「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

太りました。


太りました。


歩いていて、自分の足音が重たく聞こえて、魔が差して体重計にのり…

 

f:id:pidakaparuna:20161019121921j:plain


あらら。


今まで生きてるなかで一番重たい体です。

 

59kg。

(ちなみに身長が162cmですから、52~54kgぐらいがちょうどいいのでは、と推測しています。)

 


なぜ太ったか、は明らかです。

食べ過ぎ!

昨日食べたものリストを見ても明らか。

 

たらことたまごのおにぎり
水(いろはす)
リンゴジュース

味玉ゆでたまご2つ
もずく
鮭マヨネーズおにぎり
おかゆ(梅)

おやつ
から揚げの乗った麻婆豆腐丼
チョコクッキー


麻婆豆腐丼

 

この前の日も、お昼にお弁当食べて15時くらいにまたお弁当を…。

食べても食べてもね、おなかがすくんです。

おやつに炭水化物をとりたくなるんです。

 

部活で先輩に相談したら「ストレスじゃね?」と。

 

たしかに!


夏休みが終わったから。

大学が始まったから。

卒論執筆があるから。

大会が近いから。

引っ越したいのに引っ越せていないから。

お金を返したいのにまだ返せていないから。

進路の考え事が重たいから。

 

という、様々なストレス。

後半打ってるだけで「うっ…」ってなったもん(打ってるだけで「うっ」て!あらま!)

 

そして、おそらくそれらのストレスが今までで一番大きいから、体重もそれにあわせて重たくなったんだと思います。

 

食べても食べてもおなかいっぱいにならない、「食欲のおばけ」状態。

食事をすること、食べることはとても好きで、普段でも大食いの方です。

でもこれは明らかに何か違う。
ストレス解消のために食べてしまっているなぁという感じ。

 

しかし、昨日体重計に乗ったあとに、これは…やだ!と思った自分がいます。

その直前まで、頭の中をぐるぐるする考え事にげんなりして、体育館の二階をぐるぐる走り回っていました。
ぐるぐる走り回って息が切れたので、水を飲もうと思ったら、水飲み場の横に体重計があって。


つい、乗ってしまったんですよね、

そして出てきた「これは…やだ!」という衝動。

f:id:pidakaparuna:20161019121827j:plain

だってー後輩の男の子より重い。筋肉量はあちらかにあっちが勝ってるのに。

 

やだなーやだなーと思ってても何も変わりません。
できることから手を付けねば。


「気持ちのよい」「心地の良い」状態にいるとき、私は食べ過ぎません。眠りすぎませんし、はしゃぎすぎません。


どっちの自分もあっていいので、これはこれで面白いかなと、しばらくは思っていました。

でも、「これは…やだ!」なら、もうおしまい。


ひとつひとつの考え事に答えを出しつつ、出せないなら動きつつ、痩せようと思います。

 

かわいい後輩に「え、食べたいもの我慢するってきついじゃないですか。運動を増やしたほうがいいんじゃ。」って言われて、それもいいな!と思ったから、走るのも続けてみます。

 

f:id:pidakaparuna:20161019122252j:plain

私より軽い後輩たち。

 

太っててもいいし、痩せててもいい。

どちらの状態も結局はまる。

太ってても私の価値は変わらないのもよくわかったし、痩せてるときと比べても特に生活に変わりなし。


でも、今回の話は少しカラーが違う。

「太ってる」ことが問題ではなく、「太ってる」状況に問題があって。

そして、その状況はながく続けていたらたぶん厄介に……。
(ラート回してて前よりも疲れるのも確実に体が重いからだし…。これは落ち込んだ……。)


それに、体の底のほうから「いやだ!」の声が聞こえるとき、その「いやだ!」は、完璧な拒絶ではなく。

「いつまでも頑張れないふりしてないでさっさと頑張って!」という叱咤激励なんですよね。

 

心屋仁之助さんの「自分をなめるな!」にも通じるこの感じね。

 

ココロでやせるダイエット

ココロでやせるダイエット

 

 これも読んだ!そうか、太るのは「行動」が理由じゃないんだ、とよく理解できた。

 

う~~~ん、本当にうじうじ虫だなと思いつつ。
そして自分で自分を馬鹿にするのそろそろやめたいし、もうやめようって決めて。

よしっやろう!と重たい腰(今書くと形容詞以上になんだか心にくる「重い」という字)をあげて、ひとつひとつ終わらせてみようと思った話でした。

体の底のほうからくる声って不思議で、だいたいこれに従ってひとに会いに行ったり出かけたりするとうまくいきますね。不思議。直観力。


というわけで、一週間後、まだ自分の体重について書いて、痩せてるか確かめてみます。こうごきたい!

カラーセラピーなどのご予約はこちらから!クービック予約システムから予約する