読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる




「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

この世のすべては言語で閾値!貯まるまでよんなーよんなーで。(ベグゼルできるようになったよ!)

 

いろいろスケジュール系のミスが続き、今日は引きこもって朝から夜まで書き起こし。

カタカタといただいた音源を文字にしていきました。

どの取材も面白いし、お給料も高いから嬉しいです。

まだ直接お会いしたことがない方とのやり取りが多いから、それはなんだか少しだけむずむずするというか、早くお会いしたいなという気持ちでいつもお仕事しています。

文字って伝わるようで伝わらないようで伝わるけど、やっぱり直接のコミュニケーションが一番安心します。

好きなのはどれも好きなんだけど。

 

安心するのは、いい理由じゃないな~と思います。

だってわかるから安心する。

顔を見れば、どんな気持ちでいるかがわかるのは3歳の頃から。

今でも無意識にやってしまうときがあるけど、やると疲れるので、気づいたら周りによくいてくれるひとや、東京や愛知で大切にしてくれるひとはわかりやすいタイプが多い気がします。

つい好きになっちゃうひとは女のひとも男のひとも、優しくて一周回って本音が口にはでないんだけど、注意深くみてないとわからない形で本音が顔とか体に出る人!

だから何だよという話ですが。私は全部出るし、ほっんとに隠そうと思ったら全部ちゃーんと隠せちゃう(嘘がつけちゃう)ので、それがなんかいいなぁって思うんですよね。

 

まあ、わかったような気になる、だけ、かもしれないけど!

 

そうそれでね、家に引きこもっていて、どうにか18時から19時半までの練習前の自主練に間に合わすぞ!!と気合いれてたんだけど、間に合わせられず、なぜか電波もつかなくなって終わったのにデータ送れないってなって、もうなんなんだよーって泣きながら無線LANをたたいたらついて、よっしゃーってなって家でたのが19時10分。

部活自体は19時30分~21時まであるから練習はできるもののちょっとでも回りたいのが大会前のこの時期の気持ち。

 

いつもおやつを買うためにコンビニに寄るのにそれもせず、全力で原付にまたがり、なぜか前を走る白い大きい車がたらたらと、本当にたらたらと走るので、ちょっとぎりぎりを走りながら「もう前行ってよー煽りたくないのにーもー早く行ってよう急いでるのにーもー」って言いながら原付にまたがり、体育館まで爆走したら、もう自主練の時間は終わっていてがっくし。原付降りた瞬間にもうがっくし。

「がっくしだよ」ってつい言って、歩いていた大学生に笑われ、くそーばかやろーと思いながら走って中に入ってラートしました。楽しかったー練習!

 

でね、今日、なんと、ほんとにほんとにほんとにびっくりなんだけど!

ずっと一年生のころからずーーーーーっと練習してたけど、ああできないだろうなと思ってた技、だから時々気が向いたときにちょいちょい練習してたぐらいなんだけど、ああもうできないだろうなセンスないしどうせとか思ってた技が今日、今日なんと今日できたんです!!!!!!

もーうちょーーーーーーーーーうれしかった!!!

一回しか成功しなかったから動画撮れなかったけど。

この技です、これは練習中の動画。二年生の頃かな??

涙がでそうだったよ、でも今日はできる気しかしなかった不思議なんだけど。

斜転のベグゼルという技です。

ラートを足だけで倒し、右にかけた勢いを左足で止め、そのあとすぐに重心を右にずらし左足でラートを押すと同時に右足で止め、その後右に流れるように回る、と。

(全部手つかわないからね!!)

 

あのね、すべては閾値なんだろうと思うんです。

この技だって、なんだって。

全部閾値。

あるときまでできなかったことが突然できちゃう。

でもできるときは「ああ、できる」ってよくわかる。

受験生の時もそうでした。

センター試験の日、ああできるなと思って解いたら本当にすごく良い点数。

だってそれだけやってきたもん。

 

私はスピリチュアルが大好きです。

マヤ暦も引き寄せの法則もバシャールも月の波動も龍も大好き。

 

でもね、それらが教えてくれるのって「動くことの大切さ」です。

そして「動けなくても大丈夫」ということも教えてくれる。

 

マヤ暦は、エネルギーの流れがあることを教えてくれます。

誕生の時、鍛錬の時、変容の時、成熟の時、調整の時。

260通りのエネルギーがあると知り、それに身をゆだねるだけで少し気持ちが楽になる。

 

引き寄せもそう。

自分の精神性にも波動があって、そして、自分の考えていることを応援してくれる宇宙がある。

 

バシャールも、波動に応じて出会える出来事は変わると教えてくれるから、ネガティブではなく「中立」を選ぼうと意識ができます。

 

でも、どれも何もしないで部屋にいていいよ、とはいわない。いってない。

「安心して動きなさい」

が、スピリチュアルが教えてくれたことです。

 

それは小さいころから親しんでいるキリスト教の教えでもそうだったし、高校でおばあちゃんから習った仏教の考え方でもそう。

 

どんな苦しみも時がたてば癒される。

そして、どの出来事にも意味があって、でも、どの出来事にも意味なんてない。

身体的に生きてることは大事なようで大事じゃない。

心の底から生きること、それはそのままを生きること、全身で感情を感じ切りながら、本当にやりたいことだけをやること。

 

そういうことをたくさん教えてくれたのが、いろいろな目に見えないものに関する教えでした。

 

最初に顔を見れば感情がわかると書いたし、直接のコミュニケーションが好きとも書きました。

結局どれも「言語」のひとつ。

表情も言語、もちろん会話も言語。

 

スピリチュアルもそういう意味で言語のひとつ。

お金も言語、そしてたぶんラートも言語。

 

私のラートをみて何かを感じてくれる人がいるように、そのとき私もラートを通じて何かを発しているんですもんね。

f:id:pidakaparuna:20160930000807j:plain

ね。

 

英語ってそいえば単語をいーーっぱい覚えたら、ある日突然長文がびっくりするぐらい読めるようになったのを思い出して、今日のラートの技もそうだったのかなって思って。

ってことは、もっと嬉しい瞬間がいっぱい待ってるじゃーんってにやにやが止まりません。あの技もあの技も、時期は分からないけど絶対できるようになる。

 

そして、それはラートだけじゃない。

お金のこともスピリチュアルなことも、ほかにもパートナーシップとか性のこともポリアモリーのことも社会のことも。

全部全部たぶんある日突然ちょーわかっちゃう日がくるんだ労なって思うと、その日その日のいやなこととかも笑っちゃえるレベルあがるなと。

 

そ、やっぱりだから、今日もまとめは「よんなーよんなー」です。

ゆっくり私のペースで閾値がたまるの待とうと思います。るんるーん!

 

あ、マヤ暦、この本わかりやすかったですよ!

 

古代マヤ暦の暗号―あなたの運命の刻印を読み解く

古代マヤ暦の暗号―あなたの運命の刻印を読み解く

  • 作者: メムノシス・Jr.
  • 出版社/メーカー: ぶんか社
  • 発売日: 2007/12/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 9回
  • この商品を含むブログを見る
 

 おすすめ~~~