NOW 500→1000

言いたいことは、言いたい相手に。

言いたいことは、言いたい相手に。

伝えたい言葉は、伝えたいひとの耳に。

誰かに必死で訴えてるそれは、これは、本当は誰に言いたいこと?と。

ときどきじぶんに聞いてみたりする。

 

画面の先にほんとのことなどないのだ、と思う。

手に触れる草の感触、あたまのうえで揺れている木々の音。

ゆっくりと近づいてくる小さな鷲が枝にそっと止まる音。

陽の光をからだいっぱいに感じる心地よさ。

そろそろときてはかえる波に、待って待ってと素足をつける。

画面の先にほんとのことはないのだ。

 

ひととひとがぶつかって、新しいものが生まれていく。

こっちの意見、そっちの意見。

まんなかに立つ人はまっすぐに、上と下、右と左を見渡して。

そもそも視野に限りがある。

たったひとりで、ほんとうの意味での中立なんてありえない。

たくさんのひとぶつかりあいながら、筋を通す。

「筋を通す」のが大切なキーワード。

やましいことがあると、ひとは停滞する。

 

言いたいことは、言いたい相手に。

伝えたい言葉は、伝えたいひとの耳に。

誰かに必死で訴えてるそれは、これは、本当は誰に言いたいこと?と。

ときどきじぶんに聞いてみたりする。

 

わたしの伝えたいこと、伝えたい相手にちゃんと伝わるだろうか。

やっぱり画面越しじゃ何もうまく伝わらない。

あれも、これも、それも、伝わっているようで伝わっていない。

 

SNSは自分が持つなかで一番尖ったメディアだよ」

と、お世話になった先生から教わった。

ITに弱いわけではないその先生はSNSはやってない。

わたしもあと数年でやめるんだろうなと思う。

そこに本当のことなどなにもない。

あるのは「みんな」と錯覚しがちな、数百人、数千人の繋がりだ。

小さな喜びや、びっくりするような嬉しさも、ときどき連れてきてくれるけど。

だいたいはいらないストレスと、承認欲求に水をくれるだけ。

 

言いたいことは、言いたい相手に。

伝えたい言葉は、伝えたいひとの耳に。

誰かに必死で訴えてるそれは、これは、本当は誰に言いたいこと?と。

ときどきじぶんに聞いてみたりする。

 

誰かや何かをほんとうに好きだと思うけど、今ある言葉じゃ説明できない。

会って抱きしめてしまえば、なんとなく伝わるような感じがあるけど、たいてい会えない。

会いたいなぁと思って歩きながら、少し口に出す。会いたいなぁ。

会って何をしたいというわけでもないのだけれど。

 

f:id:pidakaparuna:20180207165639j:plain