「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

カラーセラピー、お客さん100人目指して、えいえいおー!

 

 先日カラーセラピーをした子が、こんな嬉しいコメントをフェイスブックにのっけてくれていました。

 

 もうすごく感動した、こちらこそありがとう。言葉になりません。その子とのカラーセラピー&話聞く時間を終えた後に書いたブログで、私は以下のようなことを書いていました。

 

今日、はじめて、ああカラーセラピストも、肩書、つまり「日高春奈」の持ち札のひとつに加えようと決心した日高春奈でした。だってね。二回連続で、カウンセリング(というなのお喋り)が終わった後に「はぐしてもいい?」と聞かれたから。人から伝わってくる「ありがとう」私から伝わる「ありがとう」がはぐをすることによって混ざって、ひとつ大きなあたたかいエネルギーになってその場にただようのを感じるからです。

大切な人に伝えたい、聞こえているのかもわからない。 - 0→1000

  その後、このブログをシェアした記事にて、また次のお客さんができて、とてもうれしいです。ありがとう。facebookを通じてでもいいし、Twitterを通じてでもいいし、ブログのコメントやメールフォームからでも、いつでも予約受付中です~。

 値段はつけていないのであんまり気にしないでください。いただけるものは喜んでいただきます。100人かな、よしっって思ったタイミングできちんと金額をつけてみようと決めています。

 

 これは、私にとってのひとつの実験です。カラーセラピーはおそらくゆるゆるとずっと続けていくことになる気がしています。しかし、何かをお仕事にするためには、そこに「信頼」がないといけないんだということを、書き起こしのお仕事を通じて学びました。

 信頼、それは、「このひとに仕事をお願いしたい」と思ってもらえる何か。今の私は21歳で、この仕事を何年してきました、とか、このスキルがあります、といえる「経験」というものがありません。あるのは、毎日毎日ブログに書いているように、出来事を考え、感じ、それをありのまま受け入れている経験や、ラートの経験、政治学の勉強という経験。特に強いのは気持ちの部分。

 というわけで、カラーセラピーはやってて楽しいし、相談聞いていたはずなのに、私が泣きそうでした、あほだね。笑 だって大丈夫に決まってるもん、超いい子だし、人間ってみんな本当に生まれたくて生まれてきてるんだなとびっくりする毎回。

 そ、だから、「信頼」ができるだけの量の「経験」がほしい。そんな気持ちでカラーセラピーどんどんお客さんのご予約いただくことに決めました。100人めざして、えいえいおー!今10人くらいです。おほほのほ!!

 

 今回のブログの一番上に貼っている画像、つかってもいい?とゆうきちゃんに聞いたメッセージのお返事がすごく嬉しくて、私との話のなかで気づけた自分のなかの小さな存在(インナーチャイルドといわれることが多いそれですね)を見つけられたことを隠したくないっていう気持ちであれを書いたので、恥ずかしいけど喜んで。って。

 ああ嬉しい!!ほんとに嬉しい!!!!

 ね、みんな、会いに来たら絶対たのしいよ!はぐだけでもいいし~。カラーセラピーおすすめです、ゆうきちゃんありがとう!

 

 

 

カラーセラピーなどのご予約はこちらから!クービック予約システムから予約する