「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

読んだ本、見た映画、行ったイベント

お給料をもらうって嬉しい、カラーセラピーのお仕事も大好き!

カラーセラピーのお仕事やっぱり大好きだ! それを教えてくれたのは今日のカラーセラピー 受けてくれたのは医学部の後輩のなっちゃん! カラーセラピー代って決めてないんだけど1000円いただきました 1000円も!? と、うるうる うれしくていただいた1000円…

「存在給」がわからない……。

繰り返し同じ言葉やメッセージが目の前に現れるとき、ああ何かを伝えてるんだなと思います 後輩(尊敬していて、もう後輩とも思ってないけれど)の彼は 「人生で何回か同じような状況にあたるとき、そこには取り組まなければならない課題があるように思うん…

初「誕生学」受講!胎児の成長スピードすごすぎる、ということは?(愛されなければ1歳までで死んでしまうという話)

生まれて初めて「産道体験」「妊婦体験」をして、そのあとにおいしいバナナケーキをいただきました。 テンション上がりすぎて携帯で写真を撮る間もなく、目玉の写真は撮れていません…が、はじめて「誕生学」に触れた感想を記したいと思います。 っていうか本…

【感想】「すごい瞑想-いますぐ!身体も心も美しくなる」を読みました。読んだ後は、瞑想したくなるよ。

瞑想をしてるときに見えること すばらしい体験をするときもあれば 恐ろしい体験をするときもある 今日、この本を手に取って、久しぶりに瞑想しよう、と思いました いますぐ! 身体も心も美しくなる―すごい瞑想 作者: 惣領智子 出版社/メーカー: 興陽館 発売日…

「ぢんさん」が教えてくれること、教えてくれたこと。【自分に訊く、自分の人生を生きていますか?の話】

昨日、大好きなぢんさんにすごく大事なことを教えてもらいました ぢんさんっていうのは心屋仁之助さんという方で、本名は知りません たくさん生きやすく生きるための方法を世の中に伝えているすごいひとです なので、私が知ってるのは「ぢんさん」なわけです…

才能を教えてくれる本がくれるのは勇気と愛と積極性!うそ、ひまつぶし?

ストレングスファインダーをご存じでしょうか。 「あなたの才能教えます。」という一見嘘くさいその本を手に取ったきっかけは、尊敬する人に勧められたひとに間接的におすすめされたからです。 かなり多い質問に答えると、なんらかのなにかによってその人の…

【金ぴか】PICOさんの『運命上昇! 何をしても幸せになっちゃう方法』を読みました、金ぴか!

PICOさんの書いたこの本を読みました。(いやpicoさんにお会いしたことあるわけじゃないんですけど、ちょくちょくFacebookで見かけて勝手に親近感、バニーガールのひと!) 運命上昇! 何をしても幸せになっちゃう方法 作者: PICO(ぴこ) 出版社/メーカー: ヒ…

うだうだと自己分析-happyちゃんから学ぶ「好き」についての忘備録

もうね!ほんとにhappyさん好き!笑 大好きだ~~~~~~ この記事がもう最高です、最高! ameblo.jp 自分用メモに近いですが、そうだなぁって思ったのすごくね 理由は、私が以前憧れてなりたくて好きだと思い込んでいたものたちは 他人から見て『素敵な人…

【感想】happyさんの『「幸せ」の教科書』を読んだ!ボルテックスって何?なひとにおすすめ!

Happyさんの新作、なんと漫画でした! 仮面かぶって生きてませんか? マンガでわかる「幸せ」の教科書 作者: Happy(著),湯浅みき(作画) 出版社/メーカー: 大和出版 発売日: 2016/12/08 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る ちょ~~…

茂木健一郎のTwitterから「自分は変わる」について考えてみた。ゆるく、おおきく、たおやかに。

脳科学者の茂木健一郎さんがこんなことを呟かれていた自分は変わることができるというプライドは、いくつかの要素に支えられなければならない。まずは高度に安定化したメタ認知。自分が変化しても、その変化自体を外から見て、楽しめるような、そんな認知プ…

【好きだ】アイリス⚫マリオン⚫ヤング『正義への責任』、大学生活のなか最も記憶に残った本。

大学の図書館は、作業は進むけど、なんだか酸素が薄い気がします。喋ってはいけない!の雰囲気がそうさせるのか、足音ひとつも響くから気をつかうし。まあ、そんなのはなんでもいいんだけど、大学に入ってから出会った本のなかで最も私の人生に影響があった…

薔薇のアップルパイ、つくったよ!

毎年、里帰りのときにするお姉ちゃんとの夜中のお菓子作り。今回は薔薇のアップルパイ・カスタードクリーム・バニラアイス添え!! いい感じだったなぁ~~!自画自賛! これがこう! 味に厳しく作り方にも厳しい叔父さんもおばあちゃんも喜んでたので、美味…

【感想】心屋仁之助『傷つけあわない関係をつくるシンプルな習慣』

心屋仁之助さん新作のこれ、読みました。傷つけ合わない関係をつくるシンプルな習慣 (朝日新書)作者: 心屋仁之助出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2016/10/13メディア: 新書この商品を含むブログを見る あなたの風邪はどこから?わたしは喉から!的な …

マッサージって好きな人にしたいよね(下心満載)

年末の里帰り恒例のマッサージをおばあちゃんと叔父さんに施しつつ 叔父さんと、マッサージ談義(うちはお父さんが四人兄弟だから3人の叔父さんがいます) 嫌いなひとをマッサージすると具合が悪くなる、という叔父わかるなぁ~~っていうかそもそも触りたく…

<私>をつくった本たちの記録 vol.1

なんでこんなにスピリチュアルな世界を面白がっているんだろうと、自分について興味津々に考えていて。 最近、一つの答えに行きつきました。 それは、まだ小さかった頃にずっと夢見ていた世界です。 何を隠そう大のファンタジー好き!幼稚園を出る頃には一通…

【感想】さとうみつろう『金持ち指令』---あなたにとってお金ってなんだ?の話

さとうみつろうさんが書いた「これ読んだらお金持ちになれるよ」って本を読みました、ネタバレしつつ、紹介&考えたことを。金持ち指令作者: さとうみつろう出版社/メーカー: 主婦と生活社発売日: 2016/12/02メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブ…

「君の名は。」を見て思い出した三年前のパラレルワールド体験

おそばれながら「君の名は。」を見てきました。 でね、映画の内容もすごく良くて、いろんなこと感じて、考えて、いっぱい泣いたんだけど、私はこの映画をみながら、三年前にみたある夢のことを思い出していました。 三年前、ひとんちのベッドで見た夢。すご…

「毎日が幸せだったら、それは幸せといえるだろうか」 さとうみつろう講演会12.14

さとうみつろうさんの講演会に行ってきました。 だって、引退する!というので、ええ~~!?と思って、でも3か月ぐらいらしいです。 始まった時からミラクル。 開始が10分遅れてるのにみんな和やか、誰もそわそわしてない、みつろうさんは「早く席につけ」…

【感想】「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」を読みました。

この本を読みました、漫画です。 さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ 作者: 永田カビ 出版社/メーカー: イースト・プレス 発売日: 2016/06/30 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (3件) を見る この漫画、少し前にツイッターにちょっとだけ内容が流…

「自分で在れ」を実践して気づいてわかったこと---人は放っておくに限る、言いたいことはスパッと言う、失敗もまるっとOK!

さっき紹介したこの本を読んで、まだまだ暗く重たく生活してた7月くらいを思い出し、そのとき手に取ったバシャールの本も、私を変える大きなきっかけだったんだなと思い出しました。 だからきっと、今変われないなぁと思って悔しかったり悲しかったりするひ…

『あ、バシャールだ!地球をあそぶ。地球であそぶ』を読んだ!いい本!すばらしいバシャールの本!(あやしい?)

こいつぁ~すごいや!な本。これ。 あ、バシャールだ! 地球をあそぶ。地球であそぶ。 作者: ダリル・アンカ,HAPPY,LICA,FUMITO,YACO,ヤブキユミ 出版社/メーカー: ヴォイス 発売日: 2016/11/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る…

「心屋仁之助」に会うと人生が変わるよ、ちなみに沖縄に12月20日に来るよ。

いろんな気持ちがあふれて それが涙になって 流れて 流れ切ったあとに くしゃっと笑う 目の前でその一部始終を見たときに ああよかった 生きてきてよかった そう思う自分と出会いました 昨日の夜、うんと勇気をだして フェイスブックを通じて相談をしてくれ…

ちょびっと、「好き」の気持ちの話。(ポリアモリーのおかげで生きるの楽になったよ)

誰かを好きになるなんて、あほだなぁと思って、車に乗りながらお出かけするのは楽しいなと思って、そんなことを思っていたのは忘れて回転ずしを楽しみ(今日一番おいしかったのはあじだった)。 連れて行ってくれたひと、なぜか助手席に荷物があって、どける…

佐々木ののかさんの「セックスを探してる」を読んだ、よくわかる気持ちだと思った。

佐々木ののかさんのこれを読んだ。 note.mu 自分も少し色の違う似たような経験がいくつかあって。なんで途中でやめてって言えなかったんだろう、とか。すごく嫌で気持ち悪かったのに、逃げられなかったんだろう、とか。 そして、どのエピソードも、信頼して…

「はあちゅう」さんはすごかった。私も「何者」になりたい。(『半径5メートルの野望』を読み始めた感想と考えたこと)

昨日、本屋さんで『鹿の王』を読んだついでにいろいろと見ていたら。 パッと目に飛び込んでいた「はあちゅう」の文字。 ちょっと恥ずかしいけど、大学生3年間くらい付き合ってた(る?)ひとや、お姉ちゃんや東京で育ててくれたひとたちは私のことを「はー…

上橋菜穂子が好き!(「食べ物」と「哀しさ」の描き方について)

上橋菜穂子作品が大好きです。 小学校の頃に地元の図書館で『精霊の守り人』に出会い、そこからドはまり。 シリーズをあっという間に読破し、新刊を心待ちにしていたのを覚えています。 精霊の守り人はこれ。 精霊の守り人 (新潮文庫) 作者: 上橋菜穂子 出版…

教室にいられない病→教室に→90分「あしたのジョー」(劇場版)

あと五分で講義が始まっちゃう。 次は大衆文化論。 今回の内容は「おかあさんといっしょ」を見て、この番組からどのようなジェンダー観を植え付けられたかを分析するというもの。 面白いです。 ちなみに前回取り上げられたのは白雪姫。 あと二分もしたらこの…

普通ってなんだ!(村田沙耶香著『コンビニ人間』の感想、第155回芥川賞受賞ってよ)

さて、読みました。コンビニ人間。 コンビニ人間 作者: 村田沙耶香 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/07/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (30件) を見る 帯に書かれてる言葉がかっこいいから読みました。 コンビニこそが、私を世界の正常な…

ラットレース脱出…失敗。(『金持ち父さんと貧乏父さん』を教科書にお金の勉強をしました)

今日は師匠とお金の勉強をしました。 友人とともに「ラットレース」なるものをつかって。 このゲームのもとになってるのはこの本! 『金持ち父さんと貧乏父さん』です。 金持ち父さん貧乏父さん 作者: ロバートキヨサキ,シャロン・レクター(公認会計士),白根…

引き寄せの法則は、絶対的な根拠のない自信。

びっくりです。 すんごい「引き寄せ」体験しちゃった。 しかも今回の人生では絶対ないだろうと思ってたような、本当に奇跡。 もはや誰に感謝したらいいかわからないけど、本当にありがとう。 「引き寄せの法則」があるのはなんとなーく知っていました。 理解…

「サマータイムマシン・ブルース」を観た!

昨日みたこの映画、久しぶりにホッとできる映画を観たな、という感じでした。 (これの前にみた映画は今公開中の「怒り」、その前にみた映画はタイトル忘れちゃったサスペンスもの) 紹介してくれたひとは「誰とでも気軽に見れるね」と。 映画をさらっと紹介…

「あなたのジェンダー観に影響を与えたメディアは何ですか?」を考えるの面白い

「あなたのジェンダー観は何によって培われたものか?」と、講義のなかで質問されました。 以前、メディアリテラシーについて整理しました。 それと同じ線上に今回の話もあります、いうならば「メディアと私の関係性」ということ。 講義中、幼少期、小学生時…

SEALDs創設メンバーの奥田愛基さんの書いた「変える」を読んだ話

この本をね、今日読みました。 変える 作者: 奥田愛基 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/06/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る SEALDs創設メンバーの奥田愛基さんの書かれた本です。 帯に書かれていた「23歳」が目に飛び込…

「おおかみこどもの雨と雪」が好きだの話。

「家があったらいいだろうなぁ。 扉をあけて、手を洗って、顔を洗って、それから椅子に深く腰かける。 そういう家があったらいいだろうなぁ。」 (映画のなかのセリフから。) 孤独と孤独がひびくなら。 そう縁を結び合える相手がいるのなら、それはとても嬉…

龍が好きなんだよ~の話。

龍の出てくる本を読みました。 今年に入ってエネルギーに特化した龍のお話に触れるのは二度目です。 好きだなぁー海と空と同じくらい龍のことが好きだなぁ~~。 小さい頃からたまらなく好きだった龍、竜、ドラゴン。 自分の意志で選んでプレゼントしてもら…

「かみさまとのやくそく」を観て考えた話③

「かみさまとのやくそく」を観て考えた話①はこちら。②はこちら。 さて、最後の「かみさまとのやくそく」を観て考えた話です。まるさん。 ここでは映画の最後にとりあげられていた「インナーチャイルド」の話について。 インナーチャイルドの定義ってこんな感…

「かみさまとのやくそく」を観て考えた話②

「かみさまとのやくそく」を観て考えた話①はこちら。 (赤ちゃんのときの写真は見当たらず、3歳のお誕生日。三姉妹とパパ、写真を撮ってるのは母という、すごい写真なんですよ、これ。うちのパパハンサムなんですよ。) さて「メッセージ」の話。 ここでい…

「かみさまとのやくそく」を観て考えた話①

昨日は「かみさまとのやくそく」という胎内記憶に関する映画を観に行きました。 胎内記憶って2~3歳の子どもに聞くと答えることがあるそうです。意味は文字通り「胎内」おかあさんのおなかのなかにいた頃の記憶ですね。 私はもう覚えていません。むねん。 …

「ハウルの動く城」を自己分析しながら見たら呪いが解け…の話。

(写真はぽにょだけど見たのはハウル!) 昨日の夜、「ハウルの動く城」を見ました。 それを見ることをジブリ通のひとに言ったら、「ソフィーが老婆になってしまう呪いは、ほとんど自己暗示が原因だとわかった上で観ると、なぜ呪いが解けたのかも含めてより…

「スドウゲンキ×バシャール」を読んだよ!なんで生きるの?ワクワクしたいから!わお簡単!な話。(「スドウゲンキ×バシャール」を読んだ感想とおすすめポイントと自分の話多め)

須藤元気さんとバシャールの対談をおさめた「バシャール スドウゲンキ」を読み終わりました。 昨日手に取ったときからもうウキウキが止まらなくて、そしたらジュンク堂の店員さんがしょうこ(沖縄のトランペット吹き)さんで。 私はとってもとっても嬉しい気…

好きなものを好きな理由は説明できたりできなかったり、の話。(朝井リョウ「もういちど生まれる」を読み終わった感想と好きだったところ)

本はいろいろだなぁ、とよく思います。 特に大学に入ってからは、周りにも読書を好むひとが増え、それに伴って、本の貸し借りやおすすめ本の情報などなども増えました。 今朝は「もういちど生まれる」という朝井リョウさんの書かれた本の感想を。 戦後最年少…

「ワクワクすることは全部正解!」なバシャール的人生観&「やってみたい!」はやってみよ!の話。

facebookの「去年の今日を振り返る」機能のおかげで、去年の今日はシカゴへと向かう準備をしていたことを思い出しました。 ラートの国際交流のプログラムに参加させてもらえたからです。 (お昼たべすぎてぽっこりおなか。) 「やってみたい!」と思って、踏…

「誰かの血に染まった服を着てほしくない。」という言葉の重さと、あなたの「消費」は誰かへの暴力になっていませんか?の話。(「ザ・トゥルー・コスト:ファストファッション 真の代償」を観て、の話。)

社会という言葉を聞いて思い浮かんでいたのは東京でした。広く、高いビルが連なり、大勢の人がすれ違い、ひとりひとりの仕事に追われる場所。 それが変わったのは、明確にいつ、というわけではありませんが、最近のこと。 私にとっての社会は「今、生きてい…

よかったら、あなたの「性」のこと一緒に考えませんか、の話。(私のために)

「性別なんて、ただの身体的特徴の差にすぎないよ」という言葉を知ったのは、大学3年のとき、所属していたゼミで読んだジュディス・バトラーの文献に出てきた言葉。(たぶん) (これです、ジェンダー・トラブル―フェミニズムとアイデンティティの攪乱) そ…

さとうみつろうさんの「その名は、バシャール」を読んだよ、すごかった、の話。(感想&自分に置き換えると)

「その名は、バシャール」はすごい本でした。量子力学の話は少し難しかったけど。 とにかく「バシャール!!!!」ってなる本でした。 うれしいよ! ・「その名はバシャール」だれ!・小さい頃にヒントがあるよ・2016年の秋 その名は、バシャール 作者: …

「人生には「まさか」の坂がある」を読んで、どしんっときた、の話。(感想&おすすめぽいんと)

人生には「まさか」の坂がある、という本を読みました。 人生には「まさか」の坂がある 安里賢次さんが書かれた本。 帯に書かれた「読むと不思議と元気がでます。」という一言につられ、ガーっと読みました。 帯の言葉を見つけた瞬間。in那覇のジュンク堂 ・…

ポリアモリーとして生きよう、と決心した話。

ポリアモリーのことがザックリとまとめられている素敵な本を読みました。 これです。 ポリアモリー 複数の愛を生きる (平凡社新書) ポリアモリーの定義はさまざまかと思います。この本のタイトルにある、「複数の愛を生きる」という表現はかなり誠実に感じま…

「SAPEUR」に会いました、の話。

昨日は日曜日、午後から、 「茶野邦雄写真展「THE SAPEUR」コンゴで出会った世界一おしゃれなジェントルマン」 へ行ってきました。 先輩の萌子さんに誘われて。 (萌子さんはnugeという団体をやっています、セクシュアルマイノリティーについて自然にお喋り…

遊んだポケモンのカセットの違いから考える「ジェネレーションギャップ」の話!

ポケモンGo!が配信されて少し経ち、スマホを片手に歩き回る大人を見慣れました。 (私もそのうちのひとり、ピカチュウかわいい) (いまはこんな感じ、ピカチュウとシャワーズとイワークがうれしかった、きゅんきゅん) 体操部の後輩たちと、いつどのカセッ…