「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

自分を大切にする、の、「自分」は結局まわりにいてくれるひと、の話。

 

好き!、も、嫌い!、も直観的にババッと仕分けしてる。

言うなれば、「一目惚れ」と「一目嫌い」の連続の毎日、毎瞬。

 

(一目嫌いという言い方は心屋仁之助さんのこの本 で学んだ。)

 

一目惚れ、一目嫌い、のどちらの選択基準とは別に、

昨日書いた「やってみたい」のアンテナや、「きゅん、とする」のアンテナもある。

やってみたい、はすごくわかりやすい。

「きゅん、とする」は、時々見失いがち。

かわいい、美しい、好き、お気に入り、うきうき、ヨロコビ

というような要素。

こんまりさんの片付けの魔法の話でいう「ときめき 」に近いと思う。

それよりも、外的要因が少し多い、イメージ。

 

https://www.instagram.com/p/BFbElLcDcZY/

(北谷のアダニーにて、おいしかった~~~)

 

高校生の頃から、お姉ちゃんの影響で好きになった「阿部真央」がいる。

私はこのひとの生き様が大好き。かっちょええ、わけです。

 

その、あべまの歌のなかに「情けない男の唄」というのがあって。

 

その歌詞もメロディーも好きなんだけど、特に好きなところがここ。

 

好きなものだけ食べて
好きなだけ笑って
好きな唄だけ歌って
好きなだけ寝よう

好きな人だけ愛して
好きなだけキスして
そんな感じで生きられたら
どれだけ素敵なことでしょう

(引用元:http://j-lyric.net/artist/a04f581/l014ded.html

 

 

歌いだしのところ。

これをね、できてる自分の姿を想像すると、すごく気持ちがウキウキする。

そのウキウキが持続していると、周りにすごく親切にしたくなる。

 

自分のことを大切にするっていうのは周りを大切にするのと同じ。

 

好きでいっぱいになると、優しくなる。

それがここの歌詞のところに現れている気がします。

 

一番大事なのも一番大切にしないといけないのも本当は自分。

そのことを教えてくれたのは、周りにいるかっちょいい大人。

 

頭の中で、この歌と紐づけられているのが、少し前にもらった言葉。

自分の人生に期待できるのは自分だけだよ。

自分のことを大切にできるのも自分だけだよ。

 というような言葉。

 

自分をないがしろにしていると、気づいたら自分の大切の仕方がわからない。

自分の大切さがわからないと、周りのひとを大切にする方法がわからない。

周りのひとを大切にできないと、結局は自分が傷つく。

 

自分のことも傷つけて、周りのひとを責めて、

それでも周りのひとに愛されて、傷ついてることに気付いて。

今はまだ、大切にする方法を模索中、という感じ。

 

https://www.instagram.com/p/BF3SiNZjcak/

愛がいっぱい

 

時間はかかるかもしれないけど、周りにいてくれるひとのことを、

もう少し上手に大切にできたらいいなぁーと思う朝でした。

 

身体に触れなくたって、言葉選びが下手だって

一緒にいる時間が思うようにとれなくたって

ごはんの好みが全然あわなくたって

話しかけるタイミング間違えまくったって

きっと自分のなかにある好きが、ちゃんと伝わる瞬間がくるはず。

 

だめだめな自分のことも好き、といえるといい。

 

読んでくださってありがとうございます。

自分のことばかり書いてる、次何かこう。

 

素敵な木曜日になりますように~~!

https://www.instagram.com/p/BFC5HpWjcbk/

会いたいなぁ。

家族ってなんでしょ。

周りにいる人みんな血がつながってたらよかったのに。

(きもちわるいか。)

でも、

もし本当にそうだったら。
もう少し悲しい出来事が減る気がする。
「ああもう家族だから仕方がないよね。」
とか
「何があったって助けてあげるよ。」
の理由づけになるから。
そういう家族ばかりじゃないのも知ってるけど。
でも、そういう家族が、家族、というもの。
それ以外は、偶然血がつながっちゃっただけ。

うまくいえない。
悲しいニュースは悲しい。
でも、その種は自分のなかにもあるのを感じる。
ので、やっぱり、
自分を大切にして、周りも大切にする。
ことでしか、理想の平和はつくれない。

今日も今日とて!

https://www.instagram.com/p/BCnL3bSDcae/

 

気分はこんな顔。