NOW 500→1000

仕事を選ぶとき、条件はわりとどうでもいい。

予定と予定の合間を縫うようにして書き起こし。今回のデータも面白くタイムリーな内容が多く、世の中にこれだけ本気で仕事をしてるひとがいるというのはいいなぁと思いながら、沖縄のまんなかあたりで仕事をしている。 「仕事観」というようなものがなんとな…

Twitterより Facebookが好きな理由

ぜんぶのお仕事にもう手が伸びず、まぶたとまぶたがくっつきそう。 ああ、今日が終わるんだなと実感する。 眠る前、ほんとうはこんなこと考えてる、こんなこと感じてるって言葉にして、またそれを好きなひとと会話するなかで深めたいけど、悲しいかな一人暮…

「単一」ではなく「複数」である体感

「聞いてやれない大人が悪い」「コミュニケーションの障害っていうけれど、障害にしているのはマジョリティー側」「こちらに話が通じないからといって「障害」というのはなんて自己中心的な考え方なんだ」と怒ってた先生がいたって、大学院で福祉を勉強して…

色とりどりの音のなか

まだ音のつぶが、まぶたの裏、みみの横、足のそば、ところかしこにきらきらと残っている。ギターの音に心揺さぶられ涙が出たのは生まれてはじめての経験だった。 わたしの毎日は大きな大きな感動と、少しばかりの苛立ちと、誰かや何かへの恋心で形成されてい…

真の志を喜ぶ

じぶんが頑張ってたのは"体操部"だったんだ、とさっきわかって、ほろほろ泣いたよ ラート二台買えたんだインカレだって沖縄でできたんだ 何回もそうやって、じぶんのラートとの関わり方を正当化しようしようしてきた でも、全日本大会出てたのだって、インカ…

いい日だった、とても。

なぜなぜどうして人生はかなしくおかしくおもしろく 子どもたちとは、笑いも、わじわじも、リスペクトも交換して、すっかり仲良くなり、別れが名残惜しいくらいだった またすぐ会えるね、きっとどこかで (これは、大人には思わない感情で新鮮だった、大人は…

「なんで頑張れないの」とじぶんを責める前に

貪欲に、超貪欲に「好き」を選び続けることへの罪悪感がなくなったのは、2017年から2018年のまんなかあたりまで、ものすごくしんどい思いをちゃんとしたからなんだと思う。飽きるほど体験した「しんどい」に潜り終わったあと、そこで得たのは「じぶ…

今働いている4つの場所と「お仕事」への考察

今のお仕事を羅列したいわけじゃないのだけれど、今あらためて何をしているか、そして何をしていきたいと思ってそれをしているかを整理したいと思って、書いてみる。 ーAKOH KLOH【内容】 洋服屋さん(セレクトショップ&オリジナル商品&ワークショップなど…

2年前から今日、そしてこれから

偶然じゃないんだよなぁと思いながら、この1週間で(ある片思いの)思い出深い場所に何度も訪れた、あ、この場所は、あ、ここは、と、思い出がリフレイン。やめてくれ~と思いながら二年前にタイムスリップ。あのときの温度、流れてた風の感じ、空の模様、…

自分の言葉で発信する&SNSに投稿する行動の根本にある2種類の欲求

表紙の色合いが黄×水の線という可愛いデザインだったからかなぜか惹かれてしまい『「自分の言葉」で人を動かす』という本を読んだ 読み終わった今、表紙を改めて眺めると「伝えたいことはたくさんあるのに言葉にできないあなたへ」という小さなキャッチコピ…

「脳と腸」と「仮想通貨」と「アスペルガー」

今日は本を3冊読んだ まず腸と脳の関係についての本 エムラン・メイヤー『腸と脳──体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか』 ここの関連性が大きく取り上げられ始めたのはここ数年の印象がつよい 精神状態と腸内環境が密接に繋がっている…

今日の海はひどくまずい味がした

海へ行った ぷかぷかと浮いていると、たいていのことはどうでもよくなっていく(ように思える) 海へ行った 夏休み、ひとで溢れた海の味はいつもよりも舌にぴりぴりと染みて、間違えて口に入った海水を何度もぺぺぺと吐きだした 海水って甘かったり、塩辛か…

キンタコとセックスと1〜5次元について

なんだか寝付けなくて、たらたらと文字を書くことにした、わたしにとって文章を書くことは、なんていうかやめられないとめられないものなのだ キンタコなんかその最たるもの キンタコは沖縄のソールフードだよ、キングタコスの略で、タコライスチーズ野菜が…

生まれてから今日までした「仕事」の変遷まとめ

「仕事」の言葉の持つイメージ、軽さ重さが変わってきたことを実感している最近です なんだかね、、なんだろうすごい楽しい 生まれて初めて働いたのはボラバイトという、ボランティア+アルバイトという、中学3年のときだった! 山梨県のペンションで住み込…

「揺れる」と「ぶれる」の違い

大切なのはまんなかの軸からぶれないことだでも、そのぶれないというのは「揺れない」というわけではない 沖縄に台風がくるとよくわかるのだけれど、大きな木も、小さな木も、みなよくしなっている 風の力の強さを枝をしならせることで逃す、もし、しなるこ…

わたしだからできることがある、わたしだからできないことがある

わたしだからできることがあるわたしだからできないことがある この2つが無数に存在するこの星で、この国で、この地域でこの2つを明確にしていくと、たぶんいろんなことができる わたしだからできることがあるわたしだからできないことがある 最初にこの考…

ウムイ

身体の内側にわいてきたものを言葉にするぴったりくる言葉を吟味して、重ねて、順番をいれかえながら文章をつくる 何度とりかえてみても、なんだかしっくりこなくってときどきやってくるこの「言葉にできない期」は一体なんだろうと改めて見つめる そこにあ…

23歳

今年は一ヶ月に一度なんやかんやで飛行機に乗り、愛知だの東京だのと行き来を繰り返している 去年まではそうしたい!と思っていながらいろいろ環境が整わず、だったのでとても嬉しい 出かける口実はなんでもいいのだけれど、とにかく飛行機に乗ってどこかへ…

換気

草に寝ころび、二人の子どもと一緒に空をながめるじっと息を潜めていると自然に笑いが溢れてしまい止まらなくなる 絵本に出てくるような、映画のワンシーンのようなパン屋さんの敷地のなか、パタパタと駆け回りはしゃいだ夕方のこと 「もうすぐかまどに火を…

人間、消費、生産という喜びの3分類

喜びにはいくつかの種類があって、またカテゴリー分けもたやすいでも、一番大きな視点は立場だと思う 最初に簡単に書いておくと いち、人間に、消費さん、生産 今日、ボルダリングのジムで初仕事だったけれど、そういえばカフェを辞めてからの多くの喜びは、…

2017年に沖縄県の1万人が買ったものに乗った(5年ぶりに!)

大学1年生のときに免許をとってから早5年・・・結局くるまを買いに行く気も起きず、すっかりぺらぺらペーパードライバー 数日前にタカさんからお話いただいたときは「いやいや無理ちゃう」と本気で思ったのだけれど、たのしかった!そして無事何事も起こさ…

そのに

太陽の照ってるもと、そよそよと揺れる草のうえ、はだかのような格好で寝そべってページをめくる頬撫でる風の優しいことよ、どこどこまでいくのだろう人間の身体の皮をやぶって浮き上がり、一緒に流れてしまいたいと思うけれども、抱きあげてもらおうと近寄…

そのいち

ながいながい眠っている時間のなか、ながいながい夢を見た、その夢の始まりは、眠る前のうとうとのなかでしたグロテスクな妄想で、なぜなぜどうしてその夢を見たかは、未だにわからない 最初はたぶん「どのように死にたいか」ということを考えていたのだと思…

安らぎの一歩外へ

台風のまちのなかバスをぴょんと飛び降りた数秒後、降り出す雨と吹き荒れる風髪からポタポタ垂れるしずくが面白くって、横断歩道を小走りで渡りながら対岸のコンビニにたどり着く店内は冷房でキンキンに冷えていて、濡れてしまったワンピースはペトペトと太…

思っていることを言う、思っていないことは言わない。

大粒の水滴がとめどめなく流れるシャワーを浴びるように、素敵に生きてる人生の先輩方からの言葉を浴びる、ご褒美のような2018年の6月最終日。 今日という日を通してたくさんのことを受け取ったけれども、そのなかでも重要だと感じたのが「言葉」つまり…

やりたいことの先にある「本当にやりたいこと」

やりたいことをやる というのは、わりかし誰にでもできることだと思うそれができないと思い込んでいるときは、たいていまだじぶんのことを大切じゃないときなんだろうと、振り返ると思う じぶんのことを無意識にいじめ続けているとき、こんなじぶんなんてと…

脱皮

考えている、考えて考えて、考え詰めている 膨らみ過ぎたその中身が薄い膜破り、大きな音をたてて破けた風船のように、その考えは破裂してかけらは散り散りになって飛んでいった 散り散りになったそれらを丁寧に集め、新たな形を与え、部位ごとに体系づけて…

永遠の一秒を観た

舞台をみた、インヘリット沖縄の「永遠の一秒」舞台にいくときはいつも、一生懸命なひとに会いたくて行くのかもしれない一生懸命に、その役を生きるその姿に何か力をもらうのだ 永遠の一秒は、第二次世界大戦の特攻隊が題材として取り上げられていて・・・ …

3パーセントから始めよう

雲の隙間から光がもれていた帰り道 ぴったりと閉じているねと開いていいって何パーセント思える? 即答で、3パーセント 開いた先にある未来が、よいものと思えないひとに与える影響が、よいものと思えない ふふっと柔らかく、頭の上で笑う声 木を揺らして葉…

トンネルくぐれば

雨の音、耳に心地よく 今日のお昼間、街の中を歩いたくたびれもほどけるお昼寝 姉妹のようそういってたくさんのひとに可愛がられたくさんのひとに親切にしてもらったふたりきりでの大冒険 それぞれのひとのなかにそれぞれの形の優しさがありそれぞれのひとの…