「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

就活はしないと決めていたのに「Visions+Camp」に参加した話。 

 
バイト先のブログに二月に書いたものの転載。
あの頃の自分はまだまだもがいていたなぁ~と思います。
それでよかったし、やっぱりあのキャンプに参加していなかったら、いまの私はいないなぁと思うわけです。
 
就活の支援とか、人材を取り扱うとかって、本当にデリケートで難しそうで
つらいことも悲しいことも面倒なこともあるはずなのに、全部含めて、目の前の学生に全力を注いでる姿をみると、そんな大人になりたいなって気持ちが大きくなります。
 
あと、あのころの自分には
迷ってもいいよ
悩んでいいよ
こわがっていいよ
不安なまま進めばいいよ
、と声をかけてあげたい気持ちでいます。
 
無理をしすぎて人に迷惑をかけ、自分を面倒くさがり、放置して。
そんな循環のなかに居続けなくてよかったねー、と。
そんな循環からフワッと連れ出してくれた沢山の出来事にありがとう、です。
 

就活はしないと決めていたのに「Visions+Camp」に参加した話。 - Topothesia

 

 

カラーセラピーなどのご予約はこちらから!クービック予約システムから予約する