「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

今、できる範囲で自分を大切にしていくことの重要性。


やりたいことをやっていると、なぜかやれないと思っていたことがするするとやれるように。


不思議・・・


でもないですね。


たぶん本当にエネルギーというものはあって、そして、そこには限りがあるんだと思います。


やりたくないことをやるときと、やりたいことをやるとき、たとえその作業量が同じくらいだったとしても、使うエネルギー量というか必要になるエネルギー量が違う。

誰もが体感しているのではないでしょうか
たぶんね。


それは何でわかるんだろう?
やりたいことと、やりたくないこと、本当にやりたいことと、やりたいことにしちゃってること。
それらの違いはどうやったらわかるんだろうと最近いつも考えていました。

たとえば「時間」はヒントになりそうですよね。


楽しいとき、夢中なとき、過ぎる時間はあっという間で「もうこんな時間か」現象がそこに起きています。

ああでも、「あれ?まだこんな時間か」現象も、特に集中しているときなどありますね。

どっちもある~~

つらいとき、やりたくないとき、うだうだしているとき、すぎる時間はすごく長いような気がするし、でもやっぱり「だらだらしてる時間はあっという間だなー」とも思います。

時間の長さではわからないのかな。


じゃあなにでわかるんだろ。

そこでたどりついたのが「体感」でした。


やりたいことをやってるとき、体の奥底のほうからぐわわわわと何かが上がってくる。それはおなかをあたため胸を熱くし、のどのなかを走りながら頬に抜け、外に出た後に頭のなかをぐるぐるとして、最後頭のてっぺんから、すーっと抜けていきます。

心なしか背筋もしゃんと伸びるし、顔もキリッと締まるような、いつもより美人なような、そんなイメージです。

とてもわかりやすいし、「ああ、好きだ」に体が揺らされてとても気持ちいい瞬間。


では、反対に、やりたくないことはどうかというと。

まず体が少し丸まります。顎が下がり、喉から何かが下りて、すぐに一番下、おなかやもっと底のほうがぎゅーーーーっと縮み、それにつられるかのように顔が歪み、気づくと涙が出ています。

少し、赤ちゃんが泣く前の一瞬に似ているようなイメージです。突然なくのではなく、ああいやだが固まって泣く。

そして、この「いやだ」は体から抜けてくれません、体の中にたまっていきます。


だから、ずーーーっとやりたくないことをやっていると、ある日突然「もう何もできない」と布団から出られなくなるわけです。


ここまでで「やりたいことをやっているとき」「やりたくないことをやっているとき」の自分の状態の差についてはわかりました。
(これはたぶん人それぞれ違うのかな?)


じゃあ最初に書いた「やりたいことやってるとやりたくないことがすーっとできる現象」というのは一体何なんだろうというところに戻すと、やっぱりエネルギー量だと思うんですよね。


やりたいことをやっているときって、何かが湧いてくる、それに突き動かされるように物事に取り組める。
それってやっぱり「エネルギー」気力のようなもの、それが尽きることなくずっと供給される状態。

でも、やりたくないことをやってるとき、エネルギーは内向きにとどまって、しかも腐っていく。

つまり、アウトプットができないわけです。


「やらなきゃ」のエネルギーは、「やろう」の動きにはつながらない。
「やらなきゃ」のエネルギーはどこまでいっても自分を責めることにしかならない。


だから、やりたいことをやらないと。

やりたいことをやっているとき、湧いてくるエネルギーは尽きない。そのエネルギーのなかにいるときに一種の間のようなものができる。

その間のなかで「つい」パッと身体が動く瞬間があります、その瞬間にやりたくないことをやってしまえばいい。


ということで昨日ひとつめの不動産の契約という大きいところが終わりました。

ずっとやりたくなかったのに、です。
不思議だ~。


というわけで、エネルギーというのは大事だな、と。

昨日のカラーセラピーのお客さんにも伝えたけれど、日常の中にある小さなところからそのエネルギーっていうのは増えたり減ったりする。

自分を大切にする、それは自分のなかにある「やりたい」を大切にすること。

食べたい、飲みたい、出かけたい。
あのお仕事がしたい、こっちのお仕事がしたい。

その声を大事にすること。

 

まだまだ練習中です。


どんどんぐるぐるとエネルギー回しながら増やしながら生きていくんだろうなぁーとそんなことを思っています。

 

今の生活の中で、できる範囲で自分を大切にしていく。

その繰り返しの先に本当に「やりたいことだけして生きていくのはできるよ」という言葉が待っているような気がしていて、ちょびっとわくわくです。

カラーセラピーなどのご予約はこちらから!クービック予約システムから予約する