「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

「好き」にもいろいろあるようで!

 

大好きな人がいっぱいいます。

大好きな食べ物もいっぱい。

大好きな場所もいっぱい。

 

今も大好きなBBコーヒーにいます。

ここ最近で一番私のパワースポットです。

オーナーのばばさんも、かおりさんも大好き。

気づいたらそのままを受け入れてもらって、いっぱいの幸せをくれる場所です。

 

 

 

「好き」はどこから湧いて出てくるんだろう。

 

そして、「好き」を伝えられた相手は何を思うんだろう。

 

ときどきぼんやり考えます。

 

www.pidakaparuna.space

 

この記事を更新したときに、これまた大好きな先輩の萌子さんが、ここのオーナーのひととお兄さんたちにこの記事を見せてくださったそうです。

 

ちょーよろこんでたよ!

 

の一言に、私もちょーよろこびました。

 

こないだも、おいしいピザ屋さんに師匠に連れて行ってもらいました。

朝活仲間たちとともに。

f:id:pidakaparuna:20161029172409j:plain

 

これまたオーナーの鈴木さんがいいひとでした。

 

おいしいものをつくるひとに悪い人はいないのかもしれない、と思います。

 

 

今もこれ書いてたらBBコーヒーのかおりさんが、クッキーくれました。

うれし!

 

そう、それでね。

ブログを始めた最初の頃に、好きについてと、ポリアモリーの話を書きました。

 

www.pidakaparuna.space

www.pidakaparuna.space

 

それぞれの記事の中で、「好き」について考察を深めています。

 

「好き」は行動の源だ、という話。

「好き」だと思うとき、気持ちはワクワクして、心はウキウキと踊り、身体は少しでも美しくありたいと細胞を若くしてくれます。 その一方で、「好き」という気持ちに「執着」がプラスされると、自分のものにならないかと考え込んだり、相手の一挙手一投足を分析したり。そのせいで浮き沈みが激しい、だとか、悪いこともあります。 それでも、だれかを好きになったり、何かを好きになることはヨロコビです。プラスマイナスでみると、上に書いたみたいにゼロ地点に立ち返ることになりますが。「好き」は行動の源のように感じるからです。

「好き」のパワーは偉大だ!&「好き」に関する3つの考察、の話。 - ぐるぐる人生の記録

「好き」になるときの話。

好き、になるのはたいていひとめぼれ。出会ったとき、言葉に触れたとき、何かを見たときや感じたとき、そのときに気づいたら好きになっています。惚れる、とも言うのかな。「惚れた」瞬間はいつだって明確で鮮烈です。あとから思い返すと、「あっ」って感じでわかります。

「好き」のパワーは偉大だ!&「好き」に関する3つの考察、の話。 - ぐるぐる人生の記録

「好き」になったあとの話。

そして、好きになると知りたくなります。こんなときはどう思うの?なにを考えるの?どう行動するの?直接聞いて答えがもらえると嬉しくて嬉しくて、何度も反復して取り出して眺めてまた考えます。いつだって、頭の中はハテナマークでいっぱいです。 対象がモノのときも同じ。これはどうなっているの?なぜこうなったの?どうしてこうなるの?知りたい、知りたい、知りたい、と無我夢中で調べ、文献を読み、人に質問をします。 モノでもヒトでも、知れば知るほど知らないところがでてくるのが面白いところ。退屈と無縁、反対にあるのが「好き」という感情だと思っています。

「好き」のパワーは偉大だ!&「好き」に関する3つの考察、の話。 - ぐるぐる人生の記録

なぜ「好き」になるのかの話。

今のところの「なぜ好きになるのか」という疑問に対する答えはこんな感じ 1. 生物的に(遺伝子レベルで好きになっちゃう、子供の免疫を高めたいとか、能力の補充とか、匂いとか容姿とか、主にフェロモンのせい)2. 後天的に(それまでに培われた「良し」とされるものへの渇望、所有することによる承認欲求の解消とか、理由に他人が存在する感じ)3. 人間的に(なんかもうよくわかんないけど、うわっ好きだ、となる感じ)

「好き」のパワーは偉大だ!&「好き」に関する3つの考察、の話。 - ぐるぐる人生の記録

「好き」への感謝の話。

毎日の生活、一日のはじまりから終わりまで、たくさんの「好き」がその時間を彩ってくれます。本当にそれがハッピー、ヨロコビです。ヨロコビ。出会わせてくれてありがとう、と神様に心の中で毎回言っています。食べ物でも、飲み物でも、場所でも、ひとでも、もっと大きなものでも。

「好き」のパワーは偉大だ!&「好き」に関する3つの考察、の話。 - ぐるぐる人生の記録

 

でもね、ここ最近わかりません。

わからない理由はわかっています。わかりたくないからです。

 

「好き」は無条件でいいものだ、と思っていました。

どうやらそうではないみたい。

 

そりゃそーだ、と思います。

だって、どの物事もゼロ、光があるから影があり、影があるから光を光と認識できる。

 

「好き」だって一緒。

 

好きはいいもの、元気をくれます。

でも、その一方で気持ちを落ち着かなくさせます。

「凪」の状態でいさせてくれる「好き」は少なく尊いというか…。

自分のエネルギーを外へ向けてしまう。

内側にむけたら少し違う変化があるかもしれないのにね。

 

というわけで、師匠に言われた「しばらく恋愛やめといたら」というのを受け入れて、のんびり暮らすことにしました。のんびり。

 

「好き」を感じて、味わって、自分の栄養にする。

もっともっと人生の純度をあげるためには、おそらく「好き」の矢印を自分に向けたほうがいいよ、という意味でしょう。

 

そして、それは私が最も苦手なこと!ひ~~~。

 

自分で自分を満たす、こと。

 

さて、練習開始です!

それに、これができないと、なかなか生きたいように生きられないもんね。

 

というわけでBBコーヒーの次は本屋さんへGO!です:)るんるん。

カラーセラピーなどのご予約はこちらから!クービック予約システムから予約する