NOW 500→1000

「レディになりましたね」と言われたくて

久しぶりに会う前はいつも少しドキドキする

このドキドキは、ドキドキというよりもソワソワといった感じで、前はどのように話していたかとか、そういうつまらないことを気にして

、、、いるようないないような

そのときどきに好きになる新しいひとに会いにいくときは、見栄を張りたくて、眉毛をかいてみたり、口紅を塗ってみたりする

東京に行ったりわ愛知に帰るときも、おばあちゃんに「レディになりましたね」と言われるのが好きで、綺麗な格好をしていく

でも、大学一年生の夏から、ずーっと一緒にいるこれから会いに行く人は、不思議かな、背伸びをしたい気持ちにならない

対して褒めてくれないというのもある

まだ、外見について褒めてくれる先輩とお出かけするときのほうが気を遣うかもしれない、褒められたいから

たずねれば、かわいいねとか、綺麗だねとか、ふつうだねとか、まあまあだねとか答えてくれる

でも今バスに揺られながら、少し寝癖ののこっているじぶんの姿をバスの窓越しに眺めていると、ふとわかったような気がした

彼の外見に対するスタンスは、わたしのわたしの外見に対するスタンスと同じなのだ

改めてたずねられれば、よくよく眺め直して、綺麗だねとか、ここがおしいねとか、言葉を返す

ときどき、お!と思うときや、あらま、、、と思うときもある

でも、とりたてて、普段からエネルギーをかけたい分野ではない

着心地がよく気に入ったものを着ているほうが大切だ

だけれども最近、もう少し、美しくなりたいなぁと、よくよく思う

でも、それは外見だけということではなく、覇気みたいなもの、生きているハツラツさみたいなもの、そういうものを纏いたいなぁ、という思いである

なので、時間はかかる気配はあるけれど、ゆっくりゆっくり、じぶんの内側と外側を、もっともっと磨いていけるといい

そのままである、の、そのままの底上げをしたい

とりあえずの目標は、お盆に帰るときにおばあちゃんに「一段とレディになりましたね」と言わせることだ

レディになりたいかは別として、おばあちゃんの言う「レディ」には、さまざまな褒め言葉が詰まっているように感じるから

レディのまま、あぐらをかいて
レディのまま、挨拶がわりにハグをして

「レディになりましたね」が嬉しいのはたぶん

道に迷って途方にくれてたあの頃のじぶんからずいぶんと変われたね、と褒められているような気がするからだね

f:id:pidakaparuna:20180616190811j:image