読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる




「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

できること、できないこと。事実と解釈。

 

わたしにはできないこと。

わたしにはできること。

 

わたしは、合理的に考えて感情を隠し、見たままのことを写実的に誰かに伝えたり、マーケティングや様々な技術を効果的に用いることはできない。

 

わたしは、心のままに明るく暗く心地よい生活を送ることや、ひとのなか自分を隠さずありのままに生きていくことができる。

 

できること、できないこと。

どちらにも意味がある。

 

電話が苦手、連絡をすぐ返せない、オンラインのコミュニケーションよりもオフラインのコミュニケーションの方が得意で重要。

 

音楽を奏でているとき歌うとき色に触れているとき、誰かを抱きしめるとき撫でるとき。

 

自分の能力が一番きらきらと輝くときを知っているわたしは強いなぁと思う。

 

同時に、とても弱いなぁとも思う。

 

できないことがどんどん増えている。

 

嘘をつくこと、本音と違う行動をすること、嫌なのにその場所に出向くこと、人に頼まれたことを嫌だけど引き受ける事。

 

それは「いい」「わるい」のラインで見ると、いいこともあればわるいこともいっぱいある。

 

でも、これらのことっていうのはそのラインで見る考え事じゃない。

 

あえて言語化するなら「心地よい」「嫌だ」の二つ。

 

自分の感じ方は自分だけのもの。

大げさにいえば、すべてのものが何かによって与えられ誰かや何かに支えられているこの世界のなかで、本当の意味で自分のものだといえるのは「感じ方」だけなんじゃないかとさえ思う。

 

感じ方は言い換えられる。

解釈、捉え方、めがね、とかかな。

 

わたしがどう現実をみているか。

 

その「見方」が現実であって、事実なんてものはどこにもないんじゃ~ないか、ということを日々実感中。

 

あのひとのそれも、このひとのあれも、ぜ~んぶ「わたし」を通して見てること。

 

不幸そうにみえるひとも幸せそうに見えるひとも、「どう見えているか」というヒントをくれているだけ。

 

恐ろしい事件も、悲しい出来事も、楽しい話も、面白い映像も、全部「どう感じるか」を通して、今の自分を教えてくれているだけ。

 

だからそれでいい。

 

そして、その「見え方」を否定することもしなくていい。

 

見え方を見え方として受け止めること。

そういう解釈の「くせ」のある自分を知る事。

 

それを繰り返し繰り返し、今の自分になる。

 

今の自分は心地良い。

 

より気持ちの良い生き方をする。

 

その目的はまだわからないけど、でも、その生き方の実践は面白い。

 

面白いからやめられないんだーこれが。

 

するめ的な。

 

f:id:pidakaparuna:20170429233039j:plain

完璧じゃなくてもやる、失敗しながら進むのが大事。

 

完璧じゃなくてもいいからやる。

 

最初から完璧にはできないから、とりあえずやってみる。

 

やってみるといろいろわかる。

 

わかってくると、もっといろいろやってみたくなる。

 

最初から失敗しないのはできないから、失敗しつつやる。

 

転んでみると、どうしたら痛くないかを考えられる。

 

完璧じゃなくていい。

 

やってみるだけでいい。

 

やってみることがえらい。

 

やってみたことを褒めたい。

 

その出来栄えに関係なく、やり方に関係なく。

 

一通り褒めたあと、認めたあとに聞きたい。

 

「満足できそう?」

 

ううんって答えるなら、一緒に方法を考えたい。

 

どんなのが理想かな、わくわくするかな。

 

わくわくする方法はなにかな。

 

どんな方法だと苦しくなる?

 

どんな方法だと心地よい?

 

身近にいる子どもたちに言っていることは、話しかけていることは、やっぱり実は自分に言いたいことなんだと思うのね。

 

そして、そうやって自分に問いかけながら、ゆっくりと自分の心地良いほうへと進めばいい。

 

そうやって生きていくのは面白いよねぇ。

 

失敗してもいいんだよ。

 

そう思うための気持ちの土台作りをカラーセラピーで手伝ってるんだ〜。

いい仕事だよ、てへへ。

 

f:id:pidakaparuna:20170410211300j:plain

 

関連記事はこちらから↓

 

www.pidakaparuna.space

www.pidakaparuna.space

www.pidakaparuna.space

 

そのままを書かないということ。

悲しい時は、悲しい曲を聴くとすぐ立ち直れるそう。

 

このブログは「1000記事書いたら奇跡が起きるよ!」と言われて、なにそれ面白そう、とそのころ「成功」とか「発展」とか「成長」とか「自己実現」とかそんな単語に浸かりきっていてくたびれた自分が飛びついて始めたもの。

 

さっきの記事で373記事目、この記事は374記事目。

 

しっかり書いたものは今でもアクセスが一日に60~200件くらいまでいくし、そのなかから本も売れたりする。

 

ここ数ヶ月は、真面目に書くことを放棄して、百パーセント自分の気持ちのまま吐露するような記事ばかりを書いていたので、すっかりアクセス数も落ち着いて、毎日100件、ほとんどが検索流入で過去の記事、40人くらいのひとが毎日何の気無しに最新記事を読んでくれる、みたいな感じ。

 

事業をはじめることになった今も、カラーセラピーのお仕事が順調な今も、特に自分を売り出すためにこのブログで記事を書こうという意識はもうない、というのが本音。

 

少し前に家族に、あまりにも目に見えない気持ちの話を書きすぎて「頭がいっちゃっている」と笑いながら叱ってもらったこともあり、真面目に書き始めようとトライし直しているのがここ最近。

 

だけど、気持ちのままに書くことから、この「文章」にすんなり移れるわけもなく、ブログの下書きを書いては消し書いては消し。

 

消したデータはもうすぐ20くらいになる。

 

20、それぞれ2000字程度書いているわけだから、20×2000で、40000字だ。軽く卒論の二倍かーと思うと何だかなーという感じである。

 

4万字の考え事は、どこに行ったんだろう。

 

ブログの記事、つまり1000記事更新するまでの軌跡になることなく消され、パソコンのゴミ箱のなかにあるそのデータたちは、わたしのなかの明確な基準ではない「なんとなく出しても良さそう」「書いたら誰かを不安にさせそう」の二つの基準からブログの記事には慣れなかった。

 

その分の考え事、感じたことの整理は、記事として言語化した時点で終わっているかというとそうではない。

 

ブログにすると、あとでときどき読み返す。

一日一日が濃すぎて、一週間前に何をしてたか思い出せなくなった時とかに読んで、そうだったこんなことを考えていた、と思い出す。

 

そのとき言われたことに対して、今の自分は別の考え事を持ったりする。

 

わたしにとってはどの言語化もクオリティ的に大差なく、そのどれもが「お仕事」としてブログを書いていないので、本当に大勢のひとが読んでくれて考え事をしてくれたのをバックしてくれたり、気に入ってくれてお仕事をくれたりする、そういう窓口みたいな、そんなもので。

 

でもなんだか、でも、こんなこと言ったって仕方ないけど、ありのままをつらつら書いて、それを素敵だと言われるのは気持ちよかったんだ~。

 

だって嘘がないし、合理的にしようという考え方もなかったから。

 

でも、それが大切なひとたちを不安にさせたり、もしかしたら力になってくれるひとを遠ざけたりしたんだったら、やっぱりそれは違うのかなぁ、今すべきことじゃないのかもなって思ってがまん。

 

がまんです。

 

もう少ししたら、また気持ちよくいろいろなことを書けるようになるかもしれない。今はこれでいい。

 

今の自分が大切な物を大切に、無理はしない。

 

みんなと自分の真ん中の点を取ってみることも、いいことかも。

 

ああでも、やっぱり、気持ちのまま書くのは気持ちよかったなぁ。

 

せつない気分。

f:id:pidakaparuna:20170304221453j:plain

自分のなかに反応する種がなければ、何を言われても気にならない。

 

いそがしく、たのしい毎日のなかで、ふと、今の自分のことを昔の自分が見たらなんて思うかなと考える。

 

3歳の自分は、喜ぶだろう。

だって、ごっこ遊びのまま大人になっているから。

 

5歳の自分も、喜ぶね。

だって、大好きなピアノを弾くとみんな喜んでくれるから。

(お給料までもらえちゃうなんてびっくりするだろか。)

 

7歳の自分は、どうだろう。

きっと、不思議な気持ちになるだろう。

大人って完璧じゃないって知らなかったから。

 

10歳の自分は、戸惑うかな。

大人になった自分を100パーセント「好き」とは言えないだろうね。ちょっとごめん、と思う。

 

12歳の自分は、泣いちゃうかな。

そんなに生きるの面白いって思えるなら、もうちょっと頑張ってみるかと、喜んでくれるはずね。

 

14歳の自分は?

相変わらず、いろいろと考え込んでしまうだろうね。

でも、大丈夫。

 

17歳の自分は、大はしゃぎかな。

沖縄で暮らしてんの!?すげーーってなるね。

大学も、目指していたラインよりずっと簡単だから、受験勉強手を抜き始めるかもしれん。笑

(手を抜いたら受からないんだから、だめよ、本気でやらないと、としかりたくなるよ。)

 

20歳の自分は、ただ呆然とするだろうね。

あまりにもたくさんのことが起こりすぎているもんね。

でも、大丈夫だよと、教えてあげたい気もするけれど。

 

21歳の自分は少しホッとするだろうね。

今が苦しくても、そのひとつひとつの「苦しい」に向き合い続けて、誰かの役に立っている、立とうとする自分が見えるのだから。

 

誰かからもらう言葉は、どこかの時点の自分の言葉に聞こえる。

そして、自分のなかにない言葉や思想、感情は、ぶつけられてもびっくりするばかりで、特に何の感情もわいてこないもの。

だから、何か反応して、ましてや考えてしまうような言葉には、自分のなかに反応する種があるということ。

 

少し前におじさんに教えてもらったことを書いたけれど、あ、この記事ね。

 

www.pidakaparuna.space

 

 

その「肯定すること」というのを人にするというのは、あわせて自分をも肯定してくれるんだねきっと。

 

それってちょっと面白い。

 

誰かをゆるすことは、自分をゆるすこと。

自分をゆるすことは、誰かをゆるすこと。

 

たとえば、今のわたしは、少し前に夢中になっていたラートと距離があって、そんな自分を少し責めてる。

「なんでどっちもできないの」と責めてる。

 

だから、体操部のことでなにかあると「ああほら、頑張らないからだよ」とさらに責めたくなる。

 

でもさ、違うよね。

ずっと体操部にいられるわけじゃない。

 

だとしたら、下の後輩たちが育つ機会を奪っちゃダメだ。

 

他にもいろいろある。

 

それら全てに意味はあって、そして、今の自分が一番心惹かれるものには、やっぱりそれだけの意味がある。

 

だから、今は、「今」やりたいことを頑張れたらいいなって思う。

 

それは、やっぱり、今しかできないことだと思うから。

 

もちろんバランスは取らないといけないのかもしれないし、もう少し今のペースに慣れたら余裕も生まれてくるだろうから。今は一日一日の仕事と、講義とになれるので精一杯。体力にも頭の力にも限界があるから、夜はぐっすり眠ってしまう。

 

まだ、他のことに手をのばせる余裕はない。

1、2、3月の落ち込み方を思い出したら、今これだけ気持ちが明るく、いろいろなひととつながりながら生活できている自分は十分よくやってると思う。

ハードルを下げるのはいかがなものか、という意見もあるかもしれないし、他にもいろいろな批判はあるだろうけれど、それでも自分の人生だから。

失敗してひとに迷惑をかけ、そのひとたちが離れて行ったり、うまくいかなくて迷惑をかけて苦しい気持ちになったとしても、結局自分の体があって、健康な精神がないことには、何もできない。

 

まずは、ちゃんと体と気持ちを整えないとだよね。

そのためには我慢我慢我慢の毎日ではなく、ひとつひとつ自分を大切にして、ひとつひとつ目の前の仕事をやりきることだと、そう思う。

 

今は、今よく遊ぶ子どもたちがわたしに言う「あっち」「こっち」「そっち」って、「あっちに連れてって」「こっちに行きたいの」「そっちは嫌」って、そういう移り変わりの激しさと一種の頑固さで、今やりたいことをやりきりたい。

 

今日はそんなことを考えるきっかけになった出来事があったのでした。

うまくいえないけど、そういう日でした。

 

そして、そんな一日を送れるのはやっぱり自分ひとりの力では到底無理で、いろんなひとの優しさやすごさに思いをはせたり。

 

前に書いた記事で本が売れ続けてるのもありがたい。

アマゾンで何を買おうかウキウキしています。てへへ。

どうもありがとう。

 

お金のこととか、気持ちのこととか、お仕事のこととか、いっぱい記事にしたいことはあるから、それもちょっとずつかけたらいいな。

誰かのためにではなく、自分の整理のために。

 

f:id:pidakaparuna:20170428224730j:plain

 

集中して何かに取り組む楽しさを教えてくれる場所が、その都度目の前に現れる、それってすごく、恵まれているよね。

これから先もきっとそう。

そして、それには意味があるんだよね、重なって初めて見えることも、あるんだろうね。

だから、安心して進めばいいんだよ。

マヤ暦、五月末まで「調整」シーズンです。微調整もあれば、ガツンと調整もあるね!

 

マヤ暦というものがあって。

それは普段よく接する365日のカレンダーのように、260通りのエネルギーの流れがあるよという考え方なんです。

「日」にあたるのがkinと呼ばれるもの。

そして「月」にあたるような括りもあれば、「季節」にあたるようなものもあります。

 

今日書いておきたいなと思ったのは季節の話。

 

マヤ暦、地球上に生きている「人間」を対象にしたエネルギーの流れの季節は「赤」「白」「青」「黄」という四つのものがあります。

 

でも、これ、地球自体、つまり全体の世の中を対象としているエネルギーの流れには、これらプラス、「緑」というのがあるとされるんですよね。

 

で、今は、この「緑」のシーズンなんです。

 

赤は誕生、タネをまく時期。

白は試練、出てきた芽を鍛える時期。

青は変容、試練を経て姿形が変化する時期。

黄は収穫、赤で蒔いたものの結果が実り刈り取られる時期。

 

そして、緑。

緑は、その収穫までの道のりをじっくりと振り返り、一つ一つに感謝し、心を動かし、次の種まきについて考えを巡らす「調整」の時期といわれます。

 

この調整、だいたい五月末まで続くらしいです。

で、不思議なことに、星占いの世界でも似たようなことが言われていたりします。

 

目に見えないエネルギーの流れは、すべて表現が違うだけで話している内容、教えてくれていることは同じなのかもしれない、なんてことも思います。

 

話がずれちゃったね。

 

なんだっけ。

そう、調整のシーズン。

 

一つのシーズンはだいたい50日間。

 

わたしはこの調整、すごくこう、ああそういうことかよーっていう生活を送っています。

 

何かっていうと、「両極」の体験であったり、微調整とも思えるような言葉のニュアンスへの理解の深まりであったり。

 

こういうシュチュエーションだと自分はどう感じるかとか。

 

まだ癒されていない部分はここだよ~とか。

 

そういう色々な自分に関することをゆっくり感じている時間を過ごしています。

 

 

生き方にはね、正解も不正解もなくてね。

勝ち負けもない、競争も本当はないんだよね。

 

そういうことを感じる毎日です。

 

冥王星の逆行の話とかも関連してくるんだけれど、兎にも角にも、今じぶんは何を感じているのか、心地よいのか、苦しいのか、そういうことについて敏感になることは、一昔前まではその人を生きにくくさせることだった、と思います。

 

だけど、これからの時代は違うんじゃないかなって。

 

そういうじぶんの心の動きに鈍感になってしまうと、じぶんの「やりたい」「したい」「好き」「嫌い」がわからなくなってしまう。

 

そうすると、技術が発展してテクノロジーの力によって様々な仕事が自動化されていく中、「何やったらいいの?」という不安に溺れてしまうことに。

 

でも、本当はそういうことじゃない。

技術の進化がもたらしてくれるものは「時間」なんですよね。

 

もっともっと好きなことをする時間が増える。

 

そう、その時間は選択の自由をくれるんですね、きっと。

 

でも、その選択をするためには「価値観」がいる。

 

その価値観を作っているような期間が今な気がします。

 

 

わたしは何が好きで何が嫌い。

どういうものが心地よくて、何が苦手。

 

こういう場所だと力が発揮できて、こう言われてしまうと身動きが取れない。

 

そういった色々なことを吸収しているような気がするんですよねぇ。

 

 

時代の変わり目を生きられる面白さと、進みすぎると破綻する難しさ。

 

バランスをとりながら、慎重に、でも楽しく進んでいけたらいいなって思います。

 

 

 

f:id:pidakaparuna:20170425014407j:plain

 

ドライブの中、キマグレンのLIFEが流れ

「君は君のために生きるの」

 

その言葉の後、さ~~~っと太陽がまっすぐ海を照らして

 

なんかこう、タイミングがいいなぁ~と惚れ惚れしちゃった一枚でした。

 

 

読んでくれてありがと~~~。

カラーセラピーではマヤ暦の翻訳もしているので(わかりやすいように言い直してるだけなんだけどね)

もしよかったら、ご予約、お気軽に~~。

 

今月は大学生が多かったかなと思います。

新生活、何かとくたびれるもんね。

 

では、お待ちしております。

 

幸あれ!

 

 他、マヤ暦の話(これはもう1万アクセスとかになってる、びびった)

www.pidakaparuna.space