「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

「きゅん!」と「よいお年を!」と「欲求を肯定すること…!」についての考えごと


ローソンで、ひとが来るのを待ちながら、早く来ないかな~いつくるかな~と、そわそわしてる自分がいて、そういうのはなんか久しぶりで、笑っちゃいました

「きゅん」だと思うんだけど、別にものすごく好きだ!付き合ってください今すぐ!とかではなく、なんか、別にそういうんじゃなくて

ただ、だれかを待ってるっていうのが、いいな~ってきゅんきゅんしていました

こういうきゅんきゅんはなんか若返る気がします、何かが

そのあとはおいしいチキン南蛮をごちそうになりました、感謝!

 

今日は、体操部の先輩と先輩の赤ちゃんと冷麺を食べて、冷麺屋さんが「金曜日まで岩手に行くから休むからね!今年もありがとうございました、来年もよろしくお願いします、よいお年を~」って言ってくれてね、それもうれしかった

なんかお得意さんみたいで笑

二週間に一回くらい行ってるからまあそうかもしれないけど、うれしいよね(テレテレ)

facebookのコメントでも、大好きなおねえさんから「よいお年を」と


「よいお年を」にもきゅんとする自分がいます


来年がいい年だといいね=よいお年を


だって、好きじゃなかったら別に「よいお年を」って思わないもんね

わたしも、いうときは、そのひとの来年がいい年になるといいなぁって思って言うもんなぁ


好きにもいろいろあって、こないだもそれを後輩の女の子とおしゃべりしたんだけれど、好きと様々な欲求を分けたほうが生きやすいよねってなった、あとは欲求をちゃんと肯定すること


睡眠欲・食欲と一緒でやっぱり性欲はあるわけで、でもその性欲をいつでもどこでも誰にでも感じるわけなくって、三大欲求のなかでは少ないのかもしれないけどやっぱりあって、みたいなのが性欲

女のひとでもあって普通なんだよなぁって、そういう当たり前のことが当たり前になるような仕組みってなんだろって考えてたり

 

でも一番は、それがもうすでに当たり前であるかのようにふるまうことだよね、ちょっと勇気いるけど

その「勇気」がそのまま今と理想のギャップだもんね


そう、でね

好きがいっぱいの自分

が楽になれたのはこの性欲の話と、ポリアモリーの話があったからでした

という話でした


なんかよくわかんないけどしちゃった!みたいなのって、ふっつうにあるんだよねきっと公にしないだけで

だから別に、自分がふしだらだ・・・・・とか悩む必要ないって思うんだよなぁ

男のひとがどうかは知らないけど、なんか身の回りの女のひといっぱい暗くなるから、そう思ったって書いておこうって思って書きました


しちゃって子供ができて虐待とかになったらもう絶対だめだけど、でも、普通にそういうことってたぶんある、たぶん、たぶん!


よいお年を!!


好きじゃないとしたくないけど!の話、だから風俗に行きたいかって思うとそうじゃーないんだよなーってなる、好きにもいろいろ、欲求もいろいろ・・・

 

ポリアモリーはだれとでも関係を結ぶよってことではなくて、大好きな人がいるけど、もうひとり大好きな人ができたときに、その前から一緒にいた大好きな人と別れる必要ほんとうにあるんだろうか…って悩みが出発点。

 

ポリアモリーについてはこれがわかりやすいです↓

 

ポリアモリー 複数の愛を生きる (平凡社新書)

ポリアモリー 複数の愛を生きる (平凡社新書)

 

 

内容わかんないけど読んでみたいのはこれ、誰か持ってないかな~

 

人はなぜ不倫をするのか (SB新書)

人はなぜ不倫をするのか (SB新書)

  • 作者: 亀山早苗,上野千鶴子,丸山宗利,竹内久美子,島田裕巳,福島哲夫,宋美玄,山元大輔,池谷裕二
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2016/08/06
  • メディア: 新書
  • この商品を含むブログを見る