「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

わたしは短気だ、そしてそれが隠せない。

わたしは短気だ

そしてそれが隠せない

わたしはすぐに落ち込む

そしてそれも隠せない


だけど

わたしは朝とてもウキウキとする

それも隠せない

わたしは好きなひとが多い

隠せたことがない

好きじゃないひとがどう思うか?

気にできたことがない

だからいつも怒られてたしなめられてた


でも、今、わたしは、わたしのことが好きだ


短気で、すぐにカッとなって

その次の瞬間にはもう笑顔

くるくるとご機嫌がいれかわる


そんなわたしを、わたしはもう面倒だと思わない


この生き方はひとの和を乱すから、と

それを隠そう、隠そう、としてたけど


それももうしない


嫌われるときは嫌われたほうがいい

それは、どこかに好きになってくれるひとがいるということ


嫌われないようにびくびくと生きるよりも

自由気ままに生きて、そこで出会う誰かに死ぬほど愛されるほうがずっといい


嫌いなひとがいっぱいな自分のまま

好きなひとがいっぱいな自分のまま


窮屈なとこにはもう戻らない


こっちが楽しいの知っちゃったから、戻れない


いいんだそれで

自分を大事にできないと、ひとを責めてしまうから

まずは自分、それから近くのひと、そして遠くのひと

順々に大切にしていければ、それでいい

カラーセラピーなどのご予約はこちらから!クービック予約システムから予約する