読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる




「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

「心屋仁之助」に会うと人生が変わるよ、ちなみに沖縄に12月20日に来るよ。

 

いろんな気持ちがあふれて

それが涙になって

流れて

流れ切ったあとに

くしゃっと笑う

 

目の前でその一部始終を見たときに

ああよかった

生きてきてよかった

そう思う自分と出会いました

 

昨日の夜、うんと勇気をだして

フェイスブックを通じて相談をしてくれた

その子を通して

そんな自分と出会いました

 

その子の姿は

なんだか自分の高校時代と重なるようで

あの頃の自分に言いたかった「大丈夫」を

思う存分伝えてみました

いろんな言葉でね

カラーボトルも使ってね

 

伝えさせてくれてありがとう

そして、あなたの人生は

あなたは、なんてキラキラして

素敵なんだ!

と、そんな気持ちで

最後、ぎゅ~~っとはぐしました

 

それでね

その「大丈夫」に出会ったのって

やっぱり心屋仁之助さんのおかげなんですね

 

心屋仁之助さんは私の救世主なわけです

そのぢんさんが沖縄に来ます

12月20日

イベント詳細 | 心屋仁之助 沖縄講演会 2016 ~ぢん祭り in Okinawa ~

特別な日です

 

ぢんさんが私にくれたものは「生きやすさ」です

 

ちょっと暗くなっちゃうけど

あの頃ってほんと暗かった笑っちゃうくらい

死んでみよう!と試みて入院しちゃったこともあった

笑っちゃうくらいばかで

笑っちゃうくらい変わりたかった

 

みんなと同じように学校に行けない

みんなと同じように勉強ができない

みんなと同じように仲良くできない

そんな自分が醜くて嫌いで死んでしまえ!と思ってた

 

でも、自分にまるをあげる、ということを

私は心屋仁之助さんから習った

本で、ブログで習った

 

「もう、がんばらなくていいんだよ」

という言葉に触れて、大泣きした日をよく覚えてる

だってなんにも頑張れてないのに

なんでそんな言葉に響くんだ、と

 

あ、生きてるの頑張ってたんだとわかって

その瞬間に力が抜けました

そして、もう頑張らなくていいんだって

 

それから保健室に素直に行けるように

自分のペースで勉強できるように

いっぱいもがきはしたんだけど

それでも、気持ちがきゅーってなって

パニックになっちゃうこともすっかり減って

上がり下がりはあったんだけど

「どうせ大丈夫」

「どうせ愛されてるし」

「どうせうまくいっちゃうし」

を口癖にして生きてみた

 

高校を卒業しても、まだしんどくて

まだまだぢんさんのブログを読み漁る毎日

パニックはないけど根本的に寂しくて

すごく寂しくて

誰でもいいから自分のことを認めてほしくて

誰でもいいから自分のことを愛してほしくて

ほしくてほしくてほしくて

なんでなんだ!!!っていつも満たされなくて

 

それが終わったのは大学三年の冬

去年のこと

そう、去年の心屋仁之助講演会で

その「根本的」問題はまるっと解決しちゃったわけです

 

なんでかはわからない

でも、ぢんさんに会って、ハイタッチをして

にこってして「ありがとうね」って言われただけで

なんか、もうがんばろうって決められた

 

もう、自分の人生を楽しんで生きることを頑張ろう

もう、人の目を気にすることをやめることを頑張ろう

もう、自分で決めることを頑張ろう

 

その日から本当に生きやすくなって

本当に息がしやすくて

そして毎日しんどいこともあるけど

それでも超たのしい

 

それは、自分で自分の人生を歩いているから

人の力を借りながら

人に助けてもらいながら

 

そんな風に生きているから

 

全部にまるをあげているから

 

その日に送ったメッセージがこれです

本日は本当に素晴らしい講演会をどうもありがとうございます。
アンケート用紙にも記入しましたが、気持ちの興奮が冷めません。
 
最初のエイサーも素敵でした、そしてじんさんの公演も(生じんさんに終始興奮しておりました)、最後のなっちょんさんの歌も、そしてじんさんの歌、みんなでのかちゃーしー!
 
じんさんのファンになったのは高校生の頃でした、家庭の事情などあり、やや荒れていたものですから、じんさんの言葉に癒され、また受験に向かう勇気を頂いたのを今でも覚えています。
そして、琉球大学に進学し3年がたち、今回フェイスブックを通じてこの講演会を知りました。一度は学生の身分からすると高額なものですから(時給680円の7時間分ですね!笑)あきらめようかとも思いましたが、じんさんの本を買うのを2冊見送って講演会に参加を決めました。
車を持っていないので、興味は全くないであろう友人を誘い、学生2人でじんさんに会いにコンベンションに。
 
本当に本当に最高な時間でした。
どんな自分にもOKをだし、ということで、パフォーマンス業を志しているので、あのステージでラートがしたいという気持ちが高まりました。
(ラートは画像と動画を添付します、ぐるぐるまわる大きな白い鉄の輪です:)
実はコンベンションに行ったのは2回目で、一度目は先輩のサーカスを見に行ったんです。
(かちゃーしーのときに「皆様、お踊りください(?)」をがっつり「皆様、おあがりください」だと思い、友達を引っ張ってステージにあがり、じんさんにハイタッチしに行ったおかげで、初めて憧れのステージにあがることができました。ステージ側からお客さんをみたときに、ああここでパフォーマンスがしたい!とめっちゃめちゃ思いました。乱入してごめんなさい。本当にうれしかったです、ハイタッチ券も持っていたので2回もハイタッチできました。笑 ありがとうございます。)
 
ああ、本当に幸せな時間でした。
じんさんの喋りにげらげら笑って、歌にはたくさん泣いて、気持ちがほぐれました。
やりたいなと思っていたラートの世界に飛び込んでみようと思います。
後悔してもいい、就活をしなかったことに負い目を感じるかもしれない、でも楽しんで生きたい、やりたいことのために生きたい、そんな気持ちです。
 
実行委員の皆様に、じんさんに、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に本当にありがとうございました!!

 

 

あの日、ぢんさんに会って

私の人生は変わったんだなと思い出します

 

悩んでて迷ってて苦しくて

そんなひとに会いに行ってほしいし

 

楽しくて笑っちゃうくらい

人生を満喫している人にも来てほしい

 

みんなで一緒にぢんさんを囲んで

わははと笑って

「ね、地球はいい場所だー」

って思いたい

 

うまくいえないけど、そんな気持ちです。

きてね

イベント詳細 | 心屋仁之助 沖縄講演会 2016 ~ぢん祭り in Okinawa ~

 

読んでくれてありがとう

ぢんさんに会うと、ほんとに人生かわっちゃうんだよ

ほんとにね!

https://www.instagram.com/p/8qY5JzDcfo/

仁さんとハイタッチ!幸せな気持ちです、たくさん考え事も。Facebookにね、movementという学生が主体になって企画と運営をしているイベントの紹介を書いて消しちゃった。「やりたいことをして生きていこうよ、好きな様に生きようよ。」という仁さんのメッセージ、私が今等身大にやりたいと願うことをプレゼンした結果残れたmovement学生プレゼンの第二審査。どうしてFacebook消したかわかりきってる、怖いからだ、こんな状態で、20年間の人生のなかでラートに関わる時間が一番幸せと感じるから大学卒業後もラートと一緒に生きていきたい、一番長くラートに触れる様な進路を作りたいというプレゼンをしたことが、ラートと自分よりもストイックに向き合ってるひとに、向き合ってきたひとに見られどの様に思われるか、と怖いから。とりあえず全日本だ、この大会で力が出し切れなかったらそういうことだ。と思う自分と、結果を出せなかったとしてもラートに触り続けられる様な人生がいいと思う自分と、いろいろ。明日は日曜日、ゆっくり整理しよう。痛めてる手首も早く治さないと。