読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる




「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

ラートは偉大。

「いつもそうやって、できるのにできないといって降りてしまったら、できるものもできなくなるんですよ」

「それじゃあいつまでもできるようにならない」

「どうして逃げるんですか」

 

おそらく久しぶりに先生をがっかりさせてしまった練習でした。

 

「全部に自信がなさそう、なんとしてでも繋げてやるってがむしゃらにやらないと、いつまでも繋げられないままだよ」

OBの先輩にもコメントをもらって。

 

先生が教えてくれること。

「できるのにできないふりをしない」

ということ。

 

それは今の気持ちのつくりかたを教えてくれている師匠が「やりきりなさい」と言ってくれるのと同じこと。

 

明日しっかり世界一周のためのプレゼンをして、夜の便で沖縄に戻ったら、いっぱい眠って、月曜日いっぱいラートまわろう。

いっぱい。

 

先生をがっかりさせて悲しかったけど、それより悲しいといってるのは信じてもらえなかった自分の体。

もっと頑張れるのに、気持ちが先に折れてしまう。

あほだなぁ。

 

もう一回もう一回と、あと何回ラートと向き合えるだろう。

来年が最後の全日本大会。

あ、すごく泣きそう。

なんでかな。

 

来年が最後。

「世界大会行きたいひとなんていっぱいいるんじゃないの」

「はるなちゃんはそれに見合った努力をしてるの」

そう言ってくれた人の姿がちらちらと。

 

来年が最後。

 

今年の大会、どんな気持ちで終えてるんだろう。

私、今は自分のことがとても情けない。

 

でも、引きこもりたいわけじゃない。

情けないままで、がんばってみて、大会に行って。

いっぱい感じて勉強して、戻ってきていっぱい練習しよう、また。

 

先生。あと一年は見てくれるって言ってた。

あと一年、一緒にもう一回もう一回って、一緒に見てほしい。

 

来年が最後。

来年が、最後。

 

本当にできるだろうか、できないんだろうか。

できなかったとしても、元気に生きられるんだろうか。

生きられるだろうなぁ、今の私だったら。

でも、やりきれずに今年と来年を終えたら。

私は死にたくなるだろうなぁ。

しっかりやりきろう。

 

今は目の前のこと。

大会のことは、飛行機のるまでちょっと忘れよう。

大嫌いだった自分のことを、大切にできるようになった。

それはラートのおかげ。

絶対できないと思ってた技がひとつひとつできるようになってる。

それもラートのおかげ。

先生のおかげ。

先輩のおかげ。

同期のおかげ。

後輩のおかげ。

 

ラートは、私を外とつなげてくれるひとつのものだった。

 

ラートは、ラートは。

ラートは、偉大だなぁ。

 

今日の練習はだめだった。

いいとこもあった。

先生が背中を向けるの、かためで見えちゃったけど。

来週の土日、先生に丸をもらえるような演技がしたい。

何より、自分にまるをあげられる演技がしたい。

あと5日。

できること、できないこと見極めよう。

 

先生にごめんなさいがいっぱい出てくるけど、何よりこれは自分へのごめんねだなと、真っ青な足首をながめつつ、そんなことを。

どうしてもやりたかった技で落ちて落ちて、また落ちたときにできたあざだねこれは。

こういうあざは、一年生ぶりにできたあざだなぁ。