「ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」
その言葉が本当かを確かめるための過程の記録

家族は「あんまさい」だけじゃないから

飛行機にのって、北海道から愛知に帰る。

2泊3日の家族旅行だった、3日とも晴れて、おいしいものをたくさん食べ、でっかいどー!な北海道をいっぱい感じて面白い時間だった。

この旅は、おじいちゃんおばあちゃんが「大学卒業お祝い」ということでプレゼントしてくれたもの。

どこまでも恵まれている孫である。大学もいかせてもらって、沖縄で一人暮らしもさせてもらい、半年留年したのに卒業までお祝いしてもらってる。

 

とはいうものの、だいたい家族って「あんまさい」のだ。

ということに直面する2泊3日だった。

 

あんまさいは沖縄の方言で「めっちゃ面倒でうざい」みたいな意味だったはず。

大学に入ったばかりの頃、3つか4つ上の先輩がとても面白いひとで何を考えてるか良い意味で想像できなかったので、めっちゃくちゃな絡み方をしたことがよくあった。

そのときに「まさい」と言われて、マサイ?となったけれど、まさいの意味も親切に教えてもらった。(別のひとが教えてくれた)

 

あんはveryの意味だから、あんまさいは、そういうこと。 

なんだけど、この「あんまさい」ってなんだかめっちゃ嫌いとかそういう意味ではないみたいだ。

 

あんまさいのだ、おじいちゃんとおばあちゃんに両耳から同時に同じことを指摘されたり。

ジェネレーションギャップで、相手の知ってる仕組みとこちらの知っている仕組みが違って、誤解がもとで叱られたり。

しかも田舎のひとなのでときどき言葉もきつい。

 

でも、それって相手からしたら私も同じこと。

 

へらへらしてて、何が面白いのかわからないけど終始笑っていて、喋っていて。

気分にムラがあって、疲れるとむすっとした顔をして。

自分の知ってることを親切に教えても「それちがう」とわざわざ口を挟んできたりして。

 

年の近いお姉ちゃんと自分との間だって「あんまさい」に溢れている。

 

でも、あんまさいだから「嫌い」なわけではやっぱりないんだよ。

 

あんまさいって愛おしい言葉なのだ。

なんか、そういうことを思った。

移住した自分の解釈によるところなのかもしれないけどね。

「うざい」ではないという微妙な感覚の話。

(だけど、もしかしたら沖縄では本当は「うざ!」という意味かもしれない・・・けど・・・)

 

家族は「あんまさい」けど、その繋がりって本当にすごいこと。

どれくらいすごいかっていうと、北海道ぐらいすごい。

北海道の大きな大きな山とか、色が何色あるんだろうっていうような美しい湖とか、かっこよく飛ぶ鶴のつがいとか、木ばっかりのところを開いて開拓していった昔のひとたちとか。

それくらいすごいこと。

 

血の繋がりによって、いろんなひとが苦しんで、難しい顔をしてる。

でも、その繋がりを断ち切って生きることって実は簡単。

それをせずに生きることって、やっぱりどこまでいっても「あんまさい」のだけれども、とても尊いものだ。

そして、ありがたいものだ。

 

喧嘩もするし、泣きたくなる日もある。

誤解されてわかってもらえないことがあれば地団駄だってふみたくなる。どんどどんどんどん。

 

でも、ずっとずっと大昔、ひいおじいさまやひいおばあさま、その前の前の前のご先祖様たちからずっと続いているこの血は、一見しがらみのように見えるけれども、そうじゃない。

「あんまさい」けど好きなのだ。

あんまさいから、好きなのだ。

 

わかってもらえなくても、わかってあげられなくても、好きでいていい。

好きになれないところがあって、平手打ちしたくなる衝動にかられても、別にいい。

 

大事なのは、自分の気持ちをなるべく静かに見つめて、わざと相手を傷つけないことだ。

正しさを武器にして、相手を刺さないこと。

もしも、そういうことしてしまったら、ちゃんと謝って、好きだというのを伝えてみることだ。

 

こんがらがっちゃってもうどうしようもなくなって切ってしまった縁もある。

だけれども、それも、たぶん、いつか結べる。

 

今できてること、どれも5年前には想像できなかったこと。

だから、今想像できなくても、5年後には、もうすでに、びっくりする未来がやっぱり在るんだろう。

 

(「あんまさい」けど)大好きだよ、が今の自分の等身大で、その等身大は一見とんでもないようで、実はよい「家族」のかたちに見えてる。

このお家に生まれてよかったと、そう思ってる。いっぱいの繋がりに、ありがとう。

 

f:id:pidakaparuna:20171117200609j:plain

最後の日だけさむかったよ。

傍らを楽にする「はたらく」が好きだ

あと3時間後には北海道にいる、今これを書き始めたのは3:33、ゾロ目だ!

人生初北海道に胸がときめいて眠れないでいる、遠足前夜。

眠れないなりにまた登録してみたツイッターを眺めてたら、なんだかくたびれた。

都会とか、地下鉄とかにいくと疲れる感覚とよく似てる。

(わたしは悪い意味で他人への関心が強いのだと思う。)

 

 

そうそれでだ!それでそれでだ!

眠れないので書き起こしが捗って捗ってたまらんかった。

そしてインタビュー内容も熱く、ひとりじゃできないことをチームだからできるその面白さみたいなのを、こうやって東京で感じてるひとがいるんだなって思ってワクワクしてた、一緒に。

 

 

今は里帰り中で、普段の生活の場である沖縄から離れているので、リモートでできるお仕事しかやっていない状況。

そのお仕事も2日くらい完全に締め切りのない日ができたので、いっぱい眠った。

 

朝と昼と夜の境目がないくらい眠り、合間でおじいちゃんから「たのしく生きろよ、一回きりだぞ」という言葉を繰り返しかけられ、おばあちゃんに「レディになったね」とお褒めいただいたりと、大学卒業のご褒美のような時間を過ごさせてもらった。

 

でも今朝めざめたら体の細胞がみんな「はたらきたーーーーい!!」と叫んでいた。

この感覚をよく説明してくれた本が2冊ある。

 

一冊目は、ボブ・マーリーの名言集。

f:id:pidakaparuna:20171115035435j:plain

(本、紹介したかったけどメモ忘れちゃってた苦笑) 

 

なんかもう痺れた。ちょう痺れた。

そう、「はたらく」は喜びだ。

 

ここでいう働くって会社勤めとかフリーランスとかお金を生み出してるかとかそういうんじゃない、まったくもってそういうんじゃない。

漢字にするとわかりやすい、はたらくは「傍を楽にする」なのだ。

 

そばにいるひとの役にたつ。

役にたつというのは立派なコミュニケーションだ。

ニーズと奉仕の内容のキャッチボールが成り立っていないとただのお節介かはた迷惑になる。

 

そう、だからなんていうか「はたらく」はやっぱり楽しいし、何事も等価交換だから、何かしらそれで報酬をもらえるのだ。

報酬っていうとお金とかお給料が真っ先に浮かぶけど、お金は氷山の一角、目視できる報酬でしかない。

 

あくまで一部だ。

 

ありがとうの言葉~~とか、まあそういうのもはいるし、じーんとはするんだけど、なんといっても「経験値」だろうと思う。

氷山のほとんど、オムライスの卵じゃないところというか、そういうところ!

 

だから、退屈な「はたらく」を続けていてはだめ。

好きなことをする、やりたいことをやる、やってみたいことをやる、やりたいことのためのやりたくないことをやる。

 

なんでもいいし、やりたくないことを時にはドMに追求してみてもいいけど、それもやっぱり「経験値」が閾値に達すれば勝手にやっている内容はやりたいことへと変わっていくと思う。

 

 

もうひとつは安藤美冬さんのこの本だ。

  

未来を動かす バシャールが新たに語る、「最高の人生」にシフトする方法。

未来を動かす バシャールが新たに語る、「最高の人生」にシフトする方法。

 

 

バシャールってようは宇宙人なんだけど、もうね、これを読めば右脳派のひとも左脳派のひともバシャールのことよくよくよくわかるはず。

なによりも大切なのは本の中でも言われていたけれど「バシャールがいるかどうかは関係ないんだよ」ということ。

それが証明できてもできなくても、あなたがもしこの本に書かれている生き方にときめくのなら、やってみて!というメッセージ。

 

ワクワクすることをやりなさい、という言葉はいろいろ翻訳が必要な言葉だと思う。

ときにはワクワクを伴わないワクワクもあるからだ。

 

それは「よろこび」であるとか「役割」であるとか「きづくとついやっている」とかそういう言葉で説明できるかもしれない。

 

 

なんであれ、やっぱり、わたしははたらくことが大好きだ。

はたらいていろんなひとと出会うこと。

はたらいて今までの自分は知らなかったことを知ること。

はたらいている現場で誰かが喜ぶこと。

はたらいていくことで、世の中を違う視点から見つめられるようになること。

 

 

あと何日生きられるかなんてわかんないけど、死ぬまで退屈せずに生きられるコツは「はたらく」を楽しむことにあるんじゃないかとそう思う。

 

80歳を超えたうちのおじいちゃんは毎日おばあちゃんをからかって遊ぶことで、おばあちゃんを笑わせるという「はたらく」をしてる。

79歳になったうちのおばあちゃんは毎日おじいちゃんのご飯をつくってあげて、「はたらく」をしてる。

 

二人の間に金銭のやり取りは発生してないけど、でも、二人はいろんなものを交換してる。

そしてその交換は派生して、孫のわたしを幸せにする。

 

はたらくは、働くでもいいけど、「傍を楽にする」で「傍、楽」なのだ。

 

はたらくって、楽しい。大好きだ、はたらく!

「はら」と「あたま」と「言葉と共に届く感情」のこと

 

ビーズをひとつひとつ通してピアスをつくった。

おととい1つ目をつくり、昨夜ねむれなかったのでもう片方も完成させた。

f:id:pidakaparuna:20171114234856j:plain

 

もうビーズ欲はおさまり、歌欲もおさまったので、紅茶のみつつ書き起こし。でもなんだかちょっと一息つきたくてフェイスブックをぱらぱらと。二人のひとの文章が胸に響いた。

 

ひとつめは坂爪圭吾さん。

 

わたしがブログを書く理由、わたしがおはなを配る理由、わたしが予測不可能性に賭ける理由、多分、それは「そこから発生するコミュニケーションを楽しみたいから」なのだと思う。10個の偽物より、ひとつの本物を持ちたいと思う。

10個の偽物より、ひとつの本物を。 - いばや通信

わたしは、このブログを通じて「わたしはこういう人間です」ということを綴る。そして、自分が自分であることを面白がってくれるひととの間に発生するコミュニケーションを糧に、やれ「峠の坂道が厳しい」だの「汗が冷えて凍える」だの「宿がなくて死んじゃう」だの「そろそろナッツ類がなくなりそう」だの時折グハグハ悶えながら、生きていく【押し寄せていく】のだろうなと思う。

10個の偽物より、ひとつの本物を。 - いばや通信

 

坂爪さんに「嘘をついてるよ」「はらからの声じゃない」と言われたのはいつだったか、すごく前だったけど、まだ暑かったときだからけっこう前。

そこから「これは嘘か?どうか?」という的外れな考え事をし始め、それを終えたあと、わたしはまっすぐに立てるようになった。

こないだ偶然が重なって連絡してみたけど、お礼をいうのもなんだか違う気がしてしまって言えなかった。いつかまたばったり出会えたときに何か美味しいものをこっそり渡したい。こっそり。

 

「はらからの声」ではないとき、そこに混じるのはなんなんだろう。

今でもわからない。でも、「はら」なのか「あたま」なのかを考えるようになってから、声には感情が本当に水彩絵の具で色を重ねるのと似た感覚で感情がのっていることに気づき、それについて敏感になった。

 

こないだ身近なひとから、悪意といったら大げさだけれどもそれに近い何かがのった声で、わたしのカラーセラピーについて聞かれた。とっさに70名近いお客さんと出会って来たことを畳み掛けたくなる衝動にかられたけれども、「理解してほしい」「わかってほしい」「誤解してほしくない」「否定しないでほしい」という出発点から話をするのはしたくないと思って口をつぐんだ。

 

前の自分だったら、ニコニコしながら言い返していたんだろうと思う。

でも、その声にも、ただの説明ではない感情がのっている。だから、言い返さない自分になれたのが少し嬉しかった。

 

羨ましさがのせられた言葉、恨みがのせられた言葉、愛がほんのりと隠れている言葉、いろんな言葉が口と口を行き交う。今打っている文章だって指先から離れていけば誰かのもとへ向かう。

 

あのときいただいた「はら」「あたま」の視点は、わたしの人生に大切な教えだったなと、そう振り返った夜だった。

 

ふたつめは社会学の野入直美先生。

(フェイスブックは全体公開だったのでスクショで拝借。)

f:id:pidakaparuna:20171114234518p:plain

なんだか胸が震えてあったかくなった。

今やれることをやる、それがきっと5年後10年後につながっていく。

 

沖縄を離れて一週間がたった。

あと6時間もすれば北海道に向けて出発する。

離れれば離れるほど、今なにがしたいのか、本当はどうしたいのかがよく見える。

ず〜〜〜っと働いてたらわからなかった。

これがきっと最後の「日常」を共有できる時間だろうと思いながら祖父母と過ごしてる。

あのとき「2泊3日とかじゃなくてなが〜くかえっておいで」と言ってくれてありがとうと、何回も思う、言う。

 

この家に生まれてよかった、この家庭環境でよかった、と思う。

わたしの生き方のルーツには血筋とかいろんなものがあって、いろんなひとの思い、くるしさ、よろこびが螺旋状につながってわたしのとこまできてる。

それがへそのおのように見えるひともいるだろうし、鎖のように見えるひともいるだろうし。

でも今はそれがなんかよろこびに見えてるので、うれしい。

 

その「うれしい」は軽やかなものではないけれど、でも、うれしいことには違いない。

ぐんぐん。

セロトニンまみれ

暮らしを重ねる。

毎朝、毎夜、ああ生きててよかったと思う。

 

振り返れば、そう思えなかった時期があるから、今そう感じるのだろうとわかる。

でもきっと、その感覚は年齢とともに薄れていくんだろうとも想像する。

 

それはそれでまたある種の幸福を感じるので、セロトニンまみれの日々である。

 

 

ストレスに目を向けようとすれば、いくらでもある。

良いことも、悪いことも、みなストレス。

それに埋もれてしまうように暮らすのも簡単で、ときどきは埋もれるのもまた贅沢なひとときで。

 

おいしもの食べたり、なにも食べなかったり。

おいしもの飲んだり、水がおいしかったり。

 

いろいろ。

 

 

さっきまでビデオ通話で沖縄のミーティングに参加してた。

たのしかった、急がずゆっくりやればきっと目的地には到達できるのだ、ということを感じる時間だった。

 

去年の4月には想像もできなかったこと、どんどん広がりを見せて、どんどんわたしの人生を面白くしてくれる。

 

 

もっともっとパワーアップしたいな~~。

 

フェイスブックの外に飛び出さねば!!!と思うんだけど、何からやったらいいかわからないんだよね!

ブログを読みやすいようにすることかな。

もっと体系的にまとめることかな。

 

うたを外でうたうこと?

 

なんか全部ちょっと違う気がして、今はいっかって棚に置いて、おじいちゃんとおばあちゃんと穏やかな日々を過ごしています。

あと何回こうやって触れるかなーと思いつつ隙あればハグしてみたり。

 

スイートポテトつくればよろこんで食べてくれて、紅茶いれれば感動しながら飲んでくれる。

 

ああずっとこうやって穏やかに暮らしていくのもありかもしれない、と思いつつ21日には沖縄に戻ります。

 

これは非日常だから楽しい。

そんな冷たい自分もゆるします。いえ〜い。

 

 

もっともっと高いところに浮き上がっていくためには、もっともっと重しを外していかないといけない。

 

わたしにとっての今の重しは、お支払いがまだのお金とか、携帯の契約とか、年金の整理とか、確定申告のことを調べるのとかです。

 

それを終えたら、たぶん、脳みそちょっとスッキリして良いアイデアも浮かぶはず!

 

ああでもこんだけ一緒にいたら帰ったあとしばらくおばあちゃんたち恋しくなっちゃうな。困ったなぁ。

それもまた人間らしくていいけど、でも寂しいのは、やだね!

 

離れててもミーティングしたり。

距離感がわからなくて、好きなのがばれたり(逆のことがばれたり)、必要以上に気にしすぎてから回ったりと、たくさん失敗することが多い人生ですが、こうやってくるっと風呂敷で包まれるみたいに愛をもらうと、ああ生きてていいんだなぁと、感慨深かったり。


plenty 「人との距離のはかりかた」

 

なにいってんだ!

でも、ほんと、生きててよかったって毎日思ってる里帰りです。

旅立ち

「大人には年齢とかそういったものはもうないよ。」

「ただ、余裕があるひとが、余裕がないひとを助ける。それが大人の世界だよ。」

 

という言葉を、高校生から今の今まで、何回失敗しても何回裏切っても、叱りつつ呆れつつチャンスをくれて、最後の最後も背中を押してくれた人生の先輩から、最後にもらいました。

 

愛知に越したばかりの高校生の頃は本当にろくでなしで、いやまあ今も対して変わっていないとは思いますが(携帯解約したし)。

でも、少しずつ階段をあがったりさがったりしながら、たくさんのひとに助けてもらいながら、やっと「大人」の仲間入りができたのだなと。

 

まだまだできないことばかり。

 

大切な人をどうやって大切にしたらいいかわからないし、好きな人にどうやって好きと言えばいいかもわからない。

(これはおばあちゃんになってもわからんかもしれん。)

やりたいこととやりたくないことのバランスの取り方や、本当に生きたい生き方の実践も。

基礎的な貯金とか、そういうのもこれからおいおいできるようになっていく、という感じ。

言わなくていいこと言わないでいる練習とか。

 

だけれども、それらは全部、やりながら知ること。

体験するから、体感するから、はじめてわかること。

 

で!いいんだ!と思えるくらい、自分に対するハードルは低めです。

焦らずゆっくりと、変容していけたらいいなって、未来の自分が微笑んでくれて待っている気がして、そういうことを思っています。

 

 

今日で、わたしは大人になった。

そう思う出来事を経て、なんだか背筋がのびます。

 

いっぱいいっぱい失敗するだろうけど、うまくいかないことだってあるだろうし、今やってることだって全部失敗するかもしれない。

だからといって、やめるという選択肢もない。

 

「どんな生き方をしてもいいよ、この世のルールなんて簡単だよ。」

「食べていける分稼いで、住める場所に住んで、暮らして行く。」

「無理だってなったら手をあげれば助けてもらえるんだから。」

 

そうだそうだと頷くところもあれば、もちろん、そんな風な価値観で生きることもできるんだなと脳内メモしつつ聞いたり。

でも、一貫して、わたしは本当にたくさんのことを習わしてもらった!という尊敬のまなざしで、後ろの席から運転席を眺めていました。

 

手の届く範囲のひとを笑わせながら、手の届く範囲のことをより豊かにしたい。

バランスを上手にとることはできなくても、夢中になって短い時間で濃いものをつくることはできる。

なにが最後にのこるかなんて今考えても見えないけれど、今はこういう生き方がしたい。

 

そんな風に、改めて沖縄での自分の暮らしに思いを馳せました。

 

車を降りたら、大きな富士山。

海をみると、自分の悩みなんてちっぽけだと思うひとがよくいる(ような気がする)けど、富士山みたら「一歩一歩」と「だいじょうぶ」と「強くまっすぐ生きるんだぞ~~」というのをもらった気がして、いい気持ち。

f:id:pidakaparuna:20171111202317j:plain

すごくきれいだった!

 

誰よりも自分が自分の味方であること。

誰よりも自分が自分のそばに寄り添い続けること。

 

誰かに否定されても、誰にもわかってもらえなくても、それができてれば、絶対に「ただいま」「おかえり」の言える関係性のひとが周りにできる。

そして、そのひとたちに癒されながら、他の人たちとの関係性も大きく深く広がっていける。

 

たぶんそうやって、これからも生きていける。

のだ!と、22歳、11月11日に思いました。

 

生きてこう、これからも。

しんどいことも、嬉しいことも、たのしいことも、いやなことも、全部どん!と受け止めて、たのしもう。

 

いっぱいのありがとうをこめて!

血の繋がりと、そうではない繋がりと、どちらにも、かんぱーい!

 

何かをいっぱい周りのひとにあげられるひとになりたいな。

30歳にはそういうひとになれてたらいいな。