「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

「沖縄ブロガーミートアップ vol.2」に参加して考えたこと③


一番大切なのは、たぶんこの考え事「ではどうするか。」


いろいろ学んだけれど、じゃあどうする?じゃあどうしたい?

です。

 


実際に登壇もさせていただいて、イケダハヤトさんと同じ舞台に立てたわけです(ちょっとちがうけど)

f:id:pidakaparuna:20161017144018j:plain


それってもうそれだけでめっちゃ嬉しいなと今も心がウキウキします。


でも、やっぱり違うわけです。

 

まだ、何者でもない。


言ったら、こう、駅前とかでティッシュ配りをしてても、「あ、どうもティッシュありがとうございます」って思ってもらえるか、「いや、いらんて」とパサッと断られるくらいのひと。

そのティッシュ配りをしているのが、「日高春奈」なんだといかに伝えたところで、「え、ほ、ほう。(変な人)」になっちゃうレベル。

 

でも、イケダハヤトさんが同じように駅前でティッシュ配りをしてたら「いやいやいやいや!」とツッコミいれるか、「(消耗しちゃうんじゃないかな…?)」と心配されると思うんですよね。
そして、「イケダハヤト」なんだ、と伝えたら「存じ上げております」となるわけです。

 

いいな~。

f:id:pidakaparuna:20161017144502j:plain


じゃなくて、それって何の差なのかというと、これイベント中に、ある登壇者の方がおっしゃっていた「世界で一番詳しく解説しました!」というドヤッと感がひとつキーワードだと思います。

そして、イケダハヤトさんがこの記事に書かれているように「日本一パワーをかける」ということ。

www.ikedahayato.com

 

これも大切な気がしてる。

 

仕事で成功するために必要なのは、自分の強みを把握して、自分が好きなことだけやること。これだけです。周囲から引き止められようが、この方向性にどっぷり浸かることができれば、仕事はうまくいきます。マジです。

(上記記事より引用)

 

これらがおそらく「日高春奈です」の答えを変えてくれるんじゃないか、と。

 

でも、いまいち「日本一パワーをかけよう!」と思えることがない、あれ、かけるのが先?どっちだろう。

 

10人いたら10人違う文章があって、写真があって、コンテンツがあって、だからきっと私は私のペースで自由にやればいい。


のであれば、やっぱりまずは「私」を作り上げることが最優先。
「日高春奈」としてリリースする前に、その中身づくりをするようにスカスカな部分や深堀りできてない部分を埋めていく。

そのためにもっとアンテナを張りたいし、50単位くらいの区切り目で過去記事を振り返って「何に自分が反応しているか」「どういう思考のスタイルを持っているか」「何が好きか」「何が嫌いか」について明らかにしていきたいなって思います。

 

要するに価値観をつくっていく作業、でもつくっていくって足し算ではなく、今あふれている情報からどんどん他者によって与えられた価値観や思い込みを引いていくイメージ。

1000記事のころには身軽だね:)


それじゃあきっと、アクセス数も増えないし、収益化もできないから、「本気でブログをやる」状態ではないと思うけど…。

それでも、今「カラーボトルのあそび」をやりたいと言ってくださる方がいるみたいに、「ラート教室ない?」と言ってくださる方がいるみたいに、そんな風にお仕事には繋がっていくことでしょう。

f:id:pidakaparuna:20161015125022j:plain

(右側メールフォームからBBコーヒー(沖縄市泡瀬)までいらっしゃれる方の分は受け付けています、もう少し詳しい情報、もう少ししたらのせます、ぜひぜひよろしくお願いします!)

 


まねできそうなところからまねしていこう。

よんな~よんな~で。


きっと、1000記事書き終えるくらいには、「自分が何にパワーをかけたいか」がわかるし、わかるというか、もうきっと1000記事書き終わる頃にはパワーをかけちゃってるんだと思います。

 

とにかく、すごい方にいっぱいあって「こういう生き方がある!!」というのを実感できて本当に幸せな時間でした。

ブログは私のナリワイのひとつになっていきます。
まだまだこれから。

楽しもう~~~~っと。


運営の皆様、イケダハヤトさん、絡んでくださった参加者の方々、つたない話を聞いてくださった方々!
そして、読んでくださって、どうもありがとうございます!しぇーしぇっ!

 

www.pidakaparuna.space

www.pidakaparuna.space

f:id:pidakaparuna:20161017114616j:plain