読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる




「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

くもりだ。

 

なんだかすごくくたびれてしまって、布団の中にはだかんぼのままでうずくまる。

 

なんだかすごくくたびれてしまった。

 

こういう曇りのときは、わからないことが多い方がいいと思う。

 

感じていることが全部勘違いなら、わからないほうがいいなーと思う。

せめて、感じたことを「ただ感じている」と謙虚に受け止められる人間性が欲しいと思う。

 

そういう人間性が持てない自分を責めている自分に気づく。

 

でも、それは別にわるいことじゃない。

あかるいとき、くらいとき、どちらもあるからいいとも思う。

 

くらいとき、このあとあかるくなる自分を想像して少し笑ってしまう。

 

こういうとき、くもりのときは、心が、身体がすかすかとしてしまう。

まだ小さかった頃、背の高さまである曇りガラスの窓の外を見ながら、雨だなぁと思っていたのを思い出す。

 

思い出した後に、なんだかすごく大人になったなーと感慨深くなる。

 

そしてまたくたびれて眠る。

 

こういうの「センチメンタル」というんだろうな、とひっひっひっと笑ってしまう。

おかしくて笑ってしまう。

 

こんな文章をブログにしちゃって公開しちゃって後悔も特にしない自分も笑ってしまう。

 

昨日は、ホリエモンの本を読んでた。

「言い訳してんじゃねーよばーか」

みたいなことが主に書いてあった。

 

ほいで、大事だなぁと思ったのは「バカとプライドないやつが一番すごい」みたいな言葉だった。

(まあまた今度ちゃんと記事にまとめてみる。)

 

そりゃそーだ、と思う。

 

バカとプライドないを合わせると素直になるんじゃーないかな。

素直には「なるぞ!」と決めてなるんだよね。

 

だから、バカと素直さはいっぱいある。

ああでも、ちょっとプライドは腐っちゃってるから、なんか、こうこの曇りが早く終わって、しゃんと雨に洗われて、しゃきっと新しいプライドになれたらいいな。

 

はだかんぼのままお布団のなかにいると、少しだけ、少しだけいつもよりももっとすなおになる。

 

いつもの「素直さ」というのは、選んでそういう状態にいる。

 

少しだけ、えいや!と意気込んで素直になっている。

(言い換えれば、あざといし、計算づくだし、天真爛漫ぶっている、のだと思う。)

(だからわたしは別によくいわれるような天然ではない、よくいわれるけど、すっとこどっこいなだけだ。)

 

こうやってお布団のなかにいる間は、悔しさも、切なさも、しんどさも、悲しみも、寂しさも、不安も、期待も、妄想も、明るさも、面白さも、楽しさも、喜びも、全部がまざって、優しい色の自分になる。

 

その自分を責めちゃうときもあるけど、ひとりでこうやっている間は、別に責めない。

誰か、特にわたしの周りには、わたしよりもすごいひとしかいないので、ひとと会っている時、わたしはどこか自分を責めている。

 

でも、まあ、だいぶそういうの減ったな~と思うけどね。

みんながいっぱいの褒め言葉をくれるおかげかもしれない。

 

もちろん、ひとといる間ず~っと自分のこと責めてるわけでもない。

だいたいはすごくたのしいと思ってる、本当だよ。

 

そう、ひとと共有する時間も宝物だ。

昨日もいっぱい遊んだ。

かくれんぼも、片足立ちも、筋トレ対決も、ビールも、ワインも、帰り際のハグもとても宝物だ。

(大人も子どももごちゃごちゃとしている空間って居心地がいい。)

(たぶん、ルールらしいルールがないからかもしれない。)

 

ひとと共有する時間と同じように、ひとりでいられる時間もやっぱりきらきらとしている。

 

あの賑やかな色合いの輝きではないけれど、ひとりでいられる時間ってありがたい。

 

誰とも会話せず、くもりだなぁと思いながら、ウクレレぽろぽろ弾きながら、くもりだなーと思う。

そういう時間はありがたい。

 

こういうときにちょっとだけホッとする。

 

話して話して話して、考えて考えて考えて、動いて動いて動いて。

その毎日のなかでくたびれた自分と出会うとホッとする。

 

それはなんていうか、生きてるね、という確認作業みたいなものだと思う。

 

あかるいとき、くらいとき、どちらもあるからわたしらしくいられる。

気弱になる自分も好きだ。

気が強い自分も好きだ。

 

そんな自分を「かわいいね」と言ってくれる人たちが好きだ。

 

好きな人たちのなかで生きていくことを選ぼうとしている。

それは逃げかなと迷ってる自分もいる。

 

だけど、でも、そうじゃない気がする。

 

このなが~い雨が終わったら、答えがよく見えるかもしれないなぁ、と思う。

 

そんなことをぼんやり、ゆっくり考えながら、雨のにおいをかぎながら、ふわふわのお布団にくるまってはだかんぼで眠る。

 

来年の誕生日、23歳だけれども、そのときわたしはたぶん、今のわたしの悩み事をまるっと包み込んで大笑いしてる。

 

大丈夫だよと頭を撫でている。

 

そういうもんだ。

起きたら、水を飲んで、考え事を整理して、ウクレレ練習しよう。

明日はサトウキビを収穫して黒砂糖にする日だ、たのしみだ。

 

f:id:pidakaparuna:20170520193747j:plain

 

読んだ本たちメモーホリエモン

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

 
好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)

好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)

 
ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 

 

 つい買っちゃった本メモ

ハリネズミの願い

ハリネズミの願い

 
うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち