読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる




「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

だってアフィリエイトってやなものだと思い込んでたんだもん、という話。


ってさっきみたいな記事を書いた後に考えることが必ずあって。

 

www.pidakaparuna.space

 

さっき紹介した本、学生のブログやってるひとも何人か紹介してて、私はそれをブログを始める前にね「はいはいアフィリエイトおつ~」みたいな性格悪い気持ちで眺めてたんですよね。

もうずっとブログ読んでくださってる皆さんも、普段の私を知ってる皆さんも、別に私が性格良いとは思ってないと思うのでいいかなと思って書いているんですけれど。


そういう気持ちで書いてたんじゃなかったんだな!おい!ごめんね!

という気持ちでいます、今は。
ごめんね。
(読んでないと思うけど。)


理由は二つあって、一つ目はアフィリエイトが悪いものだと何の知識もないのに思い込んでた恥ずかしいやつでしたっていうこと。

二つ目は、なんでか、自分がぜんぜんそういう気持ちで書いてないからですね。
いやそりゃこのブログから本を買ってくださった方がいると、ちょびっとお金がはいるのでうれしいです。(今は安定して、月に2000~3000円くらい、調子がいい時は5000円いくときあったけど、あれはシェア祭りに運よく乗れたため超まれ!)

お金大好きだからどんな形であれ頂けるのはうれしいですよね、おすすめ料もらった~と思って毎月小躍りしてます、ありがとうございます。


そう、だいたいアフィリエイトってそういうものだから、よっぽどあくどいことしてない限りいいいものなんですよね。
でね、なんで嫌いになったかというと思い込み、インターネットの広告とか、なんかよくわからんメルマガとか、そういうのにこう「楽して稼げる!」みたいなのがいっぱいあったからかなぁと思います。
(この気づきは、こないだ書き起こしをしてて非常に勉強になったある会社の社長さんのインタビュー中の発言から。わ!!それあるわー!!ってなったんだよね、すごいよねぇ)


でも、楽して稼げるっていいことだもんね。
「お金を稼ぐためには苦労しないとだめなんだ(鼻息荒め)」っていつ思ったんだろう。

お金もそんな鼻息荒い人のとこにいくのやだよねー。


ゆるゆるで生きている今お金はどんどん入ってくるし、どんどんまた旅立っていくので、いいなぁーと思います。

まあなんにせよ、そういうことだそういうこと!

知らないと攻撃しやすいし(ごめんね)、斜に構えてると気づかぬうちに損するし(ばれるからね)、自分がやってみると相手のことわかれたりするんだよね(今はわからなくてもね)

かっこのなかは合いの手だと思ってくださいね(はいっ)


そういうことだ~~。


だからこれからもいっぱい本の感想書こうと思います。
だって、私が本の感想を調べるときっていつも2パターンで、それは読む前・読む後のどちらかなんですよね。

読む前は、この本今買うタイミングかな~と迷ってるときで少しリアルな内容とか読んだ後の心地とかを知りたくて調べるんですよね。

読んだ後は、この本読んでこんな気持ちになったんだけどねえ!!!!!!って電車のなかとか外にいるときとか、誰にもこの気持ちを話せないときに調べて、共感してほしくて議論がしたくて、調べまくるときですね。


本の感想の記事からの購入率はかなりいいので、たぶんほとんど皆さん前者なんでしょうね、と思います。ありがとう。


そんな気持ちの話でした、まる。
今大学生だからこう思ってるだけで、大人になると(いつ大人になるんだろう)、ちょっとしたら変わる考え事かもしれないけどね。

本屋さんがつぶれちゃうのはAMAZONのせいだって議論は正しいのか、ちょっと気になります。

 

本屋さんっていいもんね。 

世界の夢の本屋さんに聞いた素敵な話

世界の夢の本屋さんに聞いた素敵な話