「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

内緒の場所での内緒の夜の話。(「素」を好かれるのと「素」で嫌われるのとの話。)

 


昨日の夜は、内緒の場所で、音楽をしました。


私はボーカル。

 

f:id:pidakaparuna:20161002185240j:plain


(写真はドラムなんだけど。ね!笑)

 

歌詞を間違えるたびに、ギターやベースを弾きながら、くすっと笑ってくれるお兄さんたちが大好きです。

もんぱちの「あなたに」をたくさんうたったけれど、「ほら、気がついたら僕の腕の中」のところ、一回も上手に歌えませんでした。

 

f:id:pidakaparuna:20161002185354j:plain

(みんな大好きなおにいさん。)


この内緒の場所は、これまた大好きな先輩の萌子さんが教えてくれた場所です。

「女のひと」でもなく、「学生」でもなく、「ラートの子」でもなく。

子供でいられる場所、そのままの本当に根本のところのそのままでいられる場所です。

 

「はるちゃん」と呼ばれるたびに、私はうきうきします。

 

f:id:pidakaparuna:20161002185504j:plain

だいたい5歳れべる。 

 

そこにいるのは「そのまま」の、素の自分だからです。

 

さとうみつろうさんが、この記事のなかでこんなことを書いています。

恋のおまじない ~好きな人と結ばれる~|さとうみつろうオフィシャルブログ「笑えるスピリチュアル」Powered by Ameba

 

あなたは、ありのままの自分で生きていますか?

「わたし」を着飾るのは、良いことかもしれません。オシャレって楽しいし。でも、着飾ったままの状態の時に、誰かに愛されてしまったら、マジ最悪です。
愛されるために、無理をした。無理をした状態で愛された。
すると無理(それは楽じゃない状態)のままで、生きなければならなくなるのです。
一方、以下の様なケースもあるわけです。
誰にも愛されなくてもいいから、無理をしなかった(=ありのままの自分)無理をしない状態で、愛してくれる人が見つかった。
ありのままの自分でコンビニに行けるのだから、楽に、ずっと生きられるのでしょう。
あなたは、どのような状態の時に、最愛の人に、出会いたいですか?

 

 

素を愛されること、素を嫌われること。

それはとても、こわいことであり、嬉しいことです。

 

なぜこわいのかというと、単純に「素」だからです。そのまま。


そこに嘘があれば、仮面があれば、飾り付けたメッキがあれば、嫌われても言い訳があります。

「だって嘘だもん。」

「だって偽物だもん。」

それで済む話。


嫌われても、ぜんぜん傷つきません。


嘘がない「素」であれば、それはそのままの自分を嫌われるということ。


しんどいです。

誰にも嫌われることなく生きていけたら、どんなにいいかなぁ~とよく妄想します。

 


でもね、同時に「素」を愛されるというのは、これ以上ないくらいすんばらしいことです。

ちなみに、昨日、あの内緒の場所では、そのままの「素」を愛されていたなぁと、思い返してもにんまりです。

 

とはいえ、私の素、というと、本当にとんでもないです。
(ときどき、素から素晴らしくいい子もいるので、そういう人に出会うと、「わああ」ってなります。)


この子達とかね。すごいきれいな素をもっています。

f:id:pidakaparuna:20160927130324j:plain

 

 

後輩のあみちゃんとみのるんるんです。
ぴゅあっぴゅあです。

 

私は、人が嫌がることのライン、線引きを見るのが苦手です。小さいころからずっと。
「してはいけないこと」がわからない、なぜだめかを説明されても納得できないとそれを受け入れられない。


今、周りで「そのまま」を愛してくれるひとたちは、私にそれを教えてくれます。

要するに、突然嫌いにならないでいてくれています。


それがとてもありがたいです。


「これはだめだよ」を教えてくれる。
「それはいやだよ」と伝えてくれる。


そのコミュニケーションがあると、安心してそのままでいられます。


嘘をつかず、仮面もつけず、飾り付けもしないで、そこに在ることができます。

 

そして、そこにそのまま在ることができる喜びはとても大きいです。

温泉のような。

 

そして、その温泉のような場所があるから、「外」で私は、日高春奈を生きることができる。


日高春奈は、もちろん「素」ではあるんだけど、その場その場にあわせて、部分部分を組み合わせたり、減らしたり、出さなかったり。


何が言いたいのかよくわかんなくなっちゃった。

そのままで生きる、というのはどういうことなのか、昨日の記事を更新したあとからずっと考えています。

まだまだ答えはでません。


これは、もうすこし時間がかかりそう、12月くらいまでかかるかな。

f:id:pidakaparuna:20161002185846j:plain

 よんなーよんなーでね。すてきな砂のおもちゃでした。


嫌われるのってやだよねぇーっていう話でした。

読んでくださってありがとうございます。

明日から学校なの、やだやだ口では言いつつ、ちょっと楽しみです。

卒論がんばろ。

 

花火もみたよ。

f:id:pidakaparuna:20161002185928j:plain