「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

「頭の中にあるものはもうある」3日目

 

今の自分がごきげんじゃなくても

3日後の自分はごきげんかもよ、どう?

 

という考え方を教えてくれたのはhappyさんです。

この本から習いました。

 

“奇跡

“奇跡"は自分で起こせる! 3日後「引き寄せ」日記

 

 これでね。

 

んーと。

それで、私はここ最近ごきげんではなく。

毎瞬なんだかとてもしんどく。

ああもういやだわと思いながら生きていました。

 

で、そんなときに、この「三日後ご機嫌大作戦」を思い出し、A4の紙に書き連ねました。

これをしたらたぶんご機嫌になることリストたちを。

 

別に大きなことではなくてよいわけです。

小さなエネルギーの積み重ねがやがて大きなエネルギーに!

つまりラートでいうと、最初は全然立ち上げられなかった小斜転がとうとう!みたいな。

つまつまり論文でいうと、先行研究を探すのもやっとだったところから、自分の主張をはっきり言えるようになる!みたいな。

つまつまつまり、料理がまったくできずミートソースにきゅうりをいれてみたところから、勘で煮物をつくれるように。(実話)

 

そう、それで、まだこの「ごきげんで生きる」に関しては初心者です。

そして、たぶん、この「ごきでんで生きる」ことが自分を生きることに少し通じてる気がしています。

 

というわけで実験はまだまだ続きます。

 

ちなみに今日は、海へ行き、カフェモカを飲み、ピクニックをし、斎場御嶽に行き、お礼を言って、美しい夕日を見て、月を見て、帰ってきました。

 

もーちょーごきげん!

 

なんかいろいろまだまだもやもやしちゃったり、自分とぎすぎすすることあるけど、「3日後どんな気分ですごしたい?」を合言葉に、ちょっとずつうまーくなれたらいいなと思います。

うまーくね!

 

というわけで、頭の中にずっとあった芝生の上でご飯を食べること海を見ること神様にお礼をすることを一気にやれちゃったいい日でした。

 

午前中の講義も面白かったし。

 

お金の勉強もなかなかしんどいけど、「いい感じ!」になるためには続けよう。

 

明日はラートができる、今日いっぱい休んだらすっかり楽しみになっちゃった。単純。

ゆっくりだけど、本当にごきげんに生きれるようになってきた。

 

大切な人に心の底から笑って「大丈夫!」とプレゼントできるひとになりたいなぁ。

 

気持ちの整理つかないこともあってもいい。

人に傷つけられてもいい。

人を傷つけてもいい。

みんな勝手に癒される、みんな勝手に進んでく。

だから大丈夫なんだよなぁ。

 

私よりラートがうまいひとはいっぱいいる。

あたりまえだけど容姿やスタイルがちょーいいひともいっぱいいる。

お料理がうまいひともいっぱいいる。

おしゃべりが上手なひともいっぱいいる。

おしゃれな人もいっぱいいる。

 

でも、なんていうんだろう。

「私だから」を求めすぎるのは、きっとおそらく人と比べることとイコールなんだと今日ふと思いました。

たぶんね。

これと少し似てるんだけど。

「私」「私」「私」

を求めることは、探すことは、きっとそのために「他人」を事細かに観察することを引き起こしてしまってる。

 

師匠に「ひとのことを気にしすぎ」と叱られることがよくありますが、いつもわからなかった。

だから、今日わかってすっごくうれしかった!

 

というわけで、余計な事を考えていたのにつかっていた脳みそを、もっと「ごきげん」に生きることに費やそうと決めました。

 

ちょびっとだけ就職活動をやり始めたときに、ここで病んでもーぜったい無理ってなったのを思い出しました、「私」なんてあってないようなものだから仕方ないね。

 

ああでもやっぱり。

うーん。

う~~~~~ん。

 

 

保留!!!!!!!!!!!!

なので眠ろう。