NOW 500→1000

カラーセラピー再開のお知らせ

新しいことを始めることにした。「自動販売機」である。売るのは缶ジュースではなく、缶に文章を詰めて売る。どこかに置くのではなく、noteを使って。

100円とか、200円とか、ふらっと小銭で買えるようなものを。少し小腹を満たすような感覚で読めるものを。

じぶんの文章が好きだとは、まだ思っていなくて。じぶんの文章が素敵だともまだ思えていない。でも、書くことが好きだなぁと思う。ただただ書くことが、言葉や感情や、さっきまで形を持っていなかったものが、形を持つ瞬間が、その重たさに触れる瞬間が好きだ。
その「好き」を応援してもらいながら書くことにチャレンジしようと思った。もっと良くしたいという意欲は、このブログだけでは生まれない。もっと良くしたい。そのモチベーションをつくりたい。

思ったことや考えたことを文章にするとき、自動書記のように、まず書いてしまう。書き起こしの仕事の感覚と似ている。浮かんだものをそのまま書く。「よし、書こう」と思って書く文章は一つもないし、だいたいは気づいたら指のほうが先に動いていて、読みながら、口から音をだし、なぞるように理解する。

最近は誰かに伝えたくて書くことのほうが少ない。むしろ意識的に「誰か」が浮かぶときは、書いて発信してしまうことが代替行為のように思えて、なるべくしないように心がけてるくらい。

思ってることも、考えてることも、コミュニケーションをとりたい相手がいるなら、その相手にちゃんとボールを投げるほうが健康的だから。でも、「誰か」がまだ見えなくて、かつ身体の外に、思いや考えや感じたことを出したいとき、出してしまいたいという衝動にかられるとき、そこにあるのはひとつの営みのようなものだと思う。

「わたし」というのが生きていくためには、こうやってアウトプットすることが必要で、それこそ、書けない時期が続くと腸閉塞みたいだ、と思う。腸閉塞になったことはないんだけれども。

昨日の夜、テレビのなかでモーガン・フリーマンが言った。
「この宇宙のほとんどは「無」なのです。」
手のひらの上の砂糖の粒の結晶が原子核だとしたら、テニスコート半分くらいの距離の位置に原子があって、その原子と原子核までの間には何もないそうだ。

そして、そのすかすかを瞬間瞬間ただ通り過ぎるものがある。それがダークマターと呼ばれる物質で、いろんな国が、たくさんのお金をかけて、そんなダークマターを観測しようとしているらしい。
どんなになんの作用も引き起こさずに通り過ぎるものでも、きっとちょっとぐらいは影響を起こしているはず、という仮説。ダークマターが観測できるかできないかはどちらでもいい。けれど、そのすかすかを通り過ぎる何か、というのは体感できる。そして、微細であるけれどもそれに対して微弱に反応してるのも。

noteに書く文章は、ある意味でダークマターっぽく。読んだ人に何も起こさない、でも、読む前とは何かがちょっと。ちょっとだけ異なっている、そんなキブンをプレゼントしたい。

ブログは、あと480記事ちょっと。今まで通り、誰かとのコミュニケーションツールとして。キャッチボール前の壁打ちとして。ダークマターというよりも水みたいな。染み込んでしまったら、しめしめもの。

カラーセラピーのお仕事を再開するので、きになっちゃったら、会いに来てもらえたらいいなと思う。一ヶ月3名限定で、1回90分、22歳の間は5000円。
23歳になったタイミングで10000円。つまつまつまり、3月25日までは5000円!(お得)

今まで体験してくださった80名のお客さまのおかげで、いろいろなノウハウも蓄積したし、週5でセラピーしてた9月から、4ヶ月休んだことで、エネルギーも元通り以上だ。

f:id:pidakaparuna:20170410211300j:plain
お申込みは、facebookメッセージ、もしくは下記URLから。
沖縄県内の方以外はカラーセラピーではなくカウンセリングのみ、スカイプで行えるように整えてあります。

お申し込み

カタカムナの姓名判断と、マヤ暦の簡単な誕生日診断は、2000円で、ご自宅郵送。
そのときに思いついた言葉のプレゼント付き。

(ぴったりだと定評あり。)
(手帳に貼り付けてくれてるお客さまも!)

こちらもURLから、facebookからお申込みいただけます。

もちろん、カラーセラピー&カウンセリングにはすでに込み込み。

わたしのカウンセリングもカラーセラピーも、ただただわたしを通して、ご自分と向き合ってもらう時間。じぶんをもっと知りたいなとか、じぶんをもっと大切にしたいなとか、こっちいきたいけどどうかなとか、そういう考え事をしてるお客さまに好評です。

ゆたしくど~ぞ。
びっくらぶ!