読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる




「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

世界一周に行くためのプレゼンまでのこり45分になりました。いっぱい投票してくれてありがとう。

 

どきどきしています。

そう、本当は小心者です。

去年のMOVEMENT2015のときも。

出る前にステージ裏で泣きました。

実は昨日の夜中、本当に夜中のこと。

泊めてくれた福岡の子のおうちで、

たくさん話をして、とても楽しかった。

「本番前」のこわさの話もして。

みんないろいろ違うんだなと思いながら。

そんなこと思いながら聞いていて。

そういう話をしながら自分のなかの、

たくさんの気持ちと向き合っていました。

出たくない、怖い。

やっぱりやめておけばよかった。

恥をかくかもしれない。

準備不足だと判断して嫌われるかもしれない。

ああいやだ。

なんで出ようと思ったのか。

そんな気持ちを味わい終わったあと、

プレゼンを見直していたら、違和感。

違和感しかない。

「こんなこと言いたくない」

「こんな話したくない」

スライド10枚をぱっぱっぱと切り捨てて、

新しいスライドを20枚つくりました。

完成したのは6時ちょうど。

3時間はあっという間、超集中してたんだね。

そのスライドを作っている間、

一度涙がほろほろほろほろでてきました。

ああ生きててよかったって思いました。

なんでかっていうとね。

プレゼンを作りながら、気づいたからです。

本当にしたい「旅」のこと。

本当に自分が「旅」に出たい理由。

それらはすべて、体の奥底から、

勝手に湧き上がってくる衝動的なもの。

「経験欲」と呼べるのかな。

「見たい、知りたい、考えたい、感じたい」

経験したい。

あますことなく、飲み込んで。

私は全部とくっついて。

ああ生きててよかったを集めたい。

もう、今日でさえ、私はそんななかを、

生きているのですけれども。

ここまで書いて、プレゼンまでのこり30分。

どきどきしているけれど頭はさえてる。

こういう状態のときは何をやっても無敵です。

まっすぐ相手に自分の気持ちを伝える。

そういうことができる状態にあるのがうれしい。

私がいいたいことが、誠実に伝わりますように。

今日の夜明け、私はまた私に気づいて。

気づいた瞬間にあふれる涙は、

その気づいた思いが喜んでくれていることを、

ちゃんと知らせてくれるもので。

(うまく伝わるでしょうか。)

生きてるってこういうことだ、と。

ひしひしと感じて、だから今こういう気持ち。

 

まだ、プレゼンをなおす前。

「緊張してる」と連絡した私に、

朝帰ってきた言葉は「背伸びしすぎず等身大で」と。

 

朝、その言葉が返ってくる前に、

私は私のプレゼンのテーマをそれ決めていて、

ああこれは「あってるよ」というメッセージだと。

それもとてもうれしかった。

 

20名のうちの3名に選んでもらえるかはわからない。

緊張の度合いでいうと、Movement当日と同じくらいです。

今回は大好きなラートが一緒じゃない。

目に見える「日高春奈の強み」が一緒じゃない。

でも、このプレゼンが終わったとき。

きっと私は、「ラート」がなくても大丈夫な自分と、

出会うのだろうな、とそんな予感がします。

 

等身大の自分で。

今伝えられる言葉で。

今思っていることを。

 

私はしっかり伝えられるでしょうか。

応援してもらえたら、うれしいです。

 

いつも投票してくれた皆さん、本当にありがとう。

ありがとうございます。

シェアしてくれた方も、本当に本当にありがとう。

ひとつひとつの文章がうれしくて宝物です。

 

こんな経験をさせてくれてありがとう。

 

ちゃんと、やりきろう。

いってきます。

プレゼンまで、のこり30分。

心臓がきゅーっとなって泣きそうです。

お化粧なおそう。