読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる




「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

「おばさん」と「おねえさん」の違い

 

わたしは、おばさんだろうか

おねえさんだろうか

何歳から女性はおばさんというものになるのか

 

そもそも、「おじさん」には侮蔑的な意味がない

あ、自分の中でのおばさんはハッキリと嫌な感じを伴っている言葉


「おじさん」には興味がない
興味がない言葉のぺらぺらさといったらない


おばさんには、もしかしたらなってしまうかもしえないという危機感が含まれるので身近な言葉として興味津々


まあ極論「おじさん」でも「おばさん」でもこれから書くことの意味は同じです


(おばさんって言葉が嫌な感じなのは、若い女性こそという異性の視点がある、というようなセクシュアリティーだとか社会的な話は横に置いておいて)


今回の一泊二日の東京旅行、特にぢんさんの武道館が終わって心屋cafeも終わってから、ひとりで空港に向かう→沖縄のおうちに帰ってくるまでの間に、やたら意地悪なおばさんに遭遇しました

やたらは盛ったや

ふたり!笑


まず一人目のおばさん

成田エクスプレスで、なぜか別車両側の入口から入ってきて、ぐいぐいと人を押しのけその車両の入口へと逆流するおばさん

なんで譲らなかんのだと思ってそのまま自分の席に向かおうとしたら「先に通してもらっていいですか?」と言われてびっくりしてしまった


な、なぜ・・・・・

あなたは・・・逆流してるのに・・・・


まあでもいっかと思って、直接言えないまま、ややイライラしたままそのおばさんとはさよなら


二人目のおばさん

ゆいれーるに乗ったところで、うしろからバックでどーん

私の携帯が手から離れて、あっって言って拾おうとしたら足でガッと

振り返って一瞥くれてから座っていかれました


ほほう


あ、、、空港で三人目のおばさんもいたけど、、、、まあこれは、、、国の文化の違いかもしれないからいいや

 

じゃなくて!

愚痴りたかったわけじゃなくて!

 

同じ年齢でも、というか言ってしまえば20代でも十分「おばさん」なひとはいる、と思うという話が書きたかった

そして50代でも「おねえさん」なひともいると!


さっきの記事に登場するいかりんがまさにおねえさん

www.pidakaparuna.space

 

いかりんは嬉しそうに50代っていう!

いかりんだけじゃなく、いつも一緒にいてこんなに楽ちんなひといないわ大好き本当に出会えてよかったなと思っているやよいさんとか、ゆっきーとか、福岡の母である素敵なまこまこさんとか


とにかくね


自分らしく楽しく生きているひとは輝いている!

キラキラとしている

そして、その年齢を恥ずかしがっている感じがしない

っていうか年齢に関して恥ずかしがる必要ってない

最初に割愛するって書いたけど、若いほうに価値があるというのを作り出しているのはメディアであって、それを受け入れる必要なんて全然ない


私の勝手に尊敬している仕事人のひとは

「そりゃ最初はね、若くて可愛い20代の子とかと遊ぶのも楽しい。でも飽きるよ、ほんとつまんない。それよりも仕事に打ち込んでる30代とか、いろんなこと乗り越えてきて明るく笑う40代とか、もう本当にたまらないよ。超魅力的。やっぱりなんもやってこないで若さに甘えてきたひとっていうのはね、いくつになっても駄目だわ。男もだけど。」

と言ってた


これだと思うんです、これだと


わたしが男のひとだったとしたら
(日高春奈は今のところ性的指向が男性だから、この仮定ね!)

同時に上にあげたような女のひとたちと日高春奈が並んでいたとしたら、もう秒で日高春奈を振ります


絶対付き合うなら上のひとたちがいい


なんでって

楽しそうだから

軽やかだから

素敵だから

「ひとのせい」にしてないから

自分で自分のこと認めてあげられてるから


いろんな理由がありますけれども、秒で浮かぶのはそれくらいです


じゃあ自分に魅力がないと思っているのかというとそうではありません


まだまだ敵わないな、という気持ち


つまり、伸びしろあるぜ!って話


だからなんだろう

年齢にあぐらをかくのではなく、やっぱり綺麗になろうと決めて、美しく生きると決めて、軽やかに生きると決めて、るんるんで生きると決めて


んーなんか違う


今の路線はね、あってる

ひとつひとつ自分の気持ちを見つめて、道を選んで、走ったり歩いたりさまざまだけど進んでいく

その路線はあってる


だからね

なんていうか、まあ一番最初に書き連ねたようなBBAにはならん!という決意表明ではあるだけど

なんていうんだろ


私にそういう未来を見せてくれる、素敵な年齢の重ね方があることを教えてくれるひとたちに出会えてよかったなって思って

沖縄もどってきて眠たくなりつつこれを書いています

時々話しててそりゃジェネレーションギャップみたいなものが転がってたりはするけれど、年齢の話になったときに、この記事に書いたようなことを思ってるのを上手に伝えられなくてもやもやしたりするんだけど

とにかく、みんなのことをおばさんと思ったことはないんだ!と思ってこれを書いていました


大好きなんだもん

まあ知ってると思うけど

 

恥ずかしくなってきた、眠ろう

読んでくださってありがとう

今日の沖縄は白い息が出そうなくらい寒いです
東京もっと寒かったけど

 

大好き!

一緒にいると楽しいことばっかりあるもんね😊

f:id:pidakaparuna:20170210010744j:plain