「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

言い訳、おしまい!

 

アメナルミチの言い出しっぺのひとと、子どもたちと、ラーメンを食べて、海でテオ・ヤンセンの作ったビーストが歩く様子を見て、働いてるカフェでおやつタイムをして、今、別れたところ。

 

他の仕事もあるのだけれど、今考えてること感じたことは今のうちにと思って、書き始めちゃった。

 

愛知から帰って来て、まだ4日しか経っていないとは思えないほど、いろんな仕事をが~っと抱え込んで、カオナシみたいにたくわえこんで、働いて働いて、何も考える隙間もない時間を過ごしてた。

 

そんななか、明日ビーストみにいこという、言い出しっぺの一言で、よし行こうと思い。

なんだかその約束だけでもやや元気がでながら、2時まで働いて、帰って来てからも5時まで働いて、パートナーのそばで少し眠り、朝また起きて少し働いた。

 

そんな暮らしから一転、子どもたちはいつもどおりで、ご機嫌かと思えば、ぐずぐずぐずぐずしたり、泣いたり、笑ったり、いそがしい。

その様子にもみくちゃにされながら、こちらの内面など御構い無しに甘えてくれるその様子に、なんだか勝手に力が抜けた。

 

子どもを崇拝する気持ちは自分のなかにないし、ひとりの人間だなと思いながら付き合っているけれど、その甘えてくる様子に、こう、なんか、ちょっと年上の人間として、頑張ろうって思える何かがあるよなぁって思う。

 

海のそば砂浜で、2歳の子どもとただ岩と岩との間をぴょんぴょん飛ぶ遊びをやって、勝った負けたのルールも曖昧な中、お互いに相手よりもたのしく遊んだ。

 

そんな時間のなかでやっと自分の気持ちに気づく。

 

ただこわかったんだなぁと、改めて握りしめたものを広げて見つめる。

 

ただこわかったんだなぁ。

これからどんな風に今ある家族の形が、在り方が変わっていくのか、変化しても、自信を持って歩いていけるとは到底思えなくて。

でも、このまま一人のパートナーにべったりと生活を重ねていって、もし沖縄を出たとして、やっぱりそれで何がのこるというんだろうと、なんかその堂々巡りのなかにいて。

 

そんな自分の感情の中に溺れてるから、「やりたいことやってね」というどの職場でも言ってもらうその「やりたいこと」が、浮き輪でわなく重しのようで。

 

「やりたいこと」なんて出てこない、というのが正直なところだった。

また心がスカスカとして、なんだか自分が頼りなく。

 

そんな自分とまた向き合うのがいやで、目をそらすために一生懸命頑張って働いて。

 

だけどやっぱり誤魔化せないなぁと思っていた次の日に、こうやって気づかせてもらう時間をもらった。

 

こうやって、いろんなひとと、まるで家族みたいに近い距離で生きていけたらいいなというのが、等身大の、今の自分の一番のやりたいことだ。

今近くにいるちっこい子どもたちが大きくなるのを見ていたいし、自分もそこに混じっていたい。

 

どんな暮らし方が楽しいのか、いろんな知識を身につけながら、体験しながら、その暮らしを実践していきたい。

 

それが「今」やりたいことで、それがお金につながるかも、5年後10年後どうなるかもわからないけれど、それでも、やっぱりそれがやりたいことだ。

 

さみしくても、めんどくさくても、あんまさいが溢れてても、やっぱりそれがやってみたいことだ。

 

涙をぽろぽろ流しながら、ほんとになんでやってるんだろうって思うって、でもやめたくないって話す姿を見て、やっぱりこのひとのそばにいたいなぁと思う自分がいる。

 

もう、年齢を言い訳にしない。

みていない人生の景色を言い訳にしない。

もう、今までの経験を言い訳にしない。

誰のせいにもしない。

 

やってみよう、一歩一歩。手がとどくところから変えてみよう。

 

もう、言い訳しない。

 

ありがとうって、いろんなひとに思って、いろんな場所に思って。

なんども右往左往して、進んだり戻ったりする自分をかるく笑って。

 

また、すすも!

 

f:id:pidakaparuna:20171126152806j:plain