読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる




「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

nugeに代表はいないよ、みんな同じ位置にいるよ。


nuge

ぬげ、でもいいらしいよ、ぬーじと呼んでいます。

ぬーじをね、作ってくれたのは萌子さんと健人さんです

「セクシュアルマイノリティーとかとかのことについて話す場がほしいなと思ったのがきっかけ」と言っていたような気がしますし、それは記憶違いかもしれません。


nugeはサークルではありません。
「コミュニティ」と称されます。


自由に話します。

自由に議論もします。

自由にスピーチもします。

自由に聴衆にもなります。

自由に、自由に、自由に。


お互いを尊重しています。

嘘ではなく、尊重です。


参加資格なんていりません。

ライセンスもないし、会員カードもないし、会員名簿もないし、なんならグループLINEもありません。


こないだ健人さんが東京へ出発された際にお別れ会をしました。
そのときに書いたブログはこれ。

www.pidakaparuna.space

 


今日ね、もうひとりの作ってくれたひとの萌子さんとぬーじについて話をたくさんしたよ。

あついあつい企業がちゆんのしゅんさんと、大好きな友りょうぽんも一緒に。

 

ぬーじがね、好きです。


そして今はぬーじのなかで「ストーリーづくり」というプログラムができないかとわちゃわちゃやってます。

それもすんごくいいもの。


でもね、今日書き残しておきたいのは、萌子さんが言っていた言葉。


「私は代表じゃない」という言葉の意味。


私はすぐ忘れてしまうので、そしてすぐに移り変わるので、とりあえず書き留めておこうと思って。


ずっとね、萌子さんと健人さんが「代表」と思って、その二人が作ってくれるnugeという場に、自分は参加している、と思ってた。

でも、それが覆されたのが、というかnugeの懐の深さ、真髄、そのものの良さに立ち返ったのが、思い知ったのが今日でした。


萌子さんの話はね、まとめると、「私は代表じゃなくて、あくまで運営をしてるひと。運営をするのは誰でもいい。とりあえず今は私がしてる。私も一人の参加者、nugeという場に参加しているひと、みんなと何も変わらない。」そう言ってたような気がします。

(確認とってないからさ、違うかも)


で、加えてくれたのが「みんながnugeをつかって好きなことをやってくれたらいいな」という言葉。

そして、でも、萌子さんも沖縄を離れたらnugeは活動できなくなると思うんだ、萌子さんの存在は大きいから、といった私に「あたしやめるっていってない笑、抜けるつもりもないし、そもそもやめるとか抜けるっていう概念がnugeにはないよ」と言って笑ってました。


ああ、そっか。

って感じだったんだ。


今までのコミュニティには「所属」が不可欠で、自己紹介するときも「どこどこのまるまるです」って言い方をず~っと疑問符を打たずにやってきた。


でも、そうじゃないんだよね。


ひとりひとりの人生が交差する場所、重なりあう場所、出会えたところ。

それがnugeという場所なんだよなぁと、解釈を改めてしました。

 

セクシュアルマイノリティーについての考え事は別の記事で。


萌子さんありがとう。


みんながnugeを利用する。


nugeがきらきらしています、気持ちのなかで。

nugeという大きい大きい大きい湖みたいなとこで、ぴちゃぴちゃとみんなであそびながら、気持ちのよさを世の中に浸透させていけたら、すごい楽しいなぁ。


ってことで、いろいろやってみよ、と思います。


まずはそのストーリー作りね。

次はラジオでしょ。

それから動画かな?

またまた勉強会もしたいし。


むふふふふふ。


幸せもんだ~。

 

twitter.com

 

facebookページもあるよ!

https://www.facebook.com/nuge.okinawa/

 

あ~幸せだ。

f:id:pidakaparuna:20170306001027j:plain