「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

ブログを100記事書き続けると人生は変わるのか?変わりました。

 

「あなたの人生の純度は何パーセントですか?」

という質問とこのブログのおかげの今です。ありがとうございます。

f:id:pidakaparuna:20161103124225j:plain

(140記事目、そして10月のアクセストータルは1万PVでした。ありがとうございます。収益は2000円ぐらいでした。全部アマゾンです、感謝。)

(11月は3万PVいってみよ~!月間です。でもどうやって?勉強します。)

 

気持ちの向くままに過ごすのはいいこと。

このブログを始めてから、最初の頃にこんな記事を書きました。

 

pidakaparuna.hatenablog.com

 

98日前の記事です。

 

「あなたの人生の純度は?」 という質問に、私は20%、とすぐわかりました。 半分より少ない、4分の1よりも少ない。 でも10分の1より多い、から20%。

「あなたの人生の純度は?」という質問の威力、の話。 - 0→1000

 

と書いています。

 

今の私の人生の純度は65%です。

半分より多くて、でも、4分の3よりは少ない。

でも、だいぶ増えました。

 

っていうか100記事以上を更新する前から比べてそんなに純度あがったんかと驚いています。即答だったよ。「65%

 

上の記事の質問はhappyさんがご自分のブログのなかでされていたもの。

今日その続編が公開されていました。

これ。

”自分の好き”という純粋性の中で生きる。|Happyオフィシャルブログ「世界は自分で創る」Powered by Ameba

 

特に気に入った言葉たちはこれ。

健康になるから、、じゃなく
好きなもの食べよう。
 
売れるから、、じゃなく
好きなもの作ろう。
 
人脈が出来るから、、じゃなく
好きな場所に出かけよう。
 
好きなものにお金は使おう。
好きな人に時間は使おう。
好きなものを見よう。
好きなものを聞こう。
好きなものに触れよう。
 
その”自分の好き”が他人と違ってても良いからね。

 

 

どうして65%まで人生の純度が上がったかの答えもこの記事のなかにありました。

まずこれをしていたからです。

いきなり”好き”だらけにはなかなか難しいから
毎日の日々の中で少しずつ打算やメリット、損得でチョイスしてるものを手放していこう。

 

そして、この「ノイズ」と呼ばれるものも徹底的に減らしていきました。

聞きたくないもの
見たくないもの
触れたくないもの
会いたくない人
食べたくないもの
飲みたくないもの
やりたくないこと
 
24時間四六時中
自分の不快ばかりを入れ続けたら
頭の中ノイズだらけで
自分の好きもわかんなくなるし
 

 

あの頃、つまり98日前。

ブログを100記事書く前。

私は「なんとなく」と「惰性」を区別していませんでした。

 

「なんとなく」食べたいものを食べ

「なんとなく」座りたい席に座り

「なんとなく」会いたいひとに会い

「なんとなく」イベントに参加し

「なんとなく」お仕事をこなす

「なんとなく」練習をして

つまり、「なんとなく」生きていたわけです。

 

それはそれで楽しかった、というより「楽」でした。

この「なんとなく」のなかには本当の良い意味での「なんとなく」も勿論ありました。

直観とかひらめきとかいわれるものですね。

でも、玉石混合。

 

考えるのが面倒だから、選択するのが億劫だから。

選択したところで人生なんて変わらないと思っていたから。

自分を大切にする価値も、大切にされる価値もないと思い込んでいたから。

そんな感じで、自分をないがしろにしているような「なんとなく」もあったわけです。

 

でも、この「あなたの人生の純度は?」という質問に出会ってから。

毎日ブログを書く時間を取ることで自分と向き合ってから。

ずいぶん変わりました。

 

まず、前提を変えました。

そしたら目の前の現実が変わっていきました。

「自分にはある」と決めたんです。

愛も、豊かさも、お金も、才能も、全部ある。

だとしたらどのように生きたい?

その答えのように生き始めました。

 

好きなものを食べ、そのとき行きたいお店に行き、会いたい人に会いに行く。

したいことを「したい」と言い、顔色をうかがう前に自分の意見を言う。

合わない相手を変えるのではなく会わなくなるように変える。

 

書くとなんかちょっとかっこいいけど、おなかが空いたから適当にコンビニでおにぎりを買うのをやめて、選ぶのが面倒だから決まったものを買っていた癖をやめて、とこまごましたところからスタートでした。

 

今も「なんとなく」で生きています。

でも、この「なんとなく」は切れ味のよいなんとなく。

惰性成分はほぼほぼ入っていません。

惰性で何かを選ぶのは自分を傷つけることになると知ったからです。

 

「ま、いっか。」もありません。

嫌だったらどうして嫌だったかを考える。

嫌いだったらなんで嫌いかを考える。

自分の価値観を大切に大切に積み上げていくようなイメージです。

 

今はこの作業をしなくても、身体的に「好き」「嫌い」がハッキリわかるようになりました。ありがたいです。

そして「嫌い」の対象を攻撃しなくなってきました。

そして「嫌い」の根本にあるのが、いじけている自分の姿だったときは、ちゃんと癒してあげることができるようになりました。

 

つまり、妥協せずに自分を大切にしていった結果、人生の純度が大幅UPしたわけです。

いえーい!

素晴らしい経験にもたくさん出会えるようになりました。

 

でも、まだ足りません。

だって、あと35%残っているんです。
人生の純度100%にしたいんです。

何が課題かもわかっています。

もう、自分には「ある」ことは知っている。
でもそれを受け取りきれないんです。

豊かさを受け取れない。

もう準備されていることをなんとなく感じます。
扉をひらいたらそこに舞台があるのも知っています。

でも、こわくてそのドアにかけた手に力を加えられない。
それが今の自分です。

知ってる、自分には「ある」ことを。
体感もしてる。

でも、本当にずっと前の否定されていた自分や、人を傷つけてきた自分がひょこひょこでてくる。

ごめんねもいっぱいあるし、どうしたら償えるんだろうもいっぱい。

でもたぶん、もう償えないし、憎まれるものは憎まれるし、仕方ない。
全部が全部「私のせい」だったわけでもない。

そして「ごめんなさい」に逃げてるだけなのもよくわかってる。

もうあと一歩。
あと一歩、ふみだしたい、もう踏み出しかけてるもんね。

 

ここを超えられたら、本当の意味で生きたいように生きられるようになる。

そのためには、解決したふりをして解決できていない気持ちや、ゆるしたふりをしてゆるしていない気持ち。
本当は悲しかったのに悲しくないふりをしている気持ちや、たくさんの嘘、間違い。
そういうものと向き合わないといけない。

ひとつひとつの気持ちの封をあけて、自分を抱きしめて、「どうせできないからやるのやめよ」っていじけてる自分をひっぱたいてやらんといかん。

 


というわけで、最近検索流入第三位だった「ブログ100記事書くと人生変わる?」の質問に対する答えは全力でYES!です。

変わるかな?って気になるぐらいなら、試してみればいいんだよ。
試して変わらなかったら、なんだよやっぱり変わらねーじゃん!て怒ってまた次の試せばいいし。

私はたまたまブログが合っていたんだろうと思うし。

わはは!

よんなよんなーで生きます。
読んでくださってありがとう。

 

幸あれ。

 

 

参考図書

 

「好きなこと」だけして生きていく。

「好きなこと」だけして生きていく。

 
望んでいるものが手に入らない本当の理由

望んでいるものが手に入らない本当の理由

 

 

 

カラーセラピーなどのご予約はこちらから!クービック予約システムから予約する