「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

次のステージは、いつでもあなたのそばにある

 

こないだの舞台、あれ、「失敗」じゃなかったみたい。

f:id:pidakaparuna:20161222203838j:plain

えーうそだーみんな優しいからそういってるんでしょって思ってたんだけど

写真みたら。

 

あらやだ、、、かっこいい。

超たのしそう。すごい嬉しそう。

 

こりゃ、大成功かもわからん!

 

しかもね、次の舞台も決まったの、8月12日にラートするんだ!!

すごい嬉しい、もう超はっぴー!

 

そして講演会の主役のぢんさん(心屋仁之助さん)もぐるんぐるん!

 

 

ぢんさん上手だった!

 

なんか、まだふわふわしてるけど、ちょっとわかってきた

 

やりたいことやって

やりたくないことをやめる

 

今までの「常識」を捨てて枠から出る

 

それをするのに大事なことって「知ったかぶり」をしないことみたい

経験してないことを経験したふりしないことみたい

嘘をつかないことみたい

自分の気持ちをごまかさないことみたい

 

だって、好きなもんは好きなの

やりたくないことはやりたくない

悲しいときは悲しいし、寂しいときは寂しい

 

「ああ、ああいう状態のひとってこういうことよね」

「こうこうこうだから、そういう発言をしてるのね」

人にフォーカスして、自分をないがしろにして

知ったような気になって、悟ったふりをして

ずっとそうやってきてしまったからわからなかった

 

本当は、ずっとわかってほしかった

さみしかった、かなしかった、つらかった、こわかった

それを認めた後、どかーんどかーん!とハッピーが訪れる

 

まだときどきちょびっと悟ったふりしちゃう

よいひとぶっちゃう

知ってる人ぶっちゃう

 

まだまだ迷うし、不安だし

でも、それでいい

 

ね、それでいいんだよね

 

知ったかぶらない

人の気持ちを勝手に決めちゃわない

自分の気持ちを塗りつぶさない

 

もう今日はこれに気付いてふわっふわっ

自分が軽いと超きもちいい

 

もっとふわっふわっになるよ

もっと好きになっちゃうよ

 

次のステージはいつでもそばにあるんだね

そして、「それがある自分だったら次はどうする?」

それが、わたしのつぎの宿題

 

お金がいっぱいあったら何をする?何をやめる?

時間がいっぱいあったら何をする?何をやめる?

 

それをよくよく考える年末だね

カラーセラピーなどのご予約はこちらから!クービック予約システムから予約する