぁ」と、働いてるセレクトショップのカウンターでオーナーとお喋りしてるときに話した。 キョトンとした顔をされたあとに「そんなのクルクルパーじゃない」と笑われた。 いいのよいつも元気じゃなくて と静かに諭…

タイに行きタイ / 退屈だから / ケの日だって喜びたい

ハンモックのうえ ゆらゆらと 揺れながら 近頃の"今ここにない感"を ただじんわりと感じている "今ここにない感"を感じている のだから 今ここにいるのは確かなのに 最近の 実態のなさ 手応えのなさ それがわたしをただ不安にさせる 向かい合って 気をつかわ…

コンプレックスを抱きしめよう / 醜形恐怖症 / 美伶さんはすごい

LagoonでRyukyu frogs 11期生の河野美伶さんがトークイベントを開催した。 ”魂のエバンジェリスト”常盤木さん(トッキーさん)がモデレーター、トッキーさんからなぜかご指名いただきわたしも登壇。 醜形恐怖症とは 美玲さんから最初にインプットのパートと…

恋を通して学ぶこと / 2020の生き方 / わたしのなかのスペース

誰かを好きだと思う気持ちは不思議だと思う。香水にトップから香りが順にあるのと似たような感覚で、恋にも順に広がる重みや深みがあるのかもしれない。 お仕事をしていると素敵な方との出会いは性別関係なく訪れ、そのなかでじぶんが惹かれる相手の共通項を…

感じること

悲しいことを悲しいと感じること 嬉しいことを嬉しいと感じること 当たり前のようで、それが一番むずかしい お話できないことが悲しいからなんとかしたいけど、なんとかすることは本当にしたいことじゃないからそれは選ばない 本当にしたいことは、ときどき…

わたしという本 / 10年前 / 本を読む理由

一年前に書いた文章を眺めながら「それでいいよ」とじぶんに思う。それでいいよ、これでいいよ。 www.pidakaparuna.space 考え方や、言語化のスピード、ぜんぶ好きこんなに素敵なひとそうそういないと思いながら隣を歩く でも、好きなひとは彼ひとりじゃない…

アホウドリは自由の象徴 / 韓国からイルが来た

忘れたくないと思った イルが話してくれた韓国の兵役のこと 兵役を経験しても 「なぜ軍が必要だと思うの?」と まっすぐに問い続けられるその強さ わたしは忘れたくないと思った 今日も生きていた、明日も生きていく でも今日のわたしは終わっていく 「あな…

最終日前に思うこと / 人生2周目 / 年の瀬に

明日が展示会の最終日 思い考えることがたくさんあり、ちょびっと欠けてきた月の下で少しだけ立ち止まる 今年の8月頃から少しずつ少しずつ忙しくなり、ひと月に一度は訪ねるとお約束した師である先生のもとへも行けないほどに里の行 大学を卒業するあたりか…

たらたらと覚え書き 12/4

11月の最後のあたりから思ってることや考えてることの幅が広がってしまって言語化ができなくなってしまった 同時に考えられることが増えて、まとめられることや動かせることも増えた 意識が一段階拡大し終えた感じ、拡大と収縮を繰り返しながらちょっとず…

幸福な1日 / 反省の夜

朝起きて、お日様が出ていることを喜び窓をあけ、ついでに玄関のドアも開け放って空気を通す。あちらからこちらへ、風が吹き抜け朝がくる。 同居人の片っぽは「爪切らなきゃ」といいながら身支度ばたばたと、その後すぐに出発。わたしといえば眠たいなぁと思…

ヤキモチ→嫉妬→+執着=お化け

タイにいる間に整理された考え事のひとつに「やきもち」と「所有欲」の関係があった。 これもまたわたしをうんと楽にした考え事だったので言語化して体の外に出しておきたい。 わたしは撫でられている猫に「いいなぁ」と思うくらいヤキモチをやくほうで、あ…