「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

貧困・不登校児童支援チャリティ特別公演「creep」を観ました、すばらしかった。

思い返すとまだ涙がでる、そんな舞台でした。 今まで観てきた演劇のなかで一番いいものを観させてもらったような気がして、本当にまだ気持ちが震えてて、あわあわ。 タイトルは「creep」 わが街の小劇場でチラシを頂いた時から、ワクワクしていたこの舞台。 …

「生き方」の話をするのが好きなのは、そこにしんどかった状況を脱出するヒントがあったから。

カフェで働くのは二度目の経験。 前回はコワーキングスペースという面が強かったので、また新しくとても楽しいです。 初出勤から三日連続で出勤させてもらって今日はこれから舞台を観に行くのでおやすみ。 そんななか、一昨日の出勤、つまり二度目の出勤のと…

「批判をおそれずに、やりたいことをせよ」っていう言葉の意味がわかった!

「批判をおそれずに、やりたいことをせよ」 というようなメッセージや格言というのは結局のところ、批判とはいえど思い当たる箇所がなければ心に傷をつけることもなく通り過ぎるのだから、という話のような気がしている。 今日、わたしはずっと好きだったカ…

小1男子の「たいへんしながらも、頑張ってるんだよ」にドキッとした。

大学の課題をばばばばーっと提出し終えた2日前くらいから、だんだんとエネルギーが増えてきてるのを感じる。 エネルギーは別に目に見えるわけじゃないんだけど、なんとなく内側に感じる動力源みたいなもの。 これがみなぎっていないときはとにかく眠たくて…

使えるし使えない。良いし悪い。愛されるし嫌われる。

「なんだかんだ大学はエネルギー使うからねぇ~」 というのは、最近出会った素敵な大人の人のセリフ。 そうかもな~と思いながら、怒涛のレポート週間を終え、今はふぬけている。 でもなんだか上手にふぬけきれず、いろいろなことをわたわたとこなしている。…

カラーセラピーのお仕事、本当に好き!会いに来てくれてありがとう。

今日ね、カラーセラピーのお仕事があったんです。とっても嬉しかった! なにがとっても嬉しかったって、そのお客さんにカラーセラピーをするのはこれが3回目で、初めの頃からのずっとのお客さんで。 これから留学に行くって言って、出発前に受けてくれたん…

糸かけ曼荼羅をした、楽しかった!

糸かけ曼荼羅すごい楽しかった! 糸をかけて、かけて、かけて。 素数の数が織りなすこの幾何学模様。うっとりしてしまう。 本も絶版だって!笑 あと8冊、あっちゅう間に売れてしまうことでしょう。 はじめての糸かけ曼荼羅 作者: 山中啓江 出版社/メーカー:…

いろんなテンポのひとがいるから

生きてて今がいちばん楽しいなぁ~と、歩きながら思う。 特に、琉球大学はやっぱり緑がいっぱいあってとてもきもちがいい。 山みたいなとこもあるし、池もあるし、不思議だ。 今日なんか図書館から出たとき、あんまりにも空が綺麗でびっくりしてボーっとした…

やっと、新卒捨てた自分を肯定できた!

大きな戦争を終え、がむしゃらに頑張り、経済的にぐぐぐっと成長し、消費の喜びを満喫。 その後、バブル崩壊を経て、経済的な喜びよりも家族や人の繋がりに重きが置かれはじめたり、より革新的な技術に人々の注目が集まる。 でも、ふと目の前の暮らしではな…

前期に受けた社会学の講義がなぜ面白かったか考えた(軽め)

社会学を半年間勉強した。 といえるほど勉強できていないと思うので、ちゃんと書くと、今年度の前期の琉球大学の講義である「社会学原論I」を受講した。 そして今日は最後の講義だった。 「社会学」が一体どれほどの規模のものなのか、まだいまいち掴めてい…

大学生活最後の夏、デジタルマーケティングの講義から学んだこと3つ!

大学生活最後の夏、大事なことを講義から3つ学んだのでのこします。 「沖縄県立博物館・美術館の来館数を2020年までに年間100万人にまであげよう!」という課題を渡され、6人チームをつくり、10分間のプレゼン発表で、それに対して順位がつくとい…

幸せだった日の考えごと

カラーセラピーのお仕事を大好きな珈琲屋さんの隅っこで。 くるくると表情のかわるお客さんに癒され、ああみんな大丈夫なんだということをまた実感させてもらった。 カラーセラピーのお仕事は、まさに「お金を払ってでもさせてほしい」ことであり、それによ…

こわいまま生きる。

「自分に嘘をつかないこと」 そして、「訪れる出来事をそのまま受け止めること」 それを沖縄のさきっちょで二人の人生の先輩から教えてもらった。 海にぷかぷか浮かびながら、空に描かれた大きな虹を眺めながら「こわいなぁ」と思った。 7月はPortland直伝ま…

「うまく言えない期」のたのしみ

どうしたらよいかわからないほどゆっくりと靄のなかで息をしている。 そんな自分が、ひとつおおきな明かりを遠くに見つけたような日だった。 今は「言葉にできない期」にはいってる。 自分のきもちや、考えをうまく言葉にできない。 なんだかどれも本当では…

親子のお客さんにカラーセラピーをしたよ!【メニュー案内】

昨日は、親子でカラーセラピーを楽しんでいただきました、わたしも楽しかった! お母さんand大学生のコンビ。 以前受けてくれたお客さんである学生の話を聞いて面白がってくれたお母様が受けてくださったわけです。 実は親子のお客さんにカラーセラピーをす…

死ぬまでにやりたい100のこと

誰かに会って、そして話すこと。 自分の胸をひらいて思っていることを出すこと。 自分にとって都合のよいものにも、都合のわるいものにも同じようにひらくこと。 ただ、自然体でその場にいること。 そういうのを「オープンハート」というのだと思ってる。 オ…

くそくらえ

さて、さっきの「プレゼント」にいれられなかった出来事があった。 尊敬and大好きで、何度も学びとか、きもちが斜め下にさがったあとに上がるきっかけとなったこのブログを書かれている坂爪圭吾さんにお会いできた。 なんていうか、もう包み隠さずいえば、め…

ひとの優しさを食べて生きている。(部屋あいてるよという言葉、海辺でランチ、ブログへの出資、海を越えて届いた折り鶴)

ここ数日間、ひとからたくさんのプレゼントをいただく日々が続いている。 びっくりするくらいの内容ばかりだ。 順位もつけられないくらいどれも嬉しかったから、順番に書き残してみる。 まず、今週の最初のほうで、いつもお家で夜ご飯を一緒にいただいたり、…

まどろみのなか

まだまどろみのなかにいるような気がする。 誰かのためにではなく、自分のためにこれを書いている。 笑っちゃうくらい、という形容詞がとても好きで、そんな毎日を過ごしてる。 眠る前の気持ち良さのような、そんなにおいのするひとと、わたしのことをよくわ…

「なんでこんな恥ずかしいことを」と我に返るとき。

自分が二人いるんじゃないか!というくらい二面性が激しい自分です。 もんのすごく明るいし、もんのすごく暗い。 ものすごく目立ちたがり屋だけど、ものすごく恥ずかしい。 すご~く外交的なようで、本当に内向的。 どっちもあるからいいんだね、というのを…

伝える前に誰に言いたいのか考える癖をつける。

昨日、ある高校で400人くらいの高校生を前に話をする機会をいただいて、そのなかでも特に70人弱の子に話をする時間があった。 わたしは「マスメディア」について話をしながら、どれだけSNSがメディア化しているか、そしてそれにはどんな意味があるのか…

22歳、ジェネレーションギャップに悩む。

ジェネギャ、ジェネレーションギャップに悩む日々が続いていました。 それが終わったのはつい最近、解決の方法は「開き直る」でした。 だって、年の差あるんだからしょ~~~~がないよ! そう開き直った瞬間、年上のひとに「確かにそっちの言い分もわかる」…

許さなくていい。

ああ嫌だわと思うとき。 そう思う時に、これからはこうしようって思えたことが今日あったので書き残しておこうと思います。 この記事は、特定の誰かを批判するために書いたわけじゃないです。 超自己内省の記事! って、いっぱい注意書き書くと逆にうさんく…

「自己責任論」ってなんだ。「社会学」ってなんだ。

今日の午前中は社会学の講義があった。 社会ってなんだろう。 文化ってなんだろう。 規律って?規範って? 、というようなことを考える講義。 大学を卒業する前に、あの先生の講義はとっといたほうがいいよと先輩に勧められて受講を決めた。 今日の講義の内…

「アフリカでブログ見つけて読んでました」と褒められた。(照)

「アフリカ(ウガンダ)でブログを見つけて、読んでました」って言われた。 めちゃ照れた。 「ブログは正直刺さらない。直接が一番いいって知ってるから。」とも言われた。 これにもめちゃ照れた。 このブログは、やっぱり巨大版ツイッターというか、いっぱ…

何者にもなれないまんま!

気の合うひとと、美味しいコーヒーを飲みながら、思いつくままに話す。 不安だったこと、嬉かったこと。 面白いと思ってること、悲しかったこと。 どの話も、別に議論をして何か答えを出すために話してるわけじゃなくて。 ただただ気持ちが溢れて言葉になっ…

子どもの頃に思っていたこと。

10年前、わたしは12歳だった。 15年前、わたしは7歳だった。 20年前、わたしは2歳だった。 本を読み始めたのは3歳だった。 文字の積み木のおかげ、うちにたくさんあった絵本のおかげ、読み聞かせてくれた母のおかげ。 ピアノを弾けるようになった…

寝付けなかったので自分のホロスコープを読み解いてみることにした<part.1>

寝付けなかったので自分のホロスコープを読み解いてみることにした。 んだけど、その前に、今自分のやっている「セラピー」について掘り下げて見たくなったので、そちらを書いた。 ホロスコープの記事はこちら↓ www.pidakaparuna.space さてさて、セラピーは…

寝付けなかったので自分のホロスコープを読み解いてみることにした<part.2>

というわけで、ホロスコープの読み取りに移る。 ホロスコープはこのホームページで出せる、しかも「初心者用の知識」として読み取りに必要な大部分のものは無料で読める、おすすめ! ホロスコープ|ARI 占星学総合研究所 こういう感じ。 とはいえ、これを見て…

「子どもが好きだ」という言葉が苦手だ。

子どもは、もういっちょまえの人間なのに、人間として扱われないことがときどきあるので、見ていてときどき不憫に思う。 昔は、逆で、もちろん今もこの瞬間も地球のどこかでそういう子どももいるんだろうけれど、昔は、労働の担い手だった子ども。 ひとつの…

まだ、PDCAはうまく回せない。でも、やっぱりブログは楽しい!読めてよかった〜!ヒガシーサーさんのブログレシピ、超おすすめ!

ネタはあるけれど書けないというのはなんでじゃろ、と思い不思議に感じ、とりあえず出してみようと書き始めることにしました。 本も毎日2冊ペースで読んでいるし、人との話のなかでも様々なことを考えている。 昨日は音楽を全身に浴びることができ、その瞬…

ただののろけ4

いっぱいの時間を一緒に過ごして、もう5年目に入って、いろんなことがあって、そしてようやくこの生活に終わりが見えそうというときになって、どれだけ隣にいれたことがありがたかったかというのを思い知るという、まあ、ありきたりの流れ。 「パートナーに…

手に取った本が「あたり」だと嬉しくて、つい。

ここ最近、手に取る本すべてが「あたり」。 嬉しくてついついカフェ(ゆにぞん)のなかなのにガッツポーズをしそうになった。 あたるとなんかこうガッツポーズしたくなるのは小学生のときに初めて地元の図書館に連れていってもらったときから変わらない。 こ…

「本を出したい」は稼ぎたいから?伝えたいから?それとも・・・

千田琢哉さんの『印税で1億円稼ぐ』を読みました。 なにを隠そう、初の千田本読了! 読んだら、本を書くってそういうことか~って面白かったから内容をまとめておきたいと思います。 ちょ~~簡単に要約すると「1億円稼ぎたいと思うひとは執筆じゃない分野…

「大切にされてないなぁ」ってへこむ→ぽこん!

コミュニティでも、仕事でも、講義でも、部活でも、家族でも、パートナーシップでも。 自分が大切にされていないなぁと感じる出来事があると、凹む。 わりと、へこむ。 どうへこむかというと、「あ~あ、なんかやってられねーぜ」というへこみかたをする。 …

何を選んでも大丈夫。視点をかえてしまえば、どれもきっと。

一日のなか、別のひとから二度「視点を変えると?」という話を聞く機会があった。 これはたぶん何かのメッセージだろうと思いながら二度目の話は聞いていた。 一人目のひとの話は、「昼間に草原とかでセックスをすると」というわりと衝撃的な始まりだったん…

それはさておき

何かに熱中すること、それはとてもかっこいい。 そんな簡単な一文にまとめられないんだけど、でもまとめてしまえと思うような感情がいっぱいいっぱい湧いた舞台だった。 なんで住んでいる場所からちょっと遠い場所に、大切なお金をお渡しして、舞台を見るん…

「才能ないんです〜ぅ」って言わない!

発信することの意味、重要性、表にでることのこわさや、出たことによる効果。 とか、そういう小難しいこといろいろ考えることが多かったんですけれど、とりあえず「やってみれ」だなと思い、やってみることを繰り返しています。 日々、トライ&エラー。 &、ト…

携帯を解約しようと思う。

携帯契約を考える。 「電話やだ!」モードが突然きて、携帯の電源を三週間切りっぱなしにしていた。 (迷惑かけてすみません) でも、うーん。 それでも携帯会社に10000円近く支払いをしてる。 これはなんていうか、やだなぁ、と思う。 というわけで、見直し…

やらない理由に自分の容姿をつかわない。

単純に嬉しかったのだ。 いっぱいのひとが自分の好きな場所にいて。 浮かれて浮かれて、実は今もまだちょっとふわふわしてる。 前にイベントしたときも、同じような気持ちになった。 10人のイベントで感じること、20人のイベントで感じることは全然違う…

やりたいことをやるということに意味なんてない

意味なんてさ、ないかもしれないな、と思う。 たとえば今日話したあれとか、昨日見たあれとか、明日つくるあれとか。 意味なんてないかもしれないなぁって思う。 だけど、ついやりたくなること、なぜだかやってしまうことがある。 そういうのって、意味があ…

毎朝「その日の性(生き方・価値観・スタンス)」を選択する、自分のために。

「今日はどういう気分?」 男の子だと感じれば、ジーンズに足を通す。 だぼだぼのTシャツを頭からすぽんとかぶる。 女の子だと感じれば、ワンピースを頭からすぽんとかぶる。 ちゃちゃちゃと髪をととのえ、ときどき口紅も塗る。 生まれたときから女性の体だ…

「やりたいこと」との向き合い方を変える

やりたいことはいっぱいある どれも、底の方でつながっている、つまり根っこは同じとこにある だから、どれをやっていてもそれなりの喜びがあり、どれをやっていてもとても楽しい やりたいことをやるというのはしんどいこともある どれも自分で選んでやって…

ただののろけ3

家族になるということ 一体全体、世の夫婦はいつカップルから夫婦へとなるのかというのは常日頃から考えていた(高校生のとき) 大学生になってその謎が解けた 「子供だ!」 と思った 子どもが生まれると、なんかこう、家族っぽくなる えーでもそれはなんか…

生きることはもっと楽しい。(悟らなくていい)

はるちゃんは自分と違う価値観のひとを下にみてるよねー、と、しばらく前にそっと言ってくれたひとがいたなぁと 否定するわけじゃないよ、と教えてくれたひとがいたなぁーと そういうひとに出会ってはじめて、言われていることがわかったりする、こともある …

思っているだけでは考えているだけでは変わらない。でも、思わなかったら考えなかったら始まらない。

小さい頃から繰り返し繰り返し考えてきたことがあった。 「なんで生まれてきたのか」 「なんで今生きているのか」 「なんで家族は、お父さん・お母さん・子どもたちで構成されているのか」 「学校に行くのはどうしてか」 「どうしてお金があるのか」 「なぜ…

「ない」を諦めたおかげで、記憶力はないけど頭は良い。

小さい頃から記憶力がわるかった。 もうすっごいわるかった。 今もわるい。 三日前のことも、だいたいこたえられないことが多い。 まあそれはひとつの特性みたいなもので仕方ないなと開き直って、試験なんかは高校でようやくリズムを掴めたおかげで成績はど…

くもりだ。

なんだかすごくくたびれてしまって、布団の中にはだかんぼのままでうずくまる。 なんだかすごくくたびれてしまった。 こういう曇りのときは、わからないことが多い方がいいと思う。 感じていることが全部勘違いなら、わからないほうがいいなーと思う。 せめ…

「大人になる」と決める。

大人だって泣くぜ 大人だってこわいぜ 大人だってさみしいぜ 大人だってはしゃぐぜ 子どものままでいたかったけど、そういうわけにもいかなくて、そういうもんだなぁ、と思うわけだ 今日はなんだかすごいさみしくて、すごい焦ってる日だった もう日がくれた…

好きなことをして生きていく

仕事をする 書いたり、見たり、聞いたり、文字にしたり、絵にしたり 仕事をする パソコンと向かいあいながら 仕事をする ときどき電話で連絡をする(苦手だけど) 仕事をする たくさん話す 仕事をする たくさん聞く 仕事をする、とても楽しい まだ仕事になっ…