読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる




「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

できること、できないこと。事実と解釈。

わたしにはできないこと。 わたしにはできること。 わたしは、合理的に考えて感情を隠し、見たままのことを写実的に誰かに伝えたり、マーケティングや様々な技術を効果的に用いることはできない。 わたしは、心のままに明るく暗く心地よい生活を送ることや、…

完璧じゃなくてもやる、失敗しながら進むのが大事。

完璧じゃなくてもいいからやる。 最初から完璧にはできないから、とりあえずやってみる。 やってみるといろいろわかる。 わかってくると、もっといろいろやってみたくなる。 最初から失敗しないのはできないから、失敗しつつやる。 転んでみると、どうしたら…

そのままを書かないということ。

悲しい時は、悲しい曲を聴くとすぐ立ち直れるそう。 このブログは「1000記事書いたら奇跡が起きるよ!」と言われて、なにそれ面白そう、とそのころ「成功」とか「発展」とか「成長」とか「自己実現」とかそんな単語に浸かりきっていてくたびれた自分が飛…

自分のなかに反応する種がなければ、何を言われても気にならない。

いそがしく、たのしい毎日のなかで、ふと、今の自分のことを昔の自分が見たらなんて思うかなと考える。 3歳の自分は、喜ぶだろう。 だって、ごっこ遊びのまま大人になっているから。 5歳の自分も、喜ぶね。 だって、大好きなピアノを弾くとみんな喜んでく…

マヤ暦、五月末まで「調整」シーズンです。微調整もあれば、ガツンと調整もあるね!

マヤ暦というものがあって。 それは普段よく接する365日のカレンダーのように、260通りのエネルギーの流れがあるよという考え方なんです。 「日」にあたるのがkinと呼ばれるもの。 そして「月」にあたるような括りもあれば、「季節」にあたるようなものもあ…

まず「肯定」すること、そしてその先にある「尊重」について。

こないだいろいろなことを心配して沖縄に様子を見に来てくれた叔父さんが教えてくれたこと、忘れたくないので書き留める 一番大切だと思ったのは「肯定」の話だった 「まず、闘わないことだ」 そう教えてもらった 叔父さんは本当に頭いい、スマートという言…

パソコンへのサヨナラ&号泣の夜

パソコンが悲鳴をあげていて、あらあら、と思う もう5年目に入ったもんね、今までどうもありがとう よく働いてくれたなーと思い返す 一年生のときの1万字のレポートも、二年のときの初めて書いた企画書も、三年のときには大学に20万円支援してもらうための…

今の暮らし、明日死ぬなら。

自分の今かかえているものを一旦目の前に並べて整理してみる 多くのことは整理整頓され、すっと目に飛び込んでくるものはどれも楽しく、美しく、かつ豊かだ 母と子の居場所を作る、かつ経済的な自立をサポートしていくような事業づくりもとても面白い もちろ…

今日は、てんびん座の満月だったんだねぇ。

ああ好きだなと思うひとが多すぎて 場所も、食べ物も、時間も、景色も とにかく好きなものが多すぎて でも同じくらい嫌いなものもいっぱいあって 相変わらず聖人君子にはなれない毎日です ひとの色恋沙汰なんてゴシップ程度にしか興味がなくて でも少し気に…

今、アメナルミチで思うこと。

愛を知る人 道を知る人 声を知る人 色を知る人 形を知る人 すべての人の良さが集まり 新しい形をつくりあげる 組み合い 重なり 高く積みあがったその場所は たくさんのひとの中心になり たくさんのひとを癒し たくさんのひとと共に新しい時代へと進む これま…

思い描く「自分」を生きられるようになるまでの道のり

「生きる」ということ 生きていくということ 生きてきたということ 「生きる」ということ 一日一日のなかに考え事が溢れてる ただただ頭の中にあるそれもあれば、一日のなかで起きたことによって始まるそれもある 自分を生きる それは、ひどく簡単な一文で、…

私のカラーセラピーのメニューは3つあります。

カラーセラピーのメニューについて、改めて説明をしようと思います。 なんかかっちょいい名前をつけたいけど、思いつかないのでそのままです。ちーん。 1.体験カラーセラピー2.全部こみこみセット3.リピーターさん特別メニュー 流れとしては、お申込み→日程…

「自分を生きる」のは楽じゃない

すみませんも、申し訳ないです、も、結局何の意味も持たない言葉だと、本当に申し訳ないと思っていても、時間を巻き戻すことはできない 裏切った期待は二度と挽回できないし、私が悪いということを迷惑をかけた先にいるひとに伝えることもたぶんできない 自…

私にとっての「好き」、あなたにとっての「好き」、世間での「好き」。

誰かを好きになったり 誰かに好かれたり そういういろいろなことがうれしくて でも 「自分の人生を決める」 そう決めきる前の「好き」を思い出すと 体も重たく、気持ちも悲しくなる その「好き」を否定する気なんてさらさらない でも、その「好き」の根っこ…

nugeに代表はいないよ、みんな同じ位置にいるよ。

nuge ぬげ、でもいいらしいよ、ぬーじと呼んでいます。 ぬーじをね、作ってくれたのは萌子さんと健人さんです 「セクシュアルマイノリティーとかとかのことについて話す場がほしいなと思ったのがきっかけ」と言っていたような気がしますし、それは記憶違いか…

やっと、「自分の人生」への第一歩を踏み出せた気がしたよ。

行きたかった舞台、自分の時間の使い方が下手なせいで行けなかった 泣きながらパソコンに向かう こんなはずじゃなかったのに…って、自分が言う いやいや、あのあとまた起きてやればよかったじゃない、なんでそんなに腹を立ててるの? もう子供じゃないんだか…

縁を紡ぐということ

縁を紡ぐ するすると見えない糸のようなものがたくさんあって、出会う人出会う人、持っている色は違う それぞれ鮮やかな色であることに変わりはなく、単色であるひとはまれ 太く、たおやかと表したいような糸もあり 細く、その繊細さに目を奪われてしまうよ…

カラーセラピー初期に、設定額の6倍のお給料をいただいた話。

昨日、カラーセラピーをし始めてまだお客さんが4,5人のときに受けてくださった朋子さんがなぜあの金額だったか、というお話をしてくださったんですよねぇ。 まだ500円でやっていた頃だったんですけどね。 朋子さんは3000円を渡してくださったんです。 (カラ…

今日から、22歳を生き始めます。

誕生日には、その年齢の生き方のテーマがどこにあるかについてのメッセージがいつも届いているような気がする。 一昨年、私は成人を迎えた。スイスでその時に私を一番大切にしてくれていたひとたちのもとで20歳になった。 その年、私のテーマは「家族・居場…

ひとつの広告が「世間」をつくり、その「世間」は大勢のひとの生きる「社会」になる。

どんな言葉が正確なのかまだわからないのだけれども寝付けなくて、頭のなかにはそれがあって、考えると少し泣きたくなったのでとりあえず文章に起こしてみようと思って今書き始めた。 こうやって文章にそれを変換できること、そしてそれを誰かに読んでもらっ…

MONGOL800「HAPPY BIRTHDAY」

サプライズってのは生まれて初めてだと、さっきびっくりして。今はそれの余韻の中で息をしているんだけど、それ以上にあの景色を忘れたくなくてパソコンをつい開いちゃった。 今までで一番嬉しい3月26日の始まり方。 nugeをつくってくれた先輩である萌子…

あやこさんに教えてもらった「地球で生きることを楽しむコツ」の話

今日は武島綾子さんのとこ、まだオープン前なんだけどアメナルミチという場所が北中城にあって、そこに行きました。 「まんかいセミナー」というのをあやこさんはやっていてね(しばらくお休みするそうなんですけどね) それを受けたかったので行ったわけで…

「大丈夫じゃない」って言わなきゃいけなかったんだよね。

誕生日がもうすぐなんですよね。 でね、誕生日前っていつも考え込んでしまいます。いやあほだな~って思うんだけど、まあ今日の話、あほだなぁ、な話なんですけどね。 なんで生まれてきたんだろう?どうしてここにいるんだろう? それをこんこんと考え続けて…

何歳になっても、いい友達ってできるもんだ。

「わからないから面白いんだよね」 そういって、優しく微笑んでくれたのが、沖縄で出会えたいい友達のまきちゃん その言葉をもらう前、わたしはこれから先のわからない未来についての恐れみたいなものをたらたら口からはいていたけど、その一言とその微笑み…

nugeをつくってくれてありがとう

「きらいなもの、うまくいかないことって見つけやすくて、そういうものが増えていくのは簡単な人生のなかで、ひとつでも「好き」を増やせたならそれってとても素敵なことだよ」 「ひとが「そんなこと意味ない」というようなこと、みんなが捨てるものを面白が…

私にとっての「生きる」ということは、

人に思いを伝える 言葉、文章、写真、絵、像、踊り、歌 なんでもいい 人に思いを伝える 伝える前にはなかった動きがそこに生まれる 考えたことを発信する 誰かが読む 誰にも読まれない? いや、このご時世やっぱり誰かしらが読む 読んだ誰かの中に何かが少し…

「行動」「肉体」「経験」にこそ生きる意味がある。

実際に会えなくてもオンラインでいくらでもコミュニケーションが取れる。でも、だからこそ「会う」ことに意味がつく。 直接そのひとに会わなくても、そのひとの「発信」を通してそのひとを知ることもできる。でも、やっぱり直接出会わなければわからないこと…

お金に関して全然成長できてません。

とはいえ、失敗ばかりの毎日です。 昨日の夜、去年の自分と全く同じ状況になっちゃってることに気づいて愕然としました。 まず、今携帯の料金が支払えなくって止まっちゃったこと。 不動産に支払わないといけない敷金礼金もろもろ合わせた13万円なんて口座に…

今、できる範囲で自分を大切にしていくことの重要性。

やりたいことをやっていると、なぜかやれないと思っていたことがするするとやれるように。 不思議・・・ でもないですね。 たぶん本当にエネルギーというものはあって、そして、そこには限りがあるんだと思います。 やりたくないことをやるときと、やりたい…

捨てる、拾う、抱きしめる。

やりたいことをやる やりたくないことはやらない 好きなように生きる そう生きようと決めたのは去年の9月でした 特に大きなきっかけがあったわけではなく、7月からガラリと人生の流れが変わり始め、好きなように生きてるひとに出会い、そう生きようと決意し…

2500円ケチったら2500円コンビニで使っちゃった話

ちょびっとお金の話 今日ね、本当にむしゃくしゃしてて、何もかも終わってないけど何もしたくなくて、本当にむしゃくしゃしてて そのときはなんでかわからなかった 歩いてるひとみんな転べばいいのにくらい思ってたんだけどさ やっぱりなんでかわからなかっ…

誰にでも書けるようで誰にも書けないようでやっぱり誰にでも書けること。

「自分らしく生きる」 「好きなように生きる」 とか 「引き寄せの法則」 とか 「全部の自分に〇をつける」 とか 本当は全部もうしてるんだよなって思います。 それが心地良いか心地よくないかは別として。 どの選択も自分が今の自分に対して思っていることや…

望むものすべてを引き寄せる法則

口に出したこと、ブログに書いたことたちが軒並み叶っていく 本当に不思議な世界に生きてる いい人生を生かしてもらってる(ありがてーありがてーと毎日言っている) なんで口に出したら叶うのか それはなんていうか「世界を信頼する」のと「自分を信頼する…

ほめ言葉は拒否せずに受け取ったほうがいいと思う理由

ほめ言葉は受け取ったほうがいいぜったいぜったい受け取ったほうがいい 卑屈と謙虚はちがう卑下と謙遜もちがう ほめ言葉を受け取ったほうがいい理由はたくさんある まず、ほめてくれたひとの気持ちの行方だ 「あなたのここが素敵だ」というほめ言葉に対して…

色鮮やかな「好き」について思うこと

「好き」 その言葉には本当はたくさんの層があって見え方があって根本も違うような、なんていうんだろう、とにかくたくさんの面が存在しているのになぜかたった二文字であらわされてる その二文字を分解してはじめてわかることがある このひとが好き その好…

自分を生きるひとは軽い

最近、出会ったその瞬間から仲良くなれるひと、というのに出会うことが増えた 本当に増えた おそろしく増えた そんな経験をしたことはありますか?きっと誰もがある経験な気がする 「え・・・前世?」みたいな 目に見えないつながりを感じるそんな感じの あ…

「やたらネコを撮る」(一眼レフ触り始めた人あるある)

ぼけててもなんか気に入っちゃう (アートってほめられて調子に乗る) ファインダー越しに目が合ってうれしい 猫はたぶんそんなに撮られたいと思っていないんだろうなと思う 人間とちがう顔の形がきれいだ 斜め目線もいい 地面に寝っ転がって撮るのが楽しい …

自分らしく生きるって、自己中で生きるのと似てるようで全然違う。

ハートを開く生き方をするそれは相手を信頼してその場にいるということ自分自身を生きること自分は自分を主人公としてこの世を生きる!と決意すること 自分らしく生きるって自己中じゃない?ひとに迷惑かけて平然とされてほんとむかつく!な話は、ここの二つ…

自分の暮らしのなかで自分の政治を実現していくこと

明日はね、3月4日です 本当は三線の日のイベントに行くつもりでした こういうイベントです 「沖縄とネイティブアメリカンをつなげよう」 ○目的「ネイティブアメリカンに向けて祈りを届ける」「沖縄の文化を発信することで世界中とつながる」ダコタアクセスパ…

「じゃあどうしよっか」って思えるようになるまで&今回の大失敗についての考察

なんかね これはこっそり話なんですけれど 数日間ちょーーーー自分のことをいじめてて責めてて 「お前はなんてだめなやつなんだ」「使えねーな」「迷惑かけてんだから隅っこいけよ」 みたいなことをね ずーーーーーっと ずーーーーーーーーっと ずーーーーー…

お金の勉強をした一日だった、マインドを変えたらやりたいお仕事をいただいた。

お金の勉強をする一日でした まずこれ 「多少使ってもお金は減らん!」 「ほしいなら買えばいーじゃん」 そして 稼ぐにはふつ~~にしてたらいいということ あと好きな仕事を選んでたらいいということ 加えて! 時々苦手に飛び込むのもあり、とのこと 今日の…

わたしのキャッシュポイントはどこだ、四月からの生活費はどこだ

不安だ~ とても不安だ~ 不安のなかにいるときってどうしてこうも不安なんだろう と、あほみたいなことを考える 書き起こしをやってみるも3分で集中が切れるキーボードを押す手が止まる なんで不安かというと、不安だからだ じゃなくて 未定のことがいっぱ…

自分を生きる決意には、精神障害も他の障害も全部まるっと含まれる。

パニックでも、フラッシュバックがひどくても、解離があっても、過食でも、拒食でも、自傷で体が大変なことになってても それは理由になんかならない というのは、ネガティブな意味ではなく、ポジティブな意味でもなく、ただ0の位置として、そう思ってる 自…

祝!カラーセラピーのお客さんもうすぐ30人!ありがとうございます😊

カラーセラピーのお客さん、もうすぐ30人くらいになろうとしています 昨日書いたこの記事のイベント中にも二人のお客さんがカラーセラピーを受けてくれました 今月はリピーターのお客さんも二人いて、とても嬉しかった 初めてのひととやるとき、私はドキドキ…

決められた「性」のない空間

すごすぎる時間を過ごしてしまって、なんだかぽかーんとしてる nuge主催の「"せい"なる夜にスキヤキを」というお泊りイベントに参加した 映画を見るという軸のなか、自由に会話を楽しもう、大きなテーマは「性、セックス、エイズ」というイベント 観た映画は…

寂しいのは当たり前だということが腑に落ちた

で、結局のところ私は私以外のひとに何を求めているのだろうと思った この映画を見ながらそんなことを思ってたこの記事にも内容にかかわることは書くので気になる方は読まないでね www.pidakaparuna.space 映画のなかで、母以上に母らしいことをしてくれるリ…

父の話

映画を見ながらひどく個人的なことだけれども私は父と過ごした時間のことを思い出してた 4歳ぐらいから父母は別居していて、父とは年に4回ほど会えていたように思う 誕生日には必ず来てくれていて、クリスマスなんかも一緒に過ごしてた 私はお父さんが大好…

荻上直子監督「彼らが本気で編むときは、」を観ました

映画「彼らが本気で編むときは、」を観ました少しだけストーリーについて触れている部分もあるので、気にされる方は読まないほうがいいかと思います この映画は、「かごめ食堂」や「めがね」を撮られた荻上直子さんが監督です 出演されていたのは、桐谷健太…

ザワザワ系とトキメキ系の考え事の話

昨日思ったことって今日はもう思わない 昨日書いたへんてこなブログ読みながら、そんなこともう書けないなと思う 今日考えてることは明日には考えているかわからないし、今考えてることは次の瞬間も考えているかといわれるとそうでもない でも、考え続けてし…

(ヾノ・∀・`)

こないだカラーセラピーに来てくれたひとに「いっつも体育館で見かけるはるなは、なんかキャイキャイ!って感じだから、ブログ読んで、ええ病むんだ!と思った」というようなことをポジティブに伝えていただきました (嬉しかったよ!) (くわえて、ハンド部のあ…