「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

世界一周に向けて着々と準備が進んでおります。投票してね!

 

世界一周に向けて今日はプレゼンをつくりました。

プレゼンをつくりながら、「世界一周ってお金と時間があれば誰でもできるのにどうしてこのコンテストにでたんだっけ」を考えつくしていました。

だって、ラートが好きでさ、ラートと一緒に世界一周したいなら、なんていうの。

 

勝手に行ったらよくね!?

 

なわけですよ。

 

プレゼン仕上げてるときもその気持ちがむくむくむくむく大きくなってしまって、なんかもうやめよっかなって思ったんだけど。

 

そしたらね、よくわかった!

ほんと~によくわかった!

あ。一日一度できるので、今日ももしよければ投票してください!清き一票を!

2017vote.tabippo.net

 

あのね!

ラートが好き!ってだけではなくてこれに応募してる。

 

「人を信じるため」

がとーっても大きい。

 

うーん。

まだブログに詳しくかけるくらい元気ではないからかけないんだけれども。

今までのっていうか21歳でたくさんであってしまった「いやな出来事」のおかげで、私今実はかな~り人間不信。

 

これに応募した時期ってちょうど、もうどん底に近くて、なんか生きてるんだか死んでるんだかよくわかんない気持ちのなかにいて。

で、そんななか「世界一周」「旅」「何度もある審査」にすごく惹かれてこれにほぼ自動的?なレベルで応募してたんですよね。

 

でね、なんでかっていうと。

このTABIPPOの世界一周のための大会「DREAM」では、まず応募した時点での審査があって、その次に面接の審査、そして今のweb投票もあるし、その次にプレゼン審査、そこまで勝ち残れると、お客さんの前でプレゼンして優勝者を決める最後の舞台に出られるって、何個も何個もトンネルがある。

 

つまり、いろんなひとに支持されて「応援したい!」と思われないともらえないチケット。

「がんばれ!」がつまってるんです。

 

この「がんばれ!」がほしかった。

 

そのどん底のときに読み漁っていた本のなかの一冊にでてきた言葉で、旅に出た女の人が世界一周の旅のあいだ一回も嫌な出来事に出会わなかった、信じてよかった、というようなのがあったんですよ。

それを読んだときに体がびりびりした。

これ体験してみたい!!そう思ってびりびりした。

 

どんなに嫌なことに出会っても、だれかと一緒にいるときについ楽しくなっちゃって、ついご機嫌になってしまう。

なんていうんだろう。

ほんとのところ素で人間が好きだし、素で生きてるのが楽しいタイプなんだと思います。

 

でも経験が、「でも、こんなことあったよ」「こんなやなことあったよ」「あんないやなひといたよ」「だから苦しんだよ」とかいろいろ言ってくる。

そして、それをうるせーなと一蹴できるだけのパワーがない。

 

この旅に出たら、たくさんのひとの「がんばれ!」があるから、途中で「ほらやっぱり世の中わるいひとばっかりやん」と帰ってきたりしなくていい。

「くそう、悪い人もいるけど、でもたくさんのひとに「がんばれ!」って言われてきたからもういっちょいってみよか!」みたいなテンションで旅ができると思うんですよね。

 

だから今すでに応援してもらえてすごくうれしい。

てへへ。

 

最後までのこれるかわからないんだけどさー!

でも、のこれたらいいな、最後ステージでラートしつつ、旅への気持ちを話せたらいいな!

このTABIPPOの企画だから、私こんなに元気になれたんだなーってそんなこと思いました。

 

わははてれくさい。

どうもありがとういつも。

 

これを読んでくださってありがとう!投票してくださってありがとう!

メッセージくれてありがとう!シェアしてくれてありがとう!

ありがとうだらけです。

大好きをこめて!幸あれ!!!!

 

もしよかったら今日も投票してください~~~~~~!

2017vote.tabippo.net