「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

「ぢんさん」が教えてくれること、教えてくれたこと。【自分に訊く、自分の人生を生きていますか?の話】

 

昨日、大好きなぢんさんにすごく大事なことを教えてもらいました

ぢんさんっていうのは心屋仁之助さんという方で、本名は知りません

たくさん生きやすく生きるための方法を世の中に伝えているすごいひとです

なので、私が知ってるのは「ぢんさん」なわけです

でも、その「ぢんさん」は、私の人生にとても大きな影響を与えています

そしていっぱいの愛もくれています

ちなみに、ぢんさんと私はこんな関係です

f:id:pidakaparuna:20170123213559j:plain

 

ちょっと長いけど、コメント、読んでみてね!

f:id:pidakaparuna:20170123204040p:plain

  f:id:pidakaparuna:20170123204257p:plain

  f:id:pidakaparuna:20170123204411p:plain

  f:id:pidakaparuna:20170123204525p:plain


そう、それでね

ここの争点にあがってる「卒論」を、たぶんみんなの「やりたくないのにやらなきゃいけないと思ってやってる苦しいこと」に置き換えてみると、たぶん上手に伝わるんじゃないかと思います

いやいや卒論書くのやめて生きていけるわけないですやん

そういうツッコミを心の中でしながら、ぢんさんとやりとりしてた

そしたら、後半の「それを本当に周りのひと喜ぶかな?」って言葉で涙が出ちゃった


それでね、このやりとりのあとに気付いたのは握りしめていた二つのルールです

「ふつうからはみ出さずに生きるためのルール」

「家族から見捨てられないためのルール」

 

でも、最初のルールはもう私の中にないわけです

なぜなら、去年の夏に「自分の人生の純度は?」っていう質問に出会ってから、徹底的にこれらの質問を自分に聞きながら生きるようになりました

それについてはこちら↓

www.pidakaparuna.space

 

その結果!

「ふつうからはみ出さず生きるためのルール」をびりびりと破り捨て「どうやったってうまくいっちゃうし生きてけるわ精神」のなかで今は生きています


ただ、今回のこの「卒論」は、違うんですね

自分の人生のために書いてないから


私は一人で育ててくれていた母のもとを14歳で出て、その後16歳の時に迎えにきてくれて暮らしてた父と離れています

どちらも私も要因のひとつだし、私のせいではない部分もある出来事でした

そのあとに、今の家族に拾われて育ててもらっています

大好きなおじいちゃんやおばあちゃん叔父さんたちやおねえちゃん

それが今面倒をみてくれているひとたちです


高校の編入から面倒をみてくれて、受験生のときは一年間わざわざ高校のそばにアパートを借りてくれて、大学の学費も、沖縄での生活資金も、ぜんぶぜんぶぜんぶ面倒みてくれています

そんなすごいひとたちなんです

 

でも、私はだいたいのことが本当に「一般的」とされるレベルから劣っていて、できないことばかりで迷惑をたくさんかけています、留年のこともそう

 

だからか、いつもうまくいかないことを頑張るときに、心のなかにある気持ちは、

大好きなおじいちゃんとおばあちゃんに「嫌われたくないから」頑張る

大好きなおじいちゃんとおばあちゃんに「見捨てられないように」頑張る

好きなことを我慢して、体調崩すぐらい考え込んで、あげくのはてに気持ちが不安定になり書き進められなくなってそんな自分を「だめなやつ」として叱る

というものでした

 

うん

昨日のぢんさんのはなんていうか、そんな私のことを軌道修正してくれました


ぢんさんとコメントのやりとりをしてる間に、身体の底からわいてきた気持ち

それは、「このまま明日死にたくない」でした


生きたい

もっと自由に

もっとはつらつと

もっと好きなことを追いかけて

もっと好きな人たちと

もっと好きな場所で


もっともっと、生きたい

体験したい

経験したい

 


「家族から見放されないためのルール」にもさよならをする時期がきたのかもしれません


うん

好きなこと我慢して卒論書かざるおえない状況をつくっちゃってるのは自分のなまけ心のせい

そのなまけ心とはやっぱり向き合わないといけない


だけど、もう

選択の理由に「家族」をいれるのやめようと思います

 

これ、結局は言い訳だから

「卒論」を言い訳にして、目の前の練習にお仕事に全力を出さないための言い訳だから


全力を出して失敗するのがこわい

全力をだして恥をかくのがこわい

全力をだして失望させるのがこわい


でも、大丈夫

どうせ失敗するし、どうせうまくいくのだから

 

もういい加減に、人のせいにするのやめようと思います


やりたいことも、やりたくないことも

自分が「する」と決めるのは、全部本当にALL自分で、純度100パーセントでやりたいこと


そうやって生きようと思います


ぢんさん、本当にありがとう

ぢんさんに出会わせてくれたすべての縁と奇跡のようなタイミングにもありがとう

2月8日、武道館いきます

楽しみです、心の底から


あーーーほんとにありがとう!!!!

みんなにも幸あれ!!