「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

うー???ばかばかばか!!!

ほんとは誰かに聞きたい

「これで大丈夫なんですか」

「やっぱり頑張らないとダメですか」

自分の人生なのに、ヘンテコな話


さっきの記事に書き起こしが好き!って書いたけど、書き起こしのお仕事が好きな理由、もうひとつあるんじゃないかとこわい

自分の頭を使わなくてもすむ、から、とか、、、


ぢんさんに「はるなの使命は好きなことすること」と言われてホッとした

そのホッとしたあとから、すごい勢いで運がよくなるよくなる!

これとかも

f:id:pidakaparuna:20170126214055j:plain


お金のはなし間違えちゃダメだよってよく聞く

ほんとにしたいことはそれ?

その質問を繰り返しする


でもわかっちったんだよな
そして腑に落ちちゃったんだよな


去年の春に、カラーセラピストの資格を取ったときに最後に質問した

色を覚えちゃったら、いや覚えなくても、その色から連想して、こういうこと言われたいな!って考えて、嘘の答えを答えてしまう可能性はないですか?

って聞いた

びわっちさん優しく笑ってた


そう思うのは、いつも自分の気持ちに嘘ついてるからだよ


そう答えてもらった

今やっとその答えがわかるよ

わかったよ


ずーーーーーーーーーーっと嘘ついてた

目標があってバリバリ動いてた方がかっこいいから行動してた

愛されるために寂しいふりも寂しくないふりもした

優しいひとと思われたくて心配してた

ダメなひとじゃまた捨てられると思ってできるふりをしてた


ぢんさんに

卒論かかなくていいよ

って

好きなことしなはれ

って言われてから

わーってあれもしたいこれもしたい!って書いたけど


ラートもしたくない!カラーセラピーの講座もいきたくない!ばかばかばかばか!

と、あの日のあとにでてきた気持ちたち


向上系のことをしたくない

おうちにいたい

おうちにいてお仕事したり映画見たりだらだらしてたい



でも、それを一通り叶え終わったら悲しくなっちゃった

どれもほんとはやりたかった

ラートも他のこともぜんぶやりたくてはじめて

いつ、いつヘンテコな重りをその好きにつけちゃったんだろう


ぢんさんが言ってくれた言葉の意味は好きなように生きなさい、そのままでいいんだよということなのでは、と思う


ほんとは


ほんとは、好きなことを好きなようにするの、こわいなぁ

こんなよわっちい自分じゃ、あんな世界無理じゃないかなぁ

でもステージにもう一回、もっと上手になって立ちたいなぁ

こんな自分じゃ、ほめてくれるひとも、すきでいてくれるひとも、みんないなくなっちゃうかもしれないし

お金ももらえないかもしれないけど

でも、ありのまま、笑いながら怒りながら泣きながら喜びながら、そのまま、嘘つかないで生きていきたいなぁ


ご先祖様は、おじいちゃんはおばあちゃんは、みんながっかりするかもしれないけど

もうおなかいたくなるようなとこには行きたくないし、もうおなかいたくなるようなことしたくないなぁ


こんなんじゃみんなに、あのひとは落ちぶれたねとか、変な方向いってるねとか、いたいたしいねとか、いつまでそんなこと言ってんの、とか

そんな風に思われるかもしれないけど

でも、もう、無理して何かしたくないなぁ


無理して、がんばって、じゃないと、何もかもから見放される気がしてるけど

もし、そうじゃないなら、もしかしたら、このまま何もできないひとに、ラートさえも嘘のやりたいことだったかもしれないから、ラートもなくすかもしれないけど

でも、もう、好きなのかな頑張れないのは嘘だからかな頑張れないの嫌だなって

変われないことを責めるのはもうやだな


このまま、やめてしまったら、もしかしたらはるなはがんばらないといけない方のひとかもしれないけど、このまま全部やめてしまったら

それでも、のこるものは、あるのかなぁ


それでも、また「すき」とか、がんばりたい!!とか、やりたい!!!ってあんな気持ちにまたなれるかな


ラートの動画見ても、写真見ても、何かのお仕事のはなしきいても、これがやりたい!!!これがすき!!!って、前みたいにならない

いま一番ほっとするのは、ぢんさんとかやよいさんとか、一緒にいるパートナーのひととか、萌子さんとか、そいうひとといることで、そのひとたちに「はるなは大丈夫だよ」と言われることで

でもそれは、それはそれでいいのかな

なんでこんなにいっぱい泣いてるのかわから

なくないから


ずっと握りしめてる言葉を、ほどかないと

ほどきたい


うー???

カラーセラピーなどのご予約はこちらから!クービック予約システムから予約する