「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

「大人」になり終えて

言いようのない感情が湧いてきて、しんどさこみ上げ、どうしようもなくなった。

今のわたしがやっていること全部の意味がないように感じられる瞬間はときどきやってきては、前に進もうという気力を全部うばっていく。

でもその度に拾い上げてくれる人がいる。今日もそうだった。

「次の扉の前にいるんだね」という内容のことを言葉でくれた。「あなたの発信がなかったらそのイベント自体を知らなかった」と声をかけてくれた。

言葉が染み込みきったあと、わたしはとっても元気になった。ひとりでは生きてなんかいけないと思った。

今だって、今までだって、これからだって、生きていけないと思った。

そんなことを思い返しながらさっき書いた-「だいすき」の前にひれ伏す-を読んでいた。

その記事のしたにおすすめでこれがでた、いつもはそんなに読まないのに、なんでか気になって開いて読んだ。

www.pidakaparuna.space

 247日前の自分が書いた文章は、無駄な改行が多くて、今の自分とずいぶん違うことで悩んでいて、それはそれは愛おしかった。

未来の自分に向かって叫びながら、過去の自分を抱きしめるわたしを眺めて、力が抜けた。

もう、いいのだ。頑張らなくて。もういいのだ、やれないことはやらなくて。もういいのだ、やれないことをやれることにするためにもがかなくて。

「そのまま生きていってください、やりたくないことはなるべくやらずに、そのまま自由に生きていってください」、今日初めて出会えた素敵な男のひとにそう言われた。

声が深く響くひとだった。愛のある抱きしめ方をするひとだった。一瞬のハグですべてのありがとうの想いを伝えた。

やっと出会えた、そう感じる人達とのはじめての再会。

自分のことを名前で呼ぶのは今日で最後だ、そう思いながら10歳離れた友だちと沈んでいく陽の光が照らしていた雲の切れ目を眺めた。

わたし、和多志。まっすぐそのまま進んでいこうと思う。自ら分かれ、ここにいる。次の段階に入った、「がんばろう」に逃げず、やりたいことをやりぬいて。

 

だから、今日も必死で、明日も必死で、それでいい いつか必ず死ぬのだから それでいい 生きのこさないように、生きればいい 大人になるっていうのはいいもんだ

大人になったってさみしいし、つらいこともあるけど 自分の責任で生きていくっていうのは、いいもんだなぁ、と思う

「大人になる」と決める。 - 0→1000