NOW 500→1000

(とっちらかった)色とりどりな関係

久しぶりに同じ年のひとたち4人でテーブルを囲む。
近況をシェアし、悩みをひらいて、見せ合う。
お互いの言葉がぴたりとはまり、次の段階へと進む。

働き方、パートナーシップ、好きってなに。
性欲、所有欲、オープンハートな関係って。

話は尽きず、オムライス、チキン、休憩挟んで、ケーキタイム。

じぶんの奥底にある原体験。
同じ”弱者”としての体験をしたことを受け止める。

どうしてひとを好きになるんだろう。
好きとパートナーシップは別だ。

いくつものヒントがテーブルのうえに散らばって、
やがて、それらは収斂し、じぶんの思考がまとまっていく。

誤解されることを恐れずに、ゆっくりと考え事を口に出す。
口の外、音として発されたそれは漂い、相手の皮膚へ届く。
相手のそれが心まで染み込み、その情報をしっかり味わう。

見てる景色も、感じてることも、取り組んでいることも違う。
でも、目指す未来、描いている図が同じなともだち。

わたしが”何”を成し遂げるかではなく、どう在るか。
その在り方によって、繋がることができるひとたち。

あり乾杯!
と、夜空に向かってさけびたくなる。

らぶゆー!
と、すべてのひとにハグしたくなる。

あなたにも、ついでにあなたにも、投げキッス。

もはやテロだなと、ツッコミをいれつつ。

色とりどりな関係が愛おしい。
「みんな違ってみんないい」なんて、言葉だけならくそくらえ。
大切なのは、それを体感することだ。
体感し、シェアし合い、制度に落とし込むことだ。

埋められないギャップに向かって「やっほーい」と叫ぶ。
やっほーと声が返ってくることはなくても、叫ぶだけで楽しい。

どっちが先に折れるかの大勝負。
どっちがどっちだすったもんだの大勝負。

大きく腕をまくったならば、いっせーのせで負けましょう。
いっせーのせができないなら、フライングでわたしの負けに。

力を抜いて、輪になって。
ステップきざめば、ダンスが始まる。

頬を引きつらせて笑うよりも、笑えない顔のまま口角をあげて。
きっと半年後には答えが出てるから。

安心してこのまま進もう。
今日はもう疲れちゃったから眠ろう、続きは明日。

はだかで布団にくるまれば、たいていのことは夢の外。
大切なことだけ体の中に、そっと置いて。

意味のない文、意味のない考え事、利益を生み出せないわたし。
でも、そんな今のじぶんを、いいねというひともいる。

今のまま生きよう。
勝手にもっとすごくなる。

今のまま生きよう。
誰のための成長?なんのための成長?

今のまま生きよう。
愛をくれるひとに愛をあげよう。
愛をくれないひともついでにハグしてあげよう。

今のまま生きていこう。
今日も大変豊かな一日でした。

よく失敗をし、よく恋をし、よくハグをし、よく食べた一日でした。

もっともっと裸で生きよう。

f:id:pidakaparuna:20171126152806j:plain