NOW 500→1000

意識の使い方と使い道 / 比較の感覚を剥がす

「たのしいほうへ」と昨日那覇でばったりお会いした尊敬しているひとが言った。

彼と話しているとセドナに行った時に大地から感じたものと似た類のエネルギーを感じる。

たのしいほうへ。

同じような言葉をそれぞれ素晴らしく的確なタイミングで、それもやはりわたしにとって大切で尊敬してやまないひとたちから告げられる。

思い煩うことなく愉しく生きよ。

たのしく生きよう!

積もり積もって、心の中で結晶のようになっていくそれ。美しいそれ。

どのひとからも向けられる感情はまっすぐな愛に溢れて、わたしはその眼差しにあたためられる。

昨日の夜は寂しかった。寂しさは厄介でお風呂に入っても身体が凍えたまま。じぶんでじぶんをあたためる術を身に付けたいと思うのに、できるようになるのは忙しさで目を背けることばかり。

みんなどうやって大人になったんだろう。

そう思いながら周囲を見渡すと、先生がいる。

5年後の未来からこちら側へ橋をかけるように石を積みなさい。

先生がそう言って、わたしの目の奥の奥へ入ってくる。目を合わせることは一種のまじないだ。

祝いにもなるそれをわたしはまだ上手に使いこなせていない。

向けられる感情や視線からは上手に身を守れるようになった。

それはわたしがわたしを傷つけない限り、誰もわたしを傷つけられないと知ったからなんだと思う。

若さに価値を置くひとはじぶんよりも若いひとに脅かされ、攻撃をしてしまう。

美しさに価値を置くひとはじぶんよりも美しいひとに、お金に価値を置くひとはじぶんよりも多く持つひとに。

明るさに、聡明さに、人気に、頭の良さに、じぶんにとって「価値」とするそれぞれのものに反応するようにひとはひとへ意識を放つ。

意識は明るい方へも暗い方へも同じように放つことができる、そして相手が受け取らなければそれはじぶんへと大きくカーブを描いて帰ってくる。

じぶんの内側にある泉のような場所、なにかがこんこんと湧きあがってくる場所、そこにしか本当のことはなく、そこに視線を合わせ続けられれば、刷り込まれインストールしてしまった架空のなにかに価値を置くこともない。

思い出してほしい、思い出したい。

なにかの価値に重きを置くこと、またそれ自体を価値とみなすことは、多くは広告によって始まったもの。比較の意識は集団に所属”させられた”なかで身につけたもの。

思い出したい、思い出して欲しい。

昨日急にじぶんに浮かんだ映像は3歳の頃のわたしだった。カーテンの裏でくすくすと嬉しそうに妹と隠れ、姉と木に登るわたしだった。

こみ上げてくる気持ちに身を任せ、過去を旅する。

比較の感覚を覚える前、わたしはとっても幸せだった。その裏で誰かは悲しい気持ちをしていたかもしれない、気づけはしなかった、その悲しい出来事も紐解いていけば、完璧でありたいと願い狂ってしまったひとのなかになる比較の感覚なのだ。

これを剥がし、じぶんの意識がどのように動いているかに明晰であれば、物事はもっとシンプルに加速し力を増す。

比較の意識がなければ不足の感覚は生まれず、不足の感覚がなければ奪わずにいられる。

奪う、それは連鎖するが何も生み出さない。誰かと向かい合ったときにその口元から気を吸い取らずに生きていける。もっと欲しいとその身体にじぶんの欲望をまとわせずに済む。

比較の意識を剥がし、次の場所へ。きっともっといい場所を生み出せる。そう信じながら、また仕事のなかに戻る。

文字にすることは息継ぎのようだと思う。せわしなくすぎていく時間のなかで、唯一ホッとしているような気がするから。

f:id:pidakaparuna:20201207235254j:plain

特別な

急に書いたものや吹き込んだ声へのリアクションをいただいて、少し照れくさい。

「あなたはじぶんに恋をしている」という言葉を、悪意なくもらったことがあって、わたしはその言葉をじぶんの胸のなかに数年経った今も棲まわせている。

じぶんの言葉でじぶんの世界を説明する、繰り返し繰り返し丁寧に言語化する、その過程を重ねれば重ねるほど相手のなかにも同じように世界が広がっていることを認識する。

そのなかですこしだけ身体から離れ浮かぶように全体を眺めると、目の前のひととじぶんとの間に重なっている領域があることがあることに気づく。

それはいい気持ち、とてもいい気持ち。

f:id:pidakaparuna:20211009194240j:plain

仕事の合間にスペシャルなひと時、メニューを決められなくて投げ出したわたしに「はるなスペシャル」と笑いながら出してくれた特別な一皿。

大切にされているって感じるか感じないかって「特別」が大きく関わっている。

ね、特別。そう思いませんか、特別にされているとどんなときに感じますか。

ひとそれぞれ違う、その特別の表現を探している、ひとに渡すために、共有する領域で表現するために。

わたしはしっかりと目が合うその瞬間に、わたしのために言葉を探してくれているその一瞬のすき間に、抱きしめてもらった感触に感じています。

もう大丈夫、また悲しい気分の波はやってくるだろうけれど、傷つくか傷つかないかはわたしが決めること。

どう関わっていくかはわたしが決められる。

仕事も同じ。もっと上手になるから、もう一回頑張ろう。

誰かと話したいのにその誰かがわからなくて、なくしちゃった関係のなかに探そうと思うけれど本当のことはもうなにもなくて、仕方がない。

もう一回、もう一回。ばらばらになっちゃったじぶんのこと抱きしめ直して、誰よりもちゃんとじぶんがじぶんを見つめて、そうやってやり直していけること、その幸福を積み上げて。

頑張っているアピールがしたいわけじゃなくて、なんだろう、、書き残しておきたかった、一歩一歩変わっていけること、変わっていくこと、変わり続けていること。

読んでくださってありがとう。今とてもいい気持ち。

前へ

あと何回寝たら、この喪失感から逃れられるのだろうと、どうしようもなく投げやりな気持ちで画面を眺める。

本当にパラレルワールドがあるのならいいのにと思う度に思い出すのはあの日見た夢だった。

夕方微睡んでいたときに見た夢、夢のなかでは夢と思わず、そのひとが死んだことを体感で知り、電話が繋がらず、やがてひとから知らされるというストーリーだった。

それはそれでひどいなと思い返しながら、そのとき「ああ、今生きて出会えてともに過ごせるのはなんて幸せなこと」と喜びが溢れたじぶんのことをよく覚えている。

心臓が痛い。じぶんが情けなくて、どうしようもない気分になる。

立て続けに関係の深いひとを見送り、死ぬとは身体をなくすこと、それは分かれた存在として再び歩み寄りお互いを知るというプロセスを味わえなくなるということと知った。

その悲しみと、肉体を持ったまま生きる世界が離れていく寂しさはまた違うものがあるが、世界が交わらなくても遠くで以前と変わらず輝いている星を眺めるような気持ちで相手の世界を慈しむこともまた、趣深い喜びがある行為だ。

死の別れよりももっと悲しく辛いのは、一緒にいられた時間が大したことのないものだったと知ることかもしれない。

わたしは一昨日の夜とても幸せだった。

大好きなひとたち(そのうちひとりは初めて出会うひとだったけれど)と、美味しいもの、尽きない話。

宝物としか思えないような言葉たち、ストーリー、眼差しの交換。

訊ねられる度に勇気を出して本当に感じたことを返していく。

命が輝いているとわたしに言ったそのときの眼の奥にあるほんとうのこと、受け取るだけで精一杯だった。

わたしはこの2年、学び直したのだろうと思う。

真実と妄想の違いを、本当と嘘の違いを、その感触や気配を肌で覚えるために、きっとこんなに苦しい時間を味わっているんだろう。

f:id:pidakaparuna:20211008225405j:image

海辺で寝そべりながら思っていた。

ずっと前からわかっていたと、それは少なくともこないだの冬。

なにも交換などできていなかった、全て妄想だった、わたしはわたしのなかにいる相手、相手のなかにいるわたしとしてしか、きっと関わってこれなかったんだろう。

じぶんの勇気のなさが悔しい、嘘はつかなかった、嘘をつかないチャレンジは確かに重ねられていた。でも、それを超えて、本当の話ができた時間はきっと一度もなかった。

どうしたら造られた物語を超えて本当の関係を築けるのか、未だにそのヒントが見つからない、手繰り寄せ手繰り寄せ、きっとここにと思っていた関係でこの有様、悔しいとしか言いようがない。

わたし次同じように大きく心動くのなら、出会う前からその人に会えることを全身が知らせるような、そんな出会いがあるのなら、これを超える出会いがあるのなら、今度は絶対に怯まない、負けない。

嘘をつかないだけでは足りないのだ。ラベルを剥がしレッテルを捨てるだけでも足りない。

相手のなかにあるそれを粉砕し、そのうえで関係に関する物語を打ち捨て、更地になったところからようやく始められるものがある。

相手のそのままを受け入れ抱きしめることだけが表現ではない。境界に腕を突っ込みずぶずぶと膜の内側に身を沈め、本質と表層の違いをねじれを正すように身のエネルギーを使わなければ、お互いを消費するような、否わたしをただ差し出すような関係しか築けないのだ。

ねじれをねじれと知りながら、目を伏せ耳を塞ぎ肌を閉じて関わることに面白さなど何もない。

言葉にしてようやく知る、わたしは今何が悲しくて何が悔しいのかを。

こんな気持ちに支配されてたまるか、負けてたまるかと頬を打つ。失ったものは大きい、でもこれだけの痛みを伴わなければ、覚悟は決まらなかっただろう。

わたしはもう本質的な付き合いしかしたくない。誰かの物語をなぞるほど長くは生きられない。

こんな気持ち二度と味わいたくない。嘘をつかないことにくわえ、感覚を閉じないことを誓う。

書く前よりも少しだけ前に進んだ気がする。絶対に負けない、静かに強く思う。27になる頃にはきっとこの感覚をものにして、コミュニケーションを一新できるはず。前に進もう。

f:id:pidakaparuna:20211008233323j:image

書いたらとっても元気出た。読んでくださってありがとう。

それに書いてやっぱり思うけど、だからといって全部が悪いことじゃなかった、最初から閉じていたわけでもなかった、これ以上傷つきたくないと、悲しい気持ちになる度に少しずつ感覚を殺していったのだと思う。

たのしいことや美しい時間もたくさんあった。それもまた本当のこと。

しばらくは苦しいだろうけれど、きっとお正月にはもっといい思い出になって、おばあちゃんになる頃にはげらげら笑っているでしょう。

決める / these days

あまりにもいろんなことが一度に起きて、出来事一つ一つには意味がないと解釈も意味づけも諦めて

赴くままに仕事をし、赴くままに本を読み漁り、赴くままに動画を見て、赴くままに片付けをし、赴くままに筋トレをし

そしてようやく

決めなければならない、決めるだけだ

と我に返る

なにをというわけでもないのだけれど、また決めないといけなタイミングなのだと、ただそれがわかるだけで

どうして仕事をするのかも、なんでこの金額なのかも、なにの対価でお金をいただいているのかも、どうしてお金が必要なのかも

どうしてこの家なのかも、この家を出たら次どこで暮らすのかも、どういうひとと一緒にいるのかも

ぜんぶそういう、決める、いつもは息を吸って吐くのと同じように、自然に、選択は無意識のなかにあって、行為はさも正当な道のりを経て出てきましたという顔で外側にあって

ときどき、その内側の見えないところでいつもはしているはずの「決める」ということを、わざわざ外側で行わないといけないタイミングがあって

それが今なのだと諦めながら、それが今だということを受け入れようと

するまでもなく

毎日が続いていくので

そのなかで自然に自然に、わたしが「あえて」「わざと」「きちんと」決めたことは、まるでそれが正当な道のりを経てもたらされた答えかのように、おおげさな顔をして、わたしになっていく

仕方がないことが多い

仕方がないことが多いのだ

それは悪いことじゃない、いいことでもないけれど、悪いことでもない

過ぎてしまったことは過ぎてしまったことで、わたしはもうそこにはいられないのだから、どうしようもない事実に身を浸し切って、ようやくまた前を向こうという気になる

自己憐憫もきちんとやりきればいい時間

じぶんが隣にいてやらなければ、あっという間にばらばらになってしまうたくさんの人格、どのひとのなかにもたくさんの人格

「仕事のひとかな」「コミュニティのひとかな」その2つの問いだけぐるぐると頭のまわりに今もあって、わたしたぶんどっちもやってみたいと思うから、どっちもやれるだけやってみて、うまくフィットできたほうへより多くの時間をかけてみようと思うと心のなかでお返事をする

まともに生きられないじぶんのことを、誰かの役に立てるように仕立ててくれるまわりのひとがいなければ、わたしはとっくに、もっとはやく、もっと前にだめになっていたなと、じぶんのことを思う

だからなにというわけではなくそう思う

おわっていく前の当たり前、変わっていく次の当たり前、季節の変わる速度とよく似ている、原付に乗りながら思う、肌にふれる風がもう変わっている、長い季節が終わったこと、今のじぶんはもうよくわかっている

変わっていくことのほうが自然、変わらないものは芯の部分だけ、本質的なものだけは純化してよりよいものになっていく、まわり、外側は変わっていくことのほうが自然

それがまた芯の部分をそだてていく

f:id:pidakaparuna:20200520221506j:plain

ようやく前のお家の片付けを終えた、心が痛くて時間がかかってしまった

お金も無駄にした、次の引っ越しからは心と身体切り分けてサクサク進められるといい

うそかな、これでよかった、必要な速度というのがあるのだと思うから

いい風が吹き抜ける、もうここには戻らない、良い日々だった

決める / these days

あまりにもいろんなことが一度に起きて、出来事一つ一つには意味がないと解釈も意味づけも諦めて

赴くままに仕事をし、赴くままに本を読み漁り、赴くままに動画を見て、赴くままに片付けをし、赴くままに筋トレをし

そしてようやく

決めなければならない、決めるだけだ

と我に返る

なにをというわけでもないのだけれど、また決めないといけないタイミングなのだと、ただそれがわかるだけで

どうして仕事をするのかも、なんでこの金額なのかも、なにの対価でお金をいただいているのかも、どうしてお金が必要なのかも

どうしてこの家なのかも、この家を出たら次どこで暮らすのかも、どういうひとと一緒にいるのかも

ぜんぶそういう、決める、いつもは息を吸って吐くのと同じように、自然に、選択は無意識のなかにあって、行為はさも正当な道のりを経て出てきましたという顔で外側にあって

ときどき、その内側の見えないところでいつもはしているはずの「決める」ということを、わざわざ外側で行わないといけないタイミングがあって

それが今なのだと諦めながら、それが今だということを受け入れようと

するまでもなく

毎日が続いていくので

そのなかで自然に自然に、わたしが「あえて」「わざと」「きちんと」決めたことは、まるでそれが正当な道のりを経てもたらされた答えかのように、おおげさな顔をして、わたしになっていく

仕方がないことが多い

仕方がないことが多いのだ

それは悪いことじゃない、いいことでもないけれど、悪いことでもない

過ぎてしまったことは過ぎてしまったことで、わたしはもうそこにはいられないのだから、どうしようもない事実に身を浸し切って、ようやくまた前を向こうという気になる

自己憐憫もきちんとやりきればいい時間

じぶんが隣にいてやらなければ、あっという間にばらばらになってしまうたくさんの人格、どのひとのなかにもたくさんの人格

「仕事のひとかな、コミュニティのひとかな」その2つの問いだけぐるぐると頭のまわりに今もあって、わたしたぶんどっちもやってみたいと思うから、どっちもやれるだけやってみて、うまくフィットできたほうへより多くの時間をかけてみようと思うと心のなかでお返事をする

まともに生きられないじぶんのことを、誰かの役に立てるように仕立ててくれるまわりのひとがいなければ、わたしはとっくに、もっとはやく、もっと前にだめになっていたなと、じぶんのことを思う

だからなにというわけではなくそう思う

おわっていく前の当たり前、変わっていく次の当たり前、季節の変わる速度とよく似ている、原付に乗りながら思う、肌にふれる風がもう変わっている、長い季節が終わったこと、今のじぶんはもうよくわかっている

変わっていくことのほうが自然、変わらないものは芯の部分だけ、本質的なものだけは純化してよりよいものになっていく、まわり、外側は変わっていくことのほうが自然

それがまた芯の部分をそだてていく

f:id:pidakaparuna:20200520221506j:plain

ようやく前のお家の片付けを終えた、心が痛くて時間がかかってしまった

お金も無駄にした、次の引っ越しからは心と身体切り分けてサクサク進められるといい

うそかな、これでよかった、必要な速度というのがあるのだと思うから

いい風が吹き抜ける、もうここには戻らない、良い日々だった