NOW 500→1000

わたしだからできることがある、わたしだからできないことがある

わたしだからできることがある
わたしだからできないことがある

この2つが無数に存在するこの星で、この国で、この地域でこの2つを明確にしていくと、たぶんいろんなことができる

わたしだからできることがある
わたしだからできないことがある

最初にこの考え方に触れたとき、
これは都合の良い言い訳ではないかと思った

わたしだからできないことがある

そのできないことは、
努力を重ねればできることに変わるのでは?
それをしないのは怠慢ではないか
そういう風に考え、苛立つじぶんがいた

その一方で片方の文を直視しないじぶんもいた

わたしだからできる

そんなこと一つも思いつかなかった
当たり前のことを当たり前にできない

小学校や幼稚園の頃から忘れ物は多い
注意力散漫、人の話を落ち着いて聞けない
協調性がない、うんぬんかんぬん

当たり前にみんなと仲良くできる同級生を見ながら、当たり前に人の言うことを守れる同級生を見ながら、いつも、なんだかいじけていた 

ずいぶん変わったなぁと思う

それは10代の精神的に不安定だった
あの頃を支えてくれたひとたちのおかげ

死んでやるー!と思って薬飲んで救急車のったこともあったし(はずかしい)、家出したあと結局マミーにごめんねと会いに行くまで7年かかったし、育て直してくれたおじいちゃんおばあちゃんと大げんかしたり、、、

いや~はずかしい照
でっかいハリセンで張り飛ばしたくなるような10代でした

変われたのは、誰も知り合いのいない沖縄に飛べたことも大きいよね
おじいちゃんおばあちゃん、おじさんたち
みんなからもらった一番のプレゼント、大学進学と、沖縄での暮らし

今年で6年目に入った沖縄での暮らし
2018年は一ヶ月に一回県外に行けているけれど、その度に気づくもんね、沖縄が大好き、この土地が、空気が、ひとが好きなんだよね

今、改めてこの二つの文を見ると、ホッとするんです

わたしだからできることがある
わたしだからできないことがある

これは救いだなと

わたしだからできることってまだまだよくわからないんだけど
ブログで600回くらいしょーもないじぶんの内側を吐露してたら、なんとなく見えてきた、そのままいるだけでいいっぽいと、なんか悩んだり笑ったりしてるだけで、みんなハッピーっぽいと

でね、できないことがあるというのも、救いなんですよね、できないことの分だけ、ひとに助けてもらうことがある

リアルにできないことだらけなので、月末に食費が足りなくなってご飯をごちそうしてもらったり、仕事がうまくいかない!!ってなって相談のってもらったり

なんだかんだでまわっている生活です

できること、できないことをよりはっきりして
ひとに頼りながら、頼られながら生きていく

できることがあって、できないことがある
だから、ひとりぼっちでなんか生きられないし、人生はたのしい

できないことがはっきりしていくたびに、また
できることについてもはっきりわかっていくわけです

長くなっちゃった

そう、だから

わたしだからできることがある
わたしだからできないことがある

その最高さ!を体現しながら、
今日も今日とて、明日も明日とて生きていこう!と思います

10代のじぶんが思っていたようなちゃんとした大人にも、しっかりした大人にもなれていない23歳の今

でも、10代のじぶんは想像もできなかったようなすんごいでっかいハッピーのなか生きている

それがなんだか、なんていうか、ひとつの答えではないかと思うんだよね

何年後なのか何日後なのかは知らないけれど
身体を離れるその日をむかえたときに、ああもう日髙春奈はやりきれたなぁと、良い人生だったなぁと、そういうふうに思いながら、この星を離れられたら、なんだか満足だなって、そういう風に思います

そのためには、やっぱり今のままじゃ嫌だ

生まれてくる子どもたちも
今生きている子どもたちも

その子どもたちの周りにいる大人たちも

この地域だけじゃない、この国だけじゃない

みんなでまるっとハッピーになれるように

まずは今いる地域から
ちょっとずつ、ちょっとずつ

思う未来、思い描いている未来
豊かさを分かち合いすべてが循環する

そういう未来を現実にしていきたいと

そのために、一番小さい社会
じぶんをもっともっと豊かにしていきたいと

そして、今手が届く範囲にいるみなさんのことを、みなさんのなかにあるハッピーさを、もっともっと大きくできるような、磨けるような

そういうじぶんになりたいな

というようなことを考えています

藤村先生のシェアも、それのひとつの部品

夢はでっかく!世界平和で!
そのためにまずじぶんのなかに平和をつくるのだ、えいえいお~

この考え事の土台にあるのは、一番不安定だった時期を支えてくれたあるひとの言葉

「あなたは幸せになるために生まれてきたんだよ」というのと

人間になるための教育をしてくれた叔父からの言葉
「お前はもう大人だ、
 
余裕のあるときに余裕のないやつを助けるのが大人だよ」

そして、大好きなおじいちゃんの言葉
「立派なひとにならなくていい、
 いつだってはるなが幸せになる道を選びなさい
 それだけでいいんだよ」

あと、先輩がくれた「あなたのことを祈ってるよ」とか

世界の枠を広げてくれた心屋ぢんのすけさんの、
「いいから死んでこーい!」とか笑

いろんな言葉や、たくさんのハグで、わたしはできています

読んでくださってありがとう

数日前、八重岳のてっぺんで沖縄の半分をぐるっと見せてくれながら

「ね、世界は広いでしょう。大きいこと描くのが、人生だよ!」

ってエミコさんが教えてくれた

なんだか、ぶわ~~~って溢れてとまらないので一旦文字におこしました

ず〜〜〜っと、

もっともっとちゃんとできたら、
もっと愛されるんでねーか

そういう思いがあったんだよね

ふふ

かわいいよね~

もう、いいんだよねー

ちゃんとできないことはできないけど

できるようにしたいことは頑張りながら

心が動いて仕方がない方向に、一歩一歩!

まあ活動自体は泥臭いし、ひとつひとつかっこ悪いこともあるけど

地道にやっていきましょう

わっしょーい!

f:id:pidakaparuna:20180719182604j:plain