「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

どうやら「できないもんはできないし、できることはできる」らしい

 

いろいろなひとに「生きやすさ」をもらいます。

今も言葉にできない気持ちでいます。

 

友人のありちゃん(呉屋なるみ)がこんなことを彼女のブログのなかで書いてくれました。

 

長めですが引用します。

 

例えば私には、はるちゃんというお友達がいて! はるちゃんはラートが大好きで! ブログで練習している様子やお話も!ラートについてたーくさん見て、聞いていました。

(はるちゃんのブログより「「ラート」ってご存知ですか?(好きになってもらえたら嬉しいです。)の話。」:http://www.pidakaparuna.space/entry/2016/05/18/204422

その過程があったためか、 はるちゃんの大学生活最後の大学祭でのラート披露は歓喜余る喜びと感動があって。

と〜〜っても素敵な時間でした。

はるちゃんが演技しているところを見てね、

「ああ、この前はラートのこんな話をしてくれたな」とか「ブログからも、はるちゃんラートが好きで、その好きがいっぱいだったな」とか これまでの情報が一気に頭の中の記憶からあふれ出してきて、 嬉し泣きと感動と、もう涙が止まらなかったのを覚えています。

そしてそれは、はるちゃんを知っているお友達は皆嬉しくて嬉しくて。いっぱいいっぱいだったんじゃないかなと思います。

 

芸術って身近だね、それと朝の時間って素敵だよね!のお話 - a-richannelのブログ

 

そしてね。

 こう続きます。

本当に素敵な人ですはるちゃん でね、はるちゃんの演技を生で初めて見たとき思ったことがあって。

「うん。私。はるちゃんがラートで全国、そして世界で活躍していても、多分驚かないな」って(笑)

はるちゃんが「公演するよ!」ってなったら「驚き!」よりも先に「いついつー!絶対行くね!!!」って私は声をかけるんだろうなと思っていて。

はるちゃんに使うお金なら、なーんにも躊躇しないな!って。

そんな気持ち!

長くなったけれど、言いたいのは その人自身の頑張っている姿を見て、そして感動をもらえた人は、そこに価値をすっごく感じるんだな!という事。

なんて素敵なんだろう。

私もこんな素敵なはるちゃんに憧れるよ〜〜✨

芸術って身近だね、それと朝の時間って素敵だよね!のお話 - a-richannelのブログ

 

ああなんて嬉しいこと言ってくれるんだろう、と。

 

どんなに褒められても、自分のことを「素敵」だと思えなくて。

 

何回も自分のこと嫌いになったり好きになったりを繰り返して、最近やっと「ぜんぶまる」を20パーセントくらいできるようになってきたところです。

 

だって毎日ダメな証拠ばかり目に付きます。

昨日の夜だって、6月の電気代支払うの忘れて電気とまってしまって、人の家でシャワーあびて。

携帯も結局支払えてなくて止まってて。

後輩に借りたお金まだ返せてなくて。

 

そして、ラートのことだってそうなんです。

私よりも順位が上のひとは私よりもっと真剣にラートに向き合ってて、練習ももっと根をつめてやってて、でも楽しめてて。それは私にはずっとできなかったこと。

だからラートのことでこんな風に褒められるとさらに縮こまります。

 

でも昨日はちょっと違った。

嬉しくて、身体の力が抜けちゃって、ほろほろ泣けて。

なんでだったんだろうって思って。

 

「これでいいんだ。」

ってやっと思えたからだって今朝わかりました。

 

師匠にこんなことを言われて。

 

なんで人と比べちゃうんだろうって自分でも不思議で。

 

掘り下げていってみると、「褒められるのに怒られる」経験がありました。

褒められる、めちゃくちゃ褒められる。

行動力も、発言も、考えている内容も、めちゃくちゃ褒められる。

その一方で、「態度がなめてる」とか「身の回りのことができない」とか、そういうことですごく叱られる。

そういうのずーっとだったなーって、振り返ると幼稚園の頃からありました。

 

家族だけじゃなくて、周りの大人にね。

 

でも、昨日この記事で書いたみたいに。

 

 

www.pidakaparuna.space

 

 

それを握りしめ続けている必要って本当にない。

だとしたら。

 

そんなときに、「あなたは地球に何をしにきましたか?」っていう質問を見かけて。

そこを自分と話したら、もうちょ~~~~ピュアでした。

 

いっぱい遊びたい全力で楽しみ切りたい動き回りたい

いっぱいひとにも場所にもお金にも愛されたい

たくさんのひとに自分のなかにある「好き」を伝えたい

自分の能力を発揮してこの場所を少しでも良くしてみたい

 

これだけ。

遊びに来ただけじゃなくて、ちょっと何かの役割があってきてる。

新しい社会に切り替わるタイミングで、何かできることがある。

そのために、たくさん悲しいことも、寂しいことも、痛いことも体験したんだと思います。

ちょっとはそういうの体感してわかっておかないとできない仕事が待っているから。

 

この自分の気持ちが本当だったら、もう頑張らなくていいやって(そもそもあんまり頑張れないんですけれど)

 

やりたいこと、やりたいように。

 

あと何回このループを繰り返すかわからないけど、一回一回の「肯定」によって、どんどん今までの価値観から自由になっているのは感じてるから、よんなーよんなーでやってみたいと思います。

 

ラートじゃないかもしれないし、セラピーでもないかもしれない。

なんでもいいけど、楽しかったら大正解。

 

 

なら、、、。

今私がしたいのは眠ること、そして練習に行くこと。

なので、眠ったあとに練習に行って、だれかの家でシャワーあびよう。

 

次の家決まってないのに退去手続きしちゃったし。

どうにかなるでしょう、たぶん。

 

もしこれがだめな意思決定の方法ならきっとだめになる。

それだけのこと。

 

だめになっても誰かが助けてくれるから大丈夫だ~。

好かれてる理由が「はるなだから」ってすごい生きやすい。ありがとう。

 


ザ・なっちょん「じゆうにそらをとぼう」LIVE映像2015.9.10

カラーセラピーなどのご予約はこちらから!クービック予約システムから予約する