NOW 500→1000

ひととのご縁 / そのままを受け取り表現する勇気

「声が聞きたいなぁ」とか「顔が見たいなぁ」と思うのは、緩やかな恋の始まりであったり、親しい関係になれる兆しであったりする。

握手をしたときの感覚でフィーリングが合うのか合わないのかがわかるように、食べ物を一緒に食べたときの雰囲気で同じ群れなのかそうではないのかがわかるように。

身体的な感覚と湧き上がる感情は、ひととの関係において信頼に値する羅針盤になる。

f:id:pidakaparuna:20201018140046j:image

昨晩いただいた新しい出会いはチカチカと煌めきを放って、目にも皮膚にも刺激的だった。だんだんと複数の声に酔い最終的に体力が切れて帰る。

帰り道、歩きながら大勢のひととすれ違う。

このひととも、あのひととも、ご縁は結ばれない。

でも、沖縄に来るきっかけになった入試の英語の長文読解の設問で書かれていたように、6人伝えば地球を覆えるネットワークになるのだから、あのひともこのひとも、きっと知り合いの知り合い。

f:id:pidakaparuna:20201018142155j:image

どの繋がりも等しく愛おしいけれど、そのなかでも刺激の多い、一瞬視線を重ねただけで胸がいっぱいになるような、そんなひとが稀に現れる。

人生でもきっとたくさん訪れない出会いだろうと、その度数年持続する気持ちを眺めていると思う。おばあちゃんになっても忘れない気持ちたち。

そして毎回そういうひととの出会いが大きくじぶんを変える。仕事の仕方、生活の仕方、ひととのコミュニケーション、大きな変化を、より愛が溢れる方向へとわたしを導いていく。

f:id:pidakaparuna:20201018141258j:image

そんなひとと出会えたことがまず嬉しいこと、幸せなこと。その感覚がブレるのは今の社会の仕組みやルールを優先したとき。

告白して付き合い、付き合った先に結婚という第一ゴールを、、。交わる方法なんて刷り込まれた恋愛の枠組みに囚われなければ出会いの数だけあるのに。

結婚、だいたい恋に落ちた相手が同性だったときは選択すらできない制度、そんなものに惹かれるとき、わたしの場合はいつもじぶんへの、じぶんの未来への不信がある。

保険として誰かを求める、それもある意味で生き物として健全なこと、でもわたしはわたしにゆるさない。その感覚をピンク色の感情でラッピングすることをゆるさない。

久しぶりにずっと寄り添って生きたひととビデオ通話をしながら、やっぱりそう思った。

f:id:pidakaparuna:20201018142045j:image

誰よりもたくさん一緒に眠り、ご飯を食べて、助手席に座った。あの時代に満たしてもらったおかげで、わたしは今ひとりでいられる。ひとりでご飯を食べてもさみしさを感じない。

わたしの未来の保険をこのひとに課した瞬間、その契約は足かせになってしまう。どこまでも幸せでいてほしいとしか思っていない、家族に近いような、ある意味で家族よりもわたしをよく知っているひとだから、そばに置いておきたい気持ちもある。

だからこそ、やっぱりわたしはよしと思えない。

ふたりが一緒にいることでよりたくさんのものを生み出せたり、お互いのうしろにある家族をもっと幸福にできると思うとき、そうしたいと願ったときに、はじめてその契約はポジティブになる。

子どもを授かったら、その子を一緒に幸せにしようとシンプルに思うかもしれない。

f:id:pidakaparuna:20201018143450j:image

それでも今は、その選択肢を選びたい気持ちはなく、むしろ肩書きや契約ごとではなく「会いたいから会いにきたよ」「声が聞きたいから電話をかけたよ」「喜んでほしくてプレゼントを持ってきたよ」と、まっすぐに愛情を交わしていたい。

本当のことはシンプルで、その真っ直ぐな尊さをすべての約束や義務、責任が邪魔をする。

思うまま、感じるままに愛情を表現して生きていたい。そして、相手のそれもその自由に担保された本当のものだと感じていたい。

湧き上がる気持ちを押し込めれば押し込めるほど、なにかが歪んで、なにかが減っていくから、安心してそれを表現してもらえる相手でありたい。

まだまだ刹那的な感情に振り回されることも多く、鍛錬が必要な面もたくさんあるけど、そんなことを思っているの。

f:id:pidakaparuna:20201018142726j:image

一緒に暮らせるひとと出会えていないからこそ、さみしさを感じる時間が多いからこそ、ふといただくいろんなひとからの愛情に敏感であれる。

それは今にしかない、とても繊細な感覚。

そのやわらかな色合いのやさしさを味わうことは、誰かと一緒に暮らすなかで感じるさみしさの意味を変えてくれると思う。

だから、ポジティブな面もネガティブな面もまるっと今の暮らしは完璧に愛おしいよ。

能動的な行為

こんなに幸せなことあるだろかと、テーブルを囲んでいる仲間のひとたちを、少し身体を後ろに倒しながらゆっくりと感じる。

ひとりひとりのひとをよく知っていると感じる、みんなと出会ったのは人生がよく進んでからなのに。

知らないこともたくさんあるとわかっているのに、わたしはよく知っていると感じ、相手を深いところで信頼していることを感じる。

こんなに幸せなことがあるだろうかと思いながら飲み物を飲み干した。

同じものを分け合って食べたり、おいしいねと感想をシェアしたり、隣で膝や肘をぶつけ合いながら乾杯を繰り返したり。

わたしたちはそうやってどんどん仲良くなる。

一緒にテーブルを囲んだ数だけ、心をひらいて会話を重ねた分だけ、気持ちを込めて名前を呼び合った分だけ。

ひとを信じたり、ひとを愛することは、すべて能動的なものだと思う。

信じると決めて信じ、愛すると決めて愛する。

それは相手の行動に左右されない。

ただ変わらずに相手の存在をじぶんのなかに受け入れ続ける。

それが能動的にひとを信じ愛することなのだと思う。

待つこともそれに似ていると感じる。

相手が口を開くのを待つこと、相手が言葉を終えるのを待つこと。待つのも能動的な行為だ。

受けとることと与えること。

境目が曖昧で入れ替わりも激しいふたつの行為。バランスをとりながらじぶんと相手との間にリズムをつくっていく。

こんなに幸せなことあるかなと、やっぱり考えながらみんなとげらげら笑ってアイスを食べた。

わたしの大切な、みんなのおかげである25の今しか過ごせない時間。今出会えたことに意味があると、今思ってしまうことに意味があると、そしてすべてに意味などないと思い続けて、年を重ねていく。

幸せな夜の数の分だけ、浸ってしまう朝が来て、いただいた愛情をお仕事のなかで循環させる。

f:id:pidakaparuna:20201006121900j:image

大丈夫、大丈夫とじぶんに言いながら。

すべての出会いは完璧で最善。

離れゆく関係もまた、同じように。

じぶんで決めること

昨日つらつらと書いたものを朝になり読み返し、あれもこれも終わってないのにこんなものをシタタメテとじぶんを叱る。

叱ったところでなにも変わらないので、いそいそと着替えて、いくつかたのしい予定を設定しつつ働きに出かける準備を。

数日前のことがずっと昔に思えて、ピアスを選びながらため息。ピン留めくらいしていきたかったと思い返しながら、でもハプニングがあるなんて思わなかったと言い訳しながら。

尊敬している園子さんは「いつ出会いがあってもいいように」と身支度をされて家を出るとお話されていた。だんだんそういう日が増えるといい。まだまだものぐさな癖が抜けない。

f:id:pidakaparuna:20201003115310j:image

「苦しくなったら、苦しくないところまで距離をとればいいよ」とこれまた尊敬している大人の先輩にならって、そろりそろりと後退り。

いつの間にこんなに煩わしいことが増えたんだろうと、見えない網みたいで厄介だと、その網に助けられたり慰められたことも確かにあったはずなのに、ただ強くその網によりかかったじぶんを責める。

責められたじぶんはおろおろと泣くばかりで、そんな様子にさらに苛々としてしまう。

ひとしきり泣いたらスッキリとして、さっきの言葉を思い出した。そうしようとすぐに決め、そろりそろりと後退り。

f:id:pidakaparuna:20201003115335j:image

わたしの人生はわたしが決める、そればかりが腹の底から上がってくる。なぜ?静かに問い返す。何度も何度も深く深く潜り会話を重ねる。

制度や常識や、そういうものだといわれる本当はあってないようなものが瞬間の幸福の邪魔をする。

積み上げていくような幸せ、架空の社会にこれまた架空の正しさに担保された価値観を満たすことによる幸せは、わたしは仕事から得ることができている。

ひととの関係にもそれを求める、言い換えればじぶんとの関係ともいえる、そこから静かに歪みが広がる。

それをひととの関係に当てはめたら、順序が狂う。なぜ?

湧き上がるような、凪いだ心のなかにまっすぐ浮かぶような、上から月の光すっと照らすような。そんな思いや感覚、微細なそれはとても繊細で脆く瞬間のなかでしか呼吸ができず、兆しを逃せばすぐに腐り果ててしまう。

なぜ?

これを大切にすることは誰かを傷つけるだろうか。わたしを傷つけるだろうか。

否、なにも求めずなにも壊さない。

f:id:pidakaparuna:20201003121429j:image

それなのに時折訪れる言い表しのないような心細さ、じぶんの選択を支えるのがじぶんしかいないやるせなさ。それでもそれ以外が錯覚なのだと訴えるじぶんを無視することができない。

小さい頃からのさまざまな出来事、同じように苦しみもがいていた大勢のひと、それらの根っこにはその錯覚があったのではないかと、心の前に契約に重きを置いた、大袈裟に言えば盲目で傲慢な、その心にあったのではないかと思うじぶんを見ないフリができない。

なら仕方ないと腹を括り直す。だって一度しかない日を毎日生きている。「そういうものだ仕方がない」「来るもの拒まず、去る者追わず」あえていうならこれが座右の銘と別々のタイミングで祖父と叔父が似たような言い方で笑ったのを思い出している。

わたしはわたしで生きていくのでと天を仰ぐ。自由と責任はどこまでもセットだね。余すことなく引き受けて、感じて、生きていくことだね。

ひとり / 勇気 / おいしいもの

頼まれていたことがキャンセルになり、結果として久しぶりのお休み。パソコンを開ければ続きができるけれど「降って湧いた感」のあるお休みなので、ふらふらと気圧に煽られるまま眠る。

のそのそと起き上がり、さっき買ったコーヒーと牛乳を混ぜてホッと飲んでいると、ひとりぼっちでいられる気楽さを全身で享受しているじぶんに気づく。

とても自由で、とてもさみしく、とても退屈なのに、なぜか満ちている。

f:id:pidakaparuna:20200912182338j:image

寝る前には大城鶏飯食べたよ。うまかった。

ひとから与えられる幸せというのは、少し勇気を出した先にあるといつも思う。挨拶をする、嬉しかったことを話してみる、電話をかける、手紙を書く、ハグしてみる。

じぶんの枠を飛び越えて、えいや!と行動した先に、ひとと生きる幸せはあるなぁと思う。

「だるいし、めんどくさい。」に占拠されてたグレグレ期はただ単に傷つきたくなかっただけ、失敗して恥ずかしい思いをしたくなかっただけ、と、照れくさくなる。

f:id:pidakaparuna:20200912182502j:image

昨日の仕事もたのしくて、仕事上がりにご馳走になった二杯も完璧に美味しかった。

映画みたいな街で暮らしている。

それは、到底ひとりでは揃えられない幸福なので、やっぱり尊い。

あ。

f:id:pidakaparuna:20200912182418j:image

大城鶏飯はカオマンガイみたいなやつだよ。

新しくお店が開くって嬉しくてウキウキとする。幸せな気持ちになる。

「昨日、あなたのことを考えていた」と、メッセージで言われて、とても嬉しかった。

誰かのなかにわたしがいても、言われるまでは気づかない。当たり前なのにハッとしてしまった。

でも、相手の都合を考えずにそれをぶつけていたら、それも暴力的だもんね。大切なのはバランス?タイミング?

そのメッセージはそっと目の前に差し出されたので全然重たさを感じず、むしろ嬉しかった。

f:id:pidakaparuna:20200912183311j:image

プラスアルファのそれに愛を感じる。

告白とか、別れようだとか、そういう契約ごとが苦手なのは、あの独特の何か切り出される雰囲気が嫌いなのもある。

告げる側は心の準備ができているからずるい。受け手側はリアクションひとつで、そのひとを傷つけたり喜ばせてしまったりする。

そんな勇気を出すより、一回の会話、一回の電話、一回のデートに勇気を出してほしい、勇気を出すじぶんでいたい。そっちのほうがカッコいい。

流れるままにあれるのが、生き物として一番心地よい。変わらないものなんてなにひとつない世界で生きてるのに、それに抗いたくなどない。変わることはこわくない。

お互いの形を受け入れ変容していけることが、喜びそのものだと思っている。

f:id:pidakaparuna:20200912183627j:image

夜ごはん、何食べようかなぁ。

次一緒に暮らすひとは、美味しいものが好きなひとがいいな。のそのそお昼寝から起きたら晩ごはんつくってくれるひとがいい。

そんな甘えたこと言ってるうちはだめかな。わはは。

ひとりで過ごす

吐けるだけ息を吐いて、湯船のなかに顔をつける。飽きたら顔を出して、ぼーっとしながら濡れた手をタオルで拭いて本のページをめくる。

読み終えた本を入り口の外へ放り、栓を抜いて水を流し、頭からシャワーを浴びる。身体を拭いて、頭にタオルを巻いてベッドに座る。

f:id:pidakaparuna:20200906201325j:image

思い出したように黒糖を冷蔵庫からとり、おともに、、とコーヒーと牛乳をカップへ。コーヒーの液体と性質の全く異なる牛乳が少しずつ混じり色が変わるのを眺める。

口の中に先に黒糖をいれ、あとからそれを飲み、うまいなぁとしみじみ感動する。美味しいものが好きだ、美味しいものが好きだ。

f:id:pidakaparuna:20200906201536j:image

昼に食べた鯖缶、先に美味しいと書かれていて笑う。ハードル上げてくるスタイル。

そんなこんなで台風が過ぎていった。

何冊も本を読んで、何冊も漫画を読み、何記事もブログを読み、昼と夜もないまま過ごした。

服を着ないで過ごすと服を着ている窮屈さがよくわかる。

わざわざ窮屈にすることで感覚の範囲を縮め、力を出させる構造なのかもしれない。緩んでいるときに出る力と、縮こまって出る力は少しタイプが違う。緩んでいるときに湧く力は無尽蔵で柔らかい、縮こまっているときに出る力は鋭く短い。

f:id:pidakaparuna:20200906201838j:image

甘いものもジャンキーなパンやラーメンもたくさん食べた。おかげで肌が荒れた。叱ってくれる人がそばにいないと、部屋も肌も荒れるのはまだまだ幼い証拠だとじぶんをじぶんで叱る。

、、、十分にじぶんを甘やかすことで充電した。ずっと送れずにいたメッセージを送る。返ってきたあたたかい言葉にホッと胸をなでおろす。

ありがたい。

ありがたいとしみじみ思った。

大人になってからもう随分時間が経った。

いくつかひどいこともあったけれど概ね良い出会いにばかり恵まれてきた。

ひとりでなんて生きていけないと嘆きながら悲劇のヒロインごっこをやめられなかった10年前。あのとき助けてくれたひとたちからいただいたアドバイスも気づいたら全部できるようになった。

じぶんでじぶんを幸せにすること。

そのためにじぶんの機嫌をとること。

どうしたら機嫌をとれるのか知ること。

そういう類のアドバイスが多かった。

それでも何かきっかけがあると、そしてそれが過去の一番苦手な記憶を刺激するような内容だと、やっぱり気分に影が落ちる。

記憶が追いかけてくる。言葉は呪いのよう、何世代にも渡って積み重なったもの。それでも、業を与えられたということは、それを解き祝いに変える力も与えられているということ。

そう信じている。

だから大丈夫。明日からもまたげんきよく働くぞ!と気合をいれて、また漫画を読む。

今は蟲師を読んでいます。照

蟲師 全10巻 完結セット (アフタヌーンKC)

蟲師 全10巻 完結セット (アフタヌーンKC)

  • 作者:漆原 友紀
  • 発売日: 2011/02/28
  • メディア: コミック